ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


伊達政宗


ヨミ: ダテマサムネ
掲示板をミル!
320カキコ!

伊達政宗(だて まさむね)とは

  1. 南北朝室町時代の武将。伊達9代当。2との区別のため大夫(だいぜんだいぶ)政宗とも称される。
  2. 戦国時代の武将、大名。伊達17代当仙台初代当。1との区別のため次郎政宗とも称される。
    いわゆる独眼竜政宗(後述)。
    1. 仙台の観測所で発見された小惑星の名前。2にちなむ。
    2. ゲーム戦国BASARA』の登場人物。2から生。 → 伊達政宗(戦国BASARA)

9代政宗


(文和2年/正8年(1353年)- 応永12年9月14日1405年10月7日)没)南北朝時代から室町時代の大名。兵部少、大大夫、五位下。入円孝。父親は8代当伊達宗遠。・宗遠と共に置賜に侵攻して長井氏を滅ぼして置賜を伊達氏の拠点とし、17代政宗の時代に豊臣秀吉州仕置により本拠を岩出山に移すまでの200年余りにわたって置賜は伊達氏の支配下に置かれた。
正室は室町幕府3代将軍・足利義満の生足利将軍と強い結びつきがあり、鎌倉方が領土要してきた時はそれを拒み、1399年大崎氏、名氏などと同盟して戦うがこの時は破れ出羽に逃れるが1402年ふたたび反旗を翻し、鎌倉方の上杉秀と戦い上杉方へ大打撃を与える。「伊達政宗の乱」と呼ばれるこの2つの戦いは足利将軍鎌倉府の代理戦争でもあり、この戦いによって伊達の名を近隣諸かせる事となり9代政宗は「伊達の祖」と称えられ、その名をあやかって17代政宗が命名される事となる。

の宗行は伊達(大条)村を与えられ大(大条、おおえだ)氏と名乗る事となるが、サンドウィッチマン伊達みきお(本名・伊達幹生)はこの大氏の流れをむ。
最上氏2代当ぐ。


17代政宗


伊達次郎政宗(永10年8月3日1567年9月5日) - 寛永13年5月24日1636年6月27日))は、伊達16代当伊達輝宗の嫡男として米沢城で生まれた(・・・というのが一般的だが、米沢市中心部の現在上杉神社がある場所にあった米沢城ではなく、米沢市西部にあったという山城で生まれたという説が有になり始めている)。幼名は梵天丸。
母親は出羽最上義守の息女で、最上義光にもつ義姫。妻は愛姫

政宗という名は伊達の祖である9代大大夫政宗にあやかって名付けられた。
伊達氏は11代当持宗から16代当宗まで足利将軍の一人から一文字頂いていたが(補足として持宗は足利義持から、宗は足利義輝から)、17に対しては上記のとおり先祖の名を襲っている。

これには理由があり織田信長足利義昭から追放し戦国の世も大詰めとなったところ、羽では群雄の勢いがますます強くなっていった。そんな羽で祖を築いてきたものをどう保ち、またそれを発展するか、そして中央の大勢にはどう立ち向かうべきか、これを考えた時に中の祖といわれる大善大夫政宗のような武将になるのが望ましい、従ってこの名を襲名させようとして元の際に名乗らせた。後に初陣宗と共に相馬盛胤に奪われた領地の回復に成功しているため宗の願いはくもここから始まったといえよう。

幼い頃に天然痘(疱瘡)にかかり右を失明。一説によれば右を失明した事を生が忌み嫌い、それが後にお家騒動(生である伊達小次郎を次期当に据えようと画策し、政宗を殺しようとした事件)につながったともされる。しかしもう一方の説は全く反対で、失明した事は伝説の高僧・万上人の生まれ変わりである拠と感銘して上人の遺徳を大いに讃えたとも言われており、実際の所は不明である。

なお、政宗の代名詞である「独眼竜」という中二病臭い二つ名は後世に名付けられたものであり、小説大河ドラマで使われた事で有名になったが、初出は明治34年(1901年)に発行された『独眼竜伊達政宗』(高橋・著、久保随・校、大阪:鍾美堂)で、元々は唐末期の突厥系軍閥で後唐の太祖となった李克用856 - 908)の別名の一つである。

政宗は17歳督を相続すると、かつての伊達の繁栄を取り戻すべく周辺の勢最上氏、名氏など)を討伐していった。
当時の州は政宗のご先祖様達の外交政策と、後にやらかした天文の乱によって婚姻による遠戚化や中小勢独立が進んでいて、ほとんどの勢は辿れば何かしらの親戚となるような状態で乱立していた。
しかし、政宗は全く空気を読まずに天文の乱以前の伊達の繁栄を取り戻すべく武による州の再統一を狙う。

手始めに、正室の愛子実家である田村と敵対していた大内定綱領の小手を攻め、見せしめのた女子供まで数人なでにする。大内定綱は名領へ逃亡し、同盟していた二本二本松義継は驚いて和議を申し入れるが、政宗は当然許さずに所領をほぼ没収しようとした。
それにブチ切れた義継がなんと和議の最中に政宗の父親である宗を拉致。政宗は逃走中の義継を父親宗ごと射殺した。一説には義継は宗と刺し違えたとも言われている。これは父親の遺言、を葬るための謀略、痛ましい不慮の事故など諸説あるが実態は不明。
ともあれ若くしてを亡くした政宗の怒りは収まらず、の初七日が終わるや否や即座に二本へ侵攻したのだが、これに対して佐竹名、相馬などの州連合軍が二本の救援へ向かった。これにより発生したのが、伊達政宗の人生で最大の危機である「人取の戦い」である。
…冷静に見ると明らかに政宗の自業自得とも言える。

7000対30000という戦4倍以上の全な詰み状態で、戦はあっという間に伊達軍の壊滅で1日が終了。殿となった鬼庭左月斎の玉砕突撃や伊達成実の奮闘などでなんとか政宗は命からがら敗走しを迎えた。
ところがその、連合軍の中心であった佐竹軍で内ゲバがあったり佐竹領に隣の北条氏が攻めかかるという報があったりしして、なんと佐竹軍はわずか1日でトドメも刺さずに撤退。連合軍は解散してしまった。
その後も佐竹氏は北条氏と小競り合いを続けたため、これ以降政宗と戦うことはなかった。
奇跡的に窮地を脱し最大の脅威がくなった政宗はその後も武による領土拡大を進めていくことになる。

しかし、中央では織田信長の跡を継いだ豊臣秀吉による天下統一事業が着々と進み、政宗のところにも何度も停戦命が届く。それをやはり当然のように黙殺し続けていた政宗であったが、当時伊達と同盟を結んでいた北条氏の小田原城攻めが開始された段階でとうとう秀吉の下に屈し、小田原攻めに遅参した。

この時の参の遅れについては、秀吉との駆け引きの他、参直前に母親殺されかけるものの、解剤の撥丸(ばつどくがん)をすぐに使用したため一命を取り留めたものの、その後の療養のため、などの説がある。背後には最上義光がいて、義姫小次郎(幼名:丸)を寵愛しているため小次郎伊達を継がせて握しようという陰謀があったともされるが、いずれも不明な点が多い。

秀吉政権下では明らかアヤシイ行動を咎められ、何度か謀反を疑われるが機転の利いた対処で切り抜け、東北地方の有として存在し続けた。

ちなみに、秀吉晩年期における政宗の石高は58万石であった(参考:前田利家→81万石、宇喜多秀家57万石、上杉景勝120万石、毛利輝元→121万石、徳川家康256万石)。石高の順位(石高ランク第五位の“大大名”)から言えば、秀吉政権の中枢に政宗が入っていてもおかしくはない(※暴れん坊だから入らない方が良いという見方もある一方、虎視々と活動をおこなう政宗を抑え込むには逆に体制に組み込んで常に監視しておいたほうが良いのではないかという説もある)のであるが、なぜか入っていない。これは秀吉の親戚である宇喜多秀家の存在もあるだろうが(秀自体は秀吉の一族ではないが一旦秀吉の養子に入っている事から扱いは一門になっている)、やはり「政宗ねぇ・・・」という危惧の大いに影しているのではないだろうか。
ただ単純に、最初の停戦勧告の視から何度も易一歩手前の不祥事をやらかしまくっていたせい、という可性もある。

関が原の戦いでは徳川家康の東軍側に付き、伯父最上義光東北諸大名と共に会津上杉景勝を牽制する役を担う。この時、家康から秀吉小田原征伐遅参の罰として没収された伊達旧領649万石を与えるという100万石の御付」を得ていたが、小田原征伐に参加せず所領没収・易された和賀の旧和賀忠親(所領没収後に政宗に保護されて胆沢に所領を与えられていた)による旧領回復の為の南部氏への反乱(和賀一)を煽動した黒幕である事がが露見した為に家康に「100万石の御付」を反故にされ、論功行賞は自で奪い取った刈田2万石の加増のみとされ(その後に近江常陸に小領土の飛び地2万石が加増され)、仙台伊達62万石が誕生し政宗は仙台の初代当となった。

仙台初代となってから、政宗は積極的に徳への接近を試みた。初代将軍・家康はこれを警しながら対応していたが、二代将軍・秀忠以降は御意見番として将軍の相談に応じており「仙台」あるいは「仙台殿」「仙台」(「従」「門(権中納言の唐官名)」は政宗の官職に由来する)とも呼ばれ、三代将軍・からは「伊達親父殿」とよばれて親しんだ。その信頼の深さはさながら「副将軍」にも等しかったとされる。

晩年は美食研究などで知られ、日に1~2時間は二畳敷きの専用トイレ兼執務室に篭って夕の献立を考えるほどの熱の入れ様で、例えば「白鳥漬け」は幕府に献上するほどの自慢の逸品だったとか。そうした政宗の美食研究の結果生まれたのが仙台の名産品として知られる「ずんだ餅」「凍み豆腐」であると言われている。

尚、この美食が祟ったのか、晩年は肥満に悩まされたとも言い伝えられている。一方で健康には人一倍気を遣っていたようで、煙草を1日3回きちんと吸っていた・・・って、当時の煙草扱いなんだから仕方ない。(仙台にある伊達政宗霊=墓所である「瑞鳳殿」の調が行われた際に政宗の遺らびに副葬品等々の調が行われた。その中に喫煙具一式もあった。)

深刻な歯周病持ちで、晩年は上の両しかが残らなかったという。加えてかなりの下戸で、飲にまつわる失敗談も幾つか伝えられている(これも政宗墓所の調で判明した)。

戦国の気を晩年まで保っていたことで三代将に慕われており、もっとくこの世に生まれていれば・・・そう思わせる人物である。
寛永13年5月24日1636年6月27日江戸上屋敷にて死去。享年70歳。

辞世の句は、「曇りなき 心のを 先だてて 浮世の闇を 照してぞ行く

名:瑞殿貞山利大居士

墓所:瑞鳳殿仙台市青葉区)

この場所は政宗が自ら自分の墓所の場所はここにと定した場所であるが、墓所建築の際、地下から所が発見されて確認した所、政宗が生まれ変わりだといわれていた満上人(この人物も片の人だったらしい)の所と判明し、政宗の墓所を少しずらして建造したとの事。なお瑞鳳殿敷地内には満上人供養がある。殿内には発掘のさいに調された遺を基にして作った伊達政宗の木像が安置されている。

大河ドラマ独眼竜政宗最終回に政宗墓所である瑞鳳殿の調の際に開された政宗本人の遺が紹介された(大河ドラマ史上類例のない“本人出演”)。その際に格調血液型が行われた結果、「身長159.4センチ血液型B型」であると発表された。


人物


幼いころより僧・虎哉宗乙(虎載宗)に師事し、文武両に優れた人物であった。若いころから、州の領土奪回・拡大をし成功しているため、戦略的なは高かったと見られる事が多い。

近年のゲーム小説漫画イメージから、戦場での々しい武功を想像しがちだが、実際は敗戦の記録も多く、特に人取の戦いは伊達滅亡の危機でさえあった(佐竹氏が臣の暗殺や北条氏の影で急遽撤退していなければ、この時点で政宗が死亡していてもおかしくなった)。

しかし、結果として約5年という短期間のうちに、周囲の大名・族を討伐、または下に加え、佐竹氏・上杉氏と同等、もしくはそれ以上の広大な領域(近年では小田原直前に90万石以上であったと言われている)を有する事に成功したのは、苛な侵攻策による畏怖を与えつつ、調略による懐柔を繰り返し、武略だけではなく知略にも長けけた器の持ちであったことを明している。実際に、秀吉家康といった権者とに対する立ち回りや危機の切り抜け方などから、猛将よりむしろ謀略等に長けた大名であったと評価する人も少なくない。

そんなこんなで、若年の頃より(かつが存命中であるのに)督を継ぎ、伊達の旗頭に立たせられる中、積極的な対外進出の上で磨き上げられた陰謀や画策の手練は必要であったどころか、もはや趣味の延長上に近い。これは師である虎哉師からに見える事(現実)だけが本当の姿(事実)ではない、に見えぬ事(謀略や打ち合わせ)によって本当の姿が変わる事もある」「騙されたくなかったらすべてを疑ってかかれ」という教えを叩きこまれていた事も大いに影するであろう。

※なお、伊達政宗の破天荒な性格の根本を作り上げた人物こそ虎哉師こと虎哉宗乙である。この虎哉師は「心頭滅却すれば火もまた自ずから涼し辞世で有名な甲斐・恵寺の快紹喜和尚子。武田信玄・勝頼に教えを諭していた師に同じく、問答から権謀術数を知り、それを政宗に叩き込んだのである。


次へ»
最終更新日: 17/01/21 22:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ