ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


何晏


ヨミ: カアン
掲示板をミル!
15カキコ!

何晏とは、三国志に登場する人物である。
後漢大将軍だった何進の孫。


概要


字は叔。の尹氏が曹操となったため、曹操に養育され、曹操であるを娶った。
同じ曹操の養子だった秦朗が控えめだったのに対し、何晏は手好みで太子同様の出で立ちをしていたという。このため曹丕からは「養子」と呼ばれ嫌われ、曹叡の代でも閑職に就けられていた。

曹叡の死後に曹爽が権者となると曹爽と親しかった何晏は散騎郎、中尚書に出世し政治の表舞台に登場した。当時曹爽の取り巻きだった丁謐、颺らと政権を断したため、落書で「宮中に三匹のあり、二匹は人に噛み付き側にもよれず、一匹は黙に取り付きとなる」と批判されたという。

249年(正始10年)正月司馬懿クーデターを起こし曹爽の一味を捕らえ尽く処刑した。何晏は最初、曹爽らの裁判を命じられ、助かりたい一心から丁謐、颺ら七人の名前を書き出した。司馬懿は「もう一人いるぞ」と問い詰め、何晏は「私のことでしょうか」と言うと司馬懿はその通りと頷き、何晏を捕らえ断罪したのである。

の尹氏の嘆願もあり、何晏の5,6歳だった遺児は助命された。史書には、占い師の管輅が何晏の破滅を的中させた話が記載されている。


正始の音


何晏は政治家よりむしろ学者としての業績で知られる。現在残っているものとしては最古である、論語の注釈書『論語集解』を著した。また、老荘思想の学問『玄学』をし、自ら『老子道徳論』を著し、王弼らと盛んに議論を行い、後のの七賢に見られる清談の先駆けとなった「正始の音」を創始した。
何晏は侯玄や司馬師らと親しく、彼らを評価していたが自分のことをになぞらえるなど相当な自信があったようである。

何晏は大変なナルシストで、常に粉を粉飾したとも、歩く時に自分の影をうっとり眺めたと言われる。曹叡がこれを訝しんでに湯うどん)を食べさせると、大汗をぬぐった何晏の顔色はさらにかったという話が『世説新』にある。

その一方で五石散という一種の麻薬の効果を広く宣伝している。五石散を用すると体に熱がこもり、これを発散させないと死ぬとのことで絶えず歩き回ったことが「散歩」のになったとされる。


家族



各メディアにおける何晏



蒼天航路


浅野忠信曹植とはちーちゃんと呼ぶ仲で、五石散のおかげでヤク中。
曹操から命じられて儒学のに進んだことになっている。


三国志大戦


一度Ver2.1で出て、排出停止になった後にVer3.59で再登場。
どちらのバージョンでもそれなりの性を有している。


関連動画



■sm4801690[ニコ動]

■sm7338589[ニコ動]
■sm12637185[ニコ動]
■sm16412093[ニコ動]


関連商品


■azB005FK1VPS
■azB003V308ZU
■yshmv_3053406


関連項目



最終更新日: 18/06/18 02:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ