ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


伊福部昭


ヨミ: イフクベアキラ
掲示板をミル!
61カキコ!

故・伊福部昭氏

故・伊福部昭(いふくべ あきら)は、日本を代表するクラシック音楽作曲である。1914年(大正3年)5月31日北海道釧路町(現・釧路市)に生まれる。2006年平成18年2月8日没。

日本曲」「交」「シンフォニア・タプカーラ」「リトミカ・オスティナータ」など民族的な強さが特徴の管弦楽曲を多く作曲し、戦後には映画音楽も数多く手がけた(特に東宝特撮怪獣映画の劇伴音楽が名高い)。また、音楽教育者としても数多くの作曲を育てた。


概要


芸術はその民族の特殊性を通過して共通の人間性に到達しなくてはならない」を信条とし、初期の作品は日本らしさ、日本人としての音楽追究したものが多く、後期の作品はより大陸的・ユーラシア的なきを持つ作品が多い。幼少時、北海道の開拓民として各地から集まった人々の歌う民謡などの影を強く受け、アイヌ民族の生活に密着した豊かな音楽に刺を受けた体験が作の原点となった。特にアイヌ音楽について「民族が違うとこれほどまでに美観が異なるのか」と強い衝撃を受けたことが、後に前述の信条へと繋がった。

座右の銘は「大楽必易 大礼必簡」(「すぐれた音楽易なもので、すぐれた礼節は簡略なものである」という意の司馬遷の言葉)。


経歴


[画像を見る]

1914年5月31日北海道釧路町(現・釧路市)に生誕。

伊福部は大己命(=大国主)を始祖とする因幡古代族・伊福部氏の末裔で、武内宿を祭る神社官を代々務めてきた。明治維新以降、祖の代で官の職を離れ、昭の・利三は北海道へと移り住んだ。伊福部は昭の代で67代続く系である。

9歳から12歳までの多感な時期を父親が官選村長として就任した音更村(現・音更町)で過ごし、開拓民やアイヌ民族の生活から生まれる音楽に多く触れたことが、後の作に大きく影することになる。父親アイヌの人々から慕われており、昭少年アイヌ子ども達と遊んだり、父親の代理として和人が立ち入ることのなかった儀式などに同席する機会が多かった。
ある時、飼っていたを亡くしたアイヌの老人が、悲しい悲しいと嘆きの言葉を発しそれをそのまま即の歌へと発展させていったという出来事が、伊福部にとって「忘れ難い体験」となった。

この頃からヴァイオリンギターなどをほぼ独学で覚え始める。ヴァイオリンにいたっては北海道帝国大学(現・北海道大学入学後すぐに大学内のオーケストラコンサートマスターに選ばれるほどの腕前になった。

旧制中学時代に三浦史(後の音楽評論家)と知り合い、伊福部く、彼に「音楽をやるなら作曲をやらねば意味がい」と「そそのかされ」、海外から取り寄せたレコード楽譜などを基に独学で作曲の勉強を始めた。この頃に聴いたイーゴリ・ストラヴィンスキー春の祭典」のレコードに感銘を受け、「これが音楽というなら自分にも書けるぞ」と奮起し、オーケストラ曲の作曲を志した。
同じ頃、船山(後の作家)、一つ上の佐藤忠良(後の彫刻)と出会い、「めばえ会」という絵画クラブで静物画などを描き、展覧会も行っていた。しかしこちらは自分の思うようにいかなかったとのことで、後年まで続くことはなかった。

※素な味わいのイラストなどは数少ないながらも残しており、「日本曲」出版譜の表戦後バレエファシャン・ジャルボオ」の舞台装置案と衣装案のイラスト等に見ることができる(公式サイト参照)。

その後北海道帝国大学農学部に進学。大学時代には後の作曲早坂文雄らと出会い、三浦と共に「新音楽連盟」を結成。「現代音楽1934」と称して演奏会を開催し、エリック・サティエルヴィン・シュルホフ等、当時日本でほとんど取り上げられることのなかった作曲の作品を内初演した。

作曲活動では「に寄せる三つの歌」という歌曲(歌手荻野子へ手紙とともに楽譜が贈られたが返事がなかった。後年、荻野の遺品から手稿譜が見つかり、演された)、ギター曲「JIN」「ノクチュルヌ」などを作曲した後、1933年に「ピアノ組曲」を完成させる。
これは当時三浦が文通していたスペイン在住アメリカ人ピアニストのジョージ・コープランドのために書かれた曲である。コープランドの発表したレコードスペイン音楽集」に感動した三浦伊福部は、速コープランド宛にファンレターを書いた。それに対して「地球の反対側にいながら私の音楽を聴くのだから、おそらく作曲もやっているのだろう。曲があったら送ってほしい」という返事があり、これに三浦伊福部断で「良い作曲がいるので曲を送る」という返信を送り、「これで曲を書かなかったら国際問題になる」と伊福部を半ば脅すように作曲を促したことによる。曲を送ると、コープランドからは「面い曲だ。怪で休養しているが復帰したら演奏したい」という旨の返事があったが、スペイン内戦が始まり音信が途絶えてしまったという。

以上のように三浦伊福部音楽人生に大きく影した人物であり、伊福部は彼のことを「私を作曲という地獄界に陥れたメフィストフェレス」と親を込めてり、戦後の代表作「シンフォニア・タプカーラ」を彼に献呈した。

1935年、大学卒業後の21歳の時に、やはり文通をしていたアメリカ揮者フェビアン・セヴィツキークーセヴィツキーの甥)から「曲があったら演奏したい」との手紙を受け、大学時代より作曲していた独奏ヴァイオリン打楽器のための作品をリライトし、初の管弦楽曲「日本曲」を完成させた。全3楽章で、9人の打楽器奏者、ハープ2台、ピアノを含む三管編成のオーケストラという、当時としては大規模な編成を要した楽曲である。
これを同時期にパリで開催された第2回の「チェレプニン賞」に応募したところ第1位当選となり、楽壇でのデビュー作となった。

チェレプニン賞とは、フランスに亡命したロシア作曲アレクサンドル・チェレプニン催によるコンクールで、中国日本などアジアを訪問したチェレプニンが、自音楽追求する若い作曲たちの姿に感銘を受け、これを励するために設立したものである。第1回は中国人作曲を対ピアノ曲を募ったもので、第2回は日本人作曲による管弦楽作品を対としていた。結果的には全2回の開催となった。
第2回で審にあたったのはチェレプニン以下、ジャック・イベールアルベール・ルーセルアレクサンデル・タンスマン等フランスで活躍していた気鋭の作曲たちであった。審員には当初モーリス・ラヴェルも名を連ねており、伊福部が応募したのもラヴェルに作品を見てもらいたいからであったが、病気のため審員を辞退した。

アレクサンドル・チェレプニンニコライ・チェレプニンニコライ・リムスキー=コルサコフに教えを受けた作曲で、セルゲイ・ディアギレフ率いる「バレエ・リュス」の座付き作曲揮者としての活動や、教育者としても名高く、セルゲイ・プロコフィエフの師である。また、ニコライの同門後輩であったストラヴィンスキーチェレプニンサロンの常連であり、アレクサンドルは幼い頃からこれら多くの音楽家達と親交を持つ人物であった。

なお、「日本曲」はチェレプニン賞応募の際に、賞の演奏時間の規定に合わせて第1楽章がカットされ、以後これが正式な版となった。翌1936年、ボストンにて、約束通りフェビアン・セヴィツキー揮によりピープルス交響楽団が初演している。その後も欧演奏され、各地で評価を受けた。フィンランド首都ヘルシンキでの小船幸次郎揮による演奏の際には、シベリウスラジオ放送でこれを聴き、賞賛したという。近衛麿ウィーン交響楽団演奏した。また、ストコフスキー演奏したという話も伝わっている。

1936年に再来日したチェレプニンから、横浜で1ヶ間つきっきりのレッスンを受けた。伊福部はこれを除き、ほぼ独学で作曲を修得した。しかしこの短期間ではあるが、作曲の技法のみならず、音楽に対する姿勢から作曲の手順、具の使い方にまで及んだレッスンこそが、伊福部作曲としての態度に終生大きな影を与えたものとなった。特に、「音楽は音の運動継続芸術である」というチェレプニンの教えは決定的なものとなり、伊福部はこれを最晩年まで忠実に守った。
チェレプニンはレッスンの後にも、日本滞在中に催した演奏会で、伊福部の「ピアノ組曲」の第1曲「踊」を繰り返し演奏し、また、札幌伊福部実家にまでやってきて、作曲へ進ませるよう伊福部の両親を説得した。直接の付き合いは数ヶ間ではあったものの、チェレプニンは「チェレプニン・コレクション」として「ピアノ組曲」「日本曲」の楽譜を5ヶの出版社から出版し、伊福部もまた、1937年に作曲した「土俗的三連画」を師に献呈するなど、濃密な師関係が続いた。第二次大戦でそれが一旦途切れた後も、伊福部は師へあてた手紙を何度か書いた。三浦史も、戦後チェレプニンのもとを訪ね、戦後に発売された伊福部レコードを届けた。

アレクサンドル・チェレプニンは、来日の折に頼則や江文也、早坂文雄など他の作曲導しており、彼らの作品を自ら演奏したり、伊福部同様に「チェレプニン・コレクション」として積極的に出版した。チェレプニンの最大の功績は日本作曲たちに自信を付けさせたことにあるだろう。その後の伊福部早坂らの活躍ぶりを見るに、後進の作曲のみならず一般大衆や戦前戦後日本文化そのものにも絶大な影を及ぼしたと言える。極端な話になるが、チェレプニンがいなければ「シン・ゴジラ」も存在しなかったと言い切って良いだろう。

伊福部チェレプニン作曲へのを熱心に勧められたが、そこへ踏み切ることができなかった。チェレプニン賞の受賞当時は北海道庁の地方務官として野局厚森林事務所に勤めており、有の森林を管理するため厚の山の中で多くの時間を過ごしていた。庁を退職後も、北海道帝国大学演習事務所野局業試験場などに勤務し、音楽家としてはあくまで「日曜作曲」であった。

戦時中は「ピアノと管絃楽のための協奏交響曲」、塗料研究による放射線で亡くなった追悼した「交」を作曲。「交」はビクター催の音楽コンクール当選、文部大臣賞を受賞し、戦中・戦後を通して演奏機会の多い、代表曲の一つとなる。
日本政府や軍からの要請を受けた作品も幾つかあり、「フィリッピン民に贈る管絃楽序曲」(後の演の際に「フィリピンに贈る祝典序曲」に題)、「兵士の序楽」等を作曲した。これらの作品は伊福部の要望により長年封印されてきたが、90年代以降、焼失したとされていた楽譜が偶然に再発見された「協奏交響曲」と共に、CD録音のために演された。
満州国策会社である満州映画協会の委嘱(依頼は甘粕正)を受けて作曲した「管絃楽の爲の音『寒帯』」は、楽譜戦後中国政府の管理下に置かれ、伊福部の生前に演奏されることはついになかった。死後、遺品の中から発見された楽譜を基に演が行われた。


次へ»
最終更新日: 17/09/29 11:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ