ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


信長公記


ヨミ: シンチョウコウキ

信長公記とは、太田一による織田信長を取り扱った軍記である。


概要


読んで字のごとく織田信長の幼少期からその死までを取り扱った一代記。伝わっている本のほとんどが『信長記』というタイトルだが、小瀬の『信長記』と区別するために、『信長公記』と一般的に呼ばれる(成立はこちらの方が先なのだが…)。

作者織田信長衆として仕えた太田一(なお、信長の右筆というのは明治以降広まった俗説であり、明確な拠は今のところはない)。『信長公記』は、この一がその時々につけていた日記をもとにして後年著述したものとされる。

なお『信長公記』は首巻のある十六巻のものと、首巻を欠く十五巻のものと2種類ある。この首巻と第一巻以降との記述の方式などが違うため、首巻とそれ以降は別に成立したものではないかともいわれている。

戦国時代の軍記の中ではもっとも有名なもので、他の戦国時代の軍記が長らく出版されていないのに対し、この『信長公記』は近年でも複数社から出版されている。さらに織田信長の一代記としては一番一次史料に近い時代の存在とされるため、信長に関する軍記では最も史料的に信頼できるとされている。しかし、一本人の記憶に依拠する箇所も多く、今では必ずしも全部が正しいとはもはや考えられておらず、すでに一次資料を基に学術的には否定された箇所も多い。


関連商品


■az4480097775
■az4046000015


関連項目



最終更新日: 18/09/09 14:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ