ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


伊東鴨太郎


ヨミ: イトウカモタロウ
掲示板をミル!
13カキコ!
要編集 この記事は要編集記事の一覧に挙げられています。
編集・情報提供にご協ください。(掲載理由:Wikipediaからのコピペ
編集が終了しましたら要編集記事の一覧までご報告願います。

伊東鴨太郎とは、空知英秋漫画銀魂』およびそれを原作とするアニメシリーズなどの登場人物である。
声優真殿光昭現在)、関山美沙紀(幼少期)


概要


12月13日生まれ。身長175cm、体重68kg。

メガネをかけた短真選組参謀。細で精悍な顔立ちをしている。

結野明と似ているが別人である(ちなみに性格や遇は、明ではなく満のほうに少し似ている。)

真選組に入隊してからまだ1年程しか経っていない新参者だが、文武両的にかなり優れているため参謀の地位を任されている。
武闘いだが、これといって学業を積み上げていない者同士の集団であるために政治面に弱い真選組政治面でに活躍し(土方は「真選組の頭」と呼ばれているが、あくまでも戦闘面の参謀)、その為隊士からの信頼も厚かった。
局長である近藤を「さん」付けで呼び、近藤伊東を「先生」と呼んでいる。
の腕は北斗免許皆伝
インテリであるが卑怯そのもので、沖田に負けず劣らずの腹黒さを持ち、副長の土方とはお互い殺してやりたい程に忌み嫌い合っている。
しかし伊東にとって、武士の最大の屈辱は「理解されない」事であると考え、自身の器(本性)を土方より「理解」(危険視)していたため、それなりの評価はしていた。
本性は鬼畜な思考を持つ独裁者で、真選組を裏で操り私物化しようと画策。土方怠惰オタク嗜好の権化になってしまう妖「村麻紗」に振り回されてしまった時期に動き出し、沖田とともに土方を貶めた一方で、土方の援護のため伊東を探っていた山崎をも、後述の攘夷達とともに襲撃する。

幼少時代、学問・剣術も見事で「童」とも呼ばれていたが、周りから強く嫉まれ快く思われておらず、いつも独りぼっちであり、それでも「もっと頑れば、いつか皆わかってくれる」と信じ、ひたすら努をし続けていたのだが、そんな太郎の気持ちを周囲の者達は理解するどころか、ますます太郎に逆恨みに等しい妬みを抱くばかりであった。
双子として生まれ、久(たかひさ)は元気に育った太郎と違い病弱にこもりがちだった故、虚栄心が強い両親から陰で「次男では宝の持ち腐れ」や「生まれてこなければ良かったのに」とまで言われ、につきっきりとなった両親にほとんど構って貰えていなかった。
このトラウマから、「孤独」と「一人」を嫌うようになった。
以上のことから非常に悲惨な過去を抱えた人物でもある。

攘夷鬼兵隊との繋がりがあったが、鬼兵隊はただ真選組を壊滅させる為の捨て駒として利用していただけだった。(ただし一部の隊員からは、器量の狭い自己顕示欲の塊とも、穏やかな態度のなかに暴な本性を隠し持つ人物とも評されている。)
その時に、自らの愚行の報いか左腕を失い、孤独感に苛まれながら撃を受けそうになる。
しかし、裏切られて尚、己に救いの手を差し伸べる近藤達の姿をの当たりにした事で、自分の「本当に欲しかった(いと)」が既にそこにあった事を悟り、後から駆けつけた土方と向かい合った事で、めて互いを認めるようになる。
その後、鬼兵隊の攻撃から体をって近藤達をい、致命傷を負う。
最期は近藤の計らいで、「村麻紗」を持つ土方との決闘により倒され、裏切り者ではなく真選組の隊士として、後悔も寂しさもを流しながら『ありがとう』と言い残しこの世を去る。


(余談だが、この時の戦いの際、真選組の内偵・斉藤終は自身の睡眠欲の強さが災いし、この場に立ち会えなかったことがコミックスでの裏話にして記載されている。)


関連動画



■sm3302823[ニコ動]

■sm28936230[ニコ動]


関連静画


■im2873388(静画)


関連項目



最終更新日: 17/06/03 08:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ