ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


佐々木健介


ヨミ: ササキケンスケ
掲示板をミル!
42カキコ!

この項ではプロレスラーについて記述しています。
PeerCast配信者については「佐々木健介(PeerCast)」を参照してください。

 


 

佐々木健介とは、日本プロレスラー1966年生まれ、福岡県出身。
2011年デビュー25周年を迎えた、健介オフィスの総大将


概要


ジャパンプロレス入門するが、団体が新日本プロレスに吸収されるのにくっついて移籍。しばらくは、パワーだけが売りでミソ筋肉でできてるんじゃないかと思わるしょっぱいレスラーだった。
同時期にレスリング日本代表の肩書を引っさげ鳴り物入り入門した馳浩や、ほとんど同期の「闘魂三銃士」である武藤敬司橋本真也蝶野正洋新日本の、ひいてはプロレススターとして注されていく中、地味だった健介は「パワー・ウォリアー」として独自のを歩いていた。

しかし佐々木健介という素の素材では、地味い試合内容が多く「佐々木介」と呼ばる事もあったほど。得意技も、今でこそ北斗晶から伝授されたノーザンライトボムなどバリエーションが豊かになったが、当時はラリアットサソリ固めという、師匠である長州力コピーレスラーでしかなかった(両者とも、長であったり表記どおりの身長には見えないところであったりというところまでそっくりであった)。

しかしパワー・ウォリアーに変身すると、変態的な強さを手に入れていた。
かつてロード・ウォリアーズの一人であるホーク・ウォリアーと「ヘルレイザーズ」という、かの名タッグを髣髴させる名前のコンビを組んでいたときは、タッグマッチ40連勝という世界記録を達成している。まさに本人の最盛期であり、闘魂三銃士とともに新日本プロレス90年代黄金期の立役者であった。
一方で、まっすぐな性格やファイトスタイルから、いい意味で不器用でありパフォーマンスも不得手であった。
この事が正直、スマンカッタというAAネタを生み、揶揄されながらもファンされる所以となっていた。

しかし、長州にくっついてWJプロレス旗揚げに参加したことが人生を大きく変えていく。
WJ諸般の事情で崩壊するとフリーランスになり、2004年になるころには試合がほとんど過去の人扱い。
そして貧乏ドン底…しかしこの頃の苦労が後の覚醒につながっていった。

同年に北斗晶、元WJ所属で"長男"として加入した中嶋とともに健介ファミリーを結成。全日本プロレスなどで暴れまわり、2004年プロレス大賞で見事MVPを受賞する。
一方でDRAGON GATEなどに参戦し"楽しいプロレス”が出来るようになったり、2005年ベストバウトを受賞した、NOAHでの小橋建太とのしい逆の打ち合いなどという、良い意味でパワー駄使いが出来るようにもなった。プロレスの幅が広がったのである。

健介オフィスを設立後でも、プロレス以外でもたびたびテレビにも出演する。2007年には団体化。中嶋の他に、現在全日本プロレス所属の宮原健斗NOAHにも参戦している梶原など、個性あふれる選手を育成している。2012年には団体名を"DIAMOND RING"とし、健介自身も首の負傷などで試合数は減少したものの、精的に活動していた。

そして2014年2月11日。この日のDIAMOND RING後楽園大会メインでの中嶋戦に敗れた健介は「もう、思い残す事はい」という引退を示唆する発言をする。その2日後に正式な引退発表を行い、28年間のキャリアピリオドを打つ事になった。引退試合、行は行わないため前述の後楽園大会が健介最後の試合となっている。

IWGPヘビー級新日本プロレス)・3冠ヘビー級(全日本プロレス)・GHCヘビー級(NOAH)と、プロレス界のメジャー三団体の看ベルトをそれぞれ獲得し、グランドラムを達成した最初のレスラーである。(健介がGHCヘビーを戴冠して達成した半年後、高山善廣3冠ヘビーを奪取して同じく達成した。)


関連動画



■sm5225310[ニコ動]

■sm1891780[ニコ動]


 関連商品


■azB0011MMK2W
■azB00005HWHB
■az4583038445
■azB000WXGUC2


関連項目



最終更新日: 14/02/13 22:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ