ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


保元の乱


ヨミ: ホウゲンノラン
掲示板をミル!
18カキコ!

保元の乱とは、保元元年(1156年)7月平安京現在京都中心地)で起こった戦いである。

後白河天皇崇徳上皇間の皇位継承問題と、藤原忠通藤原頼長間の摂関の内紛がな要因であり、この乱と3年後の平治の乱で中央政権での闘争に武士が動員されたため、地位が大きく上昇した武士は後の約700年に渡る武士政権へと繋がる事になる。


開戦に至るまで



皇位継承問題


「皇太弟」事件

保元の乱の15年前である永治元年(1141年)、治の君(事実上の君)であった鳥羽法皇は、長男である崇徳天皇に退位を迫り、自らが寵愛していた美福門院との子である当時2歳の体仁親王を即位させた。これが近衛天皇である。

しかし即位の際に、近衛天皇崇徳天皇の「皇太子」ではなく「皇太」と発表されてしまった。系図上は同じ鳥羽天皇に持つ両者ではあるが、近衛天皇崇徳天皇の后の養子であるため本来ではあれば皇太子天皇子供として扱われるものである。

自分の後継者がでは将来院政を敷くことが不可能になってしまうために、院政を望む崇徳天皇にとってこれは重大な遺恨となった。

雅仁親王即位

即位した近衛天皇病弱で、久寿2年(1155年)17歳の時に崩御してしまう。若年であった近衛天皇には子供く、皇太子も定めていなかった。その状況で次の天皇としてもっとも有補に上がったのが崇徳上皇子供である重仁親王(当時16歳)だった。

崇徳上皇も自らが院政を敷く可性が出てくることもあり、わが子の即位を強く望んだが、実際には別の補であった美福門院の養子の守仁親王(当時13歳)が上がった。しかしまだ幼い守仁親王が存命の父親を飛ばして即位するのはよくないのでは?とのが上がり、守仁親王が立太子するまでの中継ぎとして一旦父親である雅仁親王鳥羽法皇の四男、崇徳上皇の同)が即位することになった。これが後白河天皇である。

この決定には、重仁親王が即位して崇徳上皇が強くなった場合自らの立場が危うくなる美福門院、自らの崇徳上皇の寵から離れてしまったことを恨む藤原忠通、さらに雅仁親王の夫であり権が欲しい信西などの多くの権者の意図が重なりあった故の結論であった。

これにより全に崇徳上皇の院政という望みは全に打ち砕かれることになる。そりゃ泡吹いて倒れるわ。


摂関家


泥沼化する兄と父・弟の闘争

この時の藤原氏の氏長者藤原忠通には子供がなく、・忠実は忠通のである頼長を養子にと提案し縁組をする。しかし、康治2年(1143年)に忠通に基実が生まれると、忠通は養子である頼長ではなく実子である基実に自らの地位を継承することを望み、頼長との養子縁組を解消してしまう。

久安6年(1150年)、頼長が自らの養女を近衛天皇に入内させると、忠通も対抗しすぐに自らの養女を入内させ「摂関の職についていない頼長の皇后にする事はできない」と鳥羽法皇に上奏する。鳥羽法皇は頼長の皇后に、忠通のを中宮にすることで事態を収めようとしたが両者は収まらなかった。この事件の後、忠実は摂政の地位を頼長に譲れと通告するも忠通は拒否したために、激怒した忠実は忠通の氏長者を剥奪し頼長に与え、忠通を勘当する。

さらに忠実は鳥羽法皇に対し忠通の関白を解任することを要。しかし鳥羽法皇は忠実と良好な関係を持つ一方で、忠通が自らのする美福門院と良好な関係であるために両者が和解することを望んだため、やはりどっちつかずの対応に終始してしまう。結果、忠通の関白を解任しない代わりに頼長に内覧の権限を与え、摂関と内覧が両立する異常事態になった。

「悪左府」

内覧になり実権を握った頼長は、学術の再政治の刷新など多くの課題に対して意欲的に取り組んだものの、周りに妥協を許さないあまりにも苛な性格と、理想や論理を重視した結果現実的ではない政治などを行なってしまったために、次第に周囲から孤立していくことになる。

極めつけは、従者同士の口論がきっかけで、鳥羽法皇の寵臣である藤原成の邸宅を破壊する事件を引き起こしてしまう。その他に寺に逃げ込んだ罪人を強引に引きずり出すために流血沙汰を起こしてみたり、自分の意に介さない者への私的報復を繰り返すなど枚挙にいとまがなく、近衛天皇鳥羽法皇からの信頼をも失っていく。

このような行いを続けた結果、近衛天皇の死は忠実・頼長親子が呪詛した結果という噂が世間に流れ、頼長は内覧の権限を停止され事実上失脚する。


乱前夜


近衛天皇の崩御により大きく荒れた政治も、後白河天皇の即位によって一旦情勢が落ち着きかけた。しかしここで急転直下の出来事が起こる。鳥羽法皇が病に倒れ、危篤に陥ってしまうのである。

の君である鳥羽法皇が斃れた場合、法皇の権威をにすることで敵対する崇徳上皇と頼長を押さえ込んでいた忠通や美福門院は体制をひっくり返される恐れがあるため、法皇を警護する北面の武士の中で崇徳上皇・頼長側に付きかねない武士には忠の誓約書を書かせ、美福門院に提出させた。この中には・忠盛が重仁親王の後見人である平清盛がいる。


合戦の経過


保元元年(1156年)7月2日鳥羽天皇が崩御。3日後にはくも「上皇と頼長が結託し謀反を起こす」と言った聞が流れ、中の武士の動きや軍を集める事を制限する綸旨が発され、にわかに緊感が高まる。

さらに、7月8日には天皇側が頼長に謀反人の疑いをかけ邸宅を接収する。

これは鳥羽法皇崩御のタイミングから早急に合戦の準備をしていた天皇側に対し、頼長は合戦の準備をしていなかったため、優位を確信した天皇側が挑発をしかけたようである。結果、追い詰められた頼長は兵を上げて事態を打開するしかくなってしまう。

翌日中に上述の聞を受け危機を感じた崇徳上皇が脱出し、新たに治の君になることを宣言し有な武将や貴族の味方を取り付ける事を画策する。

7月10日、頼長は崇徳上皇の宣言を拠り所に上皇を担ぐことを決意し武士を集めたものの、すでに動きを止められていることもあり、忠正、為義といった元々頼長・忠実と直接の従関係のあったごく一部の人数しかあつまらず、これにより圧倒的劣勢に立たされる事になった。このため劣勢を挽回するために為義の息子である源為朝夜襲を提案するも、頼長はこれを認めず、自らに近しい寺社勢からの兵を待つことにした。

一方天皇側はこの上皇側の一連の動きから、平清盛(為義の長男)といった北面の武士の中でも強大な軍事を持つ武士を動員し、忠通もこちらに加わった。出撃に際しては義が「敵にである為がいるなら夜襲をしてくるに違いないので先に手を打つべき」と先制攻撃を強硬にしたようで、忠通は当初は反対していたもの最終的には押し切られたようである。

7月11日4時天皇側の夜襲で合戦に至るものの、源為朝の奮戦により戦線は着する。このため天皇側が新たな戦とともに上皇側の本の隣にあった藤原成の邸宅に火をつけ、この火が本に燃え移ったことで上皇側は総崩れとなり、崇徳上皇と頼長は行方をくらました。


戦後


翌日出頭した崇徳上皇讃岐への配流が決まった。天皇及び上皇の配流は約400年ぶりの事である。頼長は戦の傷が元で死ぬ。

敗北した天皇側の武士の多くは死刑に処された。死刑自体350年ぶりであり疑問のが上がったようだが、知識人である信西に対して意見する人はいなかった。

長年穏であった平安時代において、数年振りに中央政権の闘争が武で発揮され、天皇が流され、そして死刑が再開されるという非常に大きな事件に、世の中が大きく変わる予感を感じた人は多かったのだと思われる、

なお結果的にこの乱で一番の被害を受けたのは摂関であり、忠通は関白の座は死守したものの、自らの武士組織を解体され、頼長の所領を没収され、氏長者の任命権を天皇に握られてしまい、自性を失ってしまった摂関は以後没落していく。

反面、この戦いで裏で仕切っていた信西は以後権勢を増していく。が、そのあまり権勢が逆に貴族の反感を招き平治の乱へと突入していく。


主要人物の戦後経過


天皇方






上皇方






忙しい人のための保元の乱


  1. 崇徳上皇政治導を握りたいが、政府理を曲げてでもそれを許そうとしない
  2. 藤原忠実は次男・頼長が可くて堪らないので、政府に重用するよう促したらとんでもない地雷だった
  3. 政府「なんかこいつら面倒くさい・・・よしまとめて排除してしまおう。いけ武士先制攻撃!」
  4. 崇徳上皇・頼長「ちょwwww俺らなんで謀反人wwww準備出来てないwwww\(^o^)/
  5. 政府「悪は去った(ドヤァ」 全な言いがかりです本当にありがとうございました
  6. 結果、言いがかりをつけようと提案した凄い頭のいい生臭坊主が凄いをつけた
  7. 中心人物でもないのに壊されたり燃やされたりした藤原成さんは葉の陰で泣いていい
    (※乱の2年前に亡くなられました)

Q. ・・・で結局が悪いんですか?

A. 美福門院に流されっぱなしの鳥羽法皇と、核地雷の頼長さんゴリ押しした藤原忠実だと思う


関連商品


■az4003010817
■az4093878277


関連項目



最終更新日: 15/12/19 18:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ