ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


信頼できない語り手


ヨミ: シンライデキナイカタリテ
掲示板をミル!
50カキコ!

信頼できない語り手」(または「信用できない語り手」)とは、物語を叙述する際の技法の一つである。

アメリカの文芸評論家ウェイン・C.ブース(Wayne C. Booth)が1961年の著作「フィクションの修辞学(The Rhetoric of Fiction)」で、この技法に「信頼できない語り手(unreliable narrator)」との呼び名を与えた。ただし、この技法に相当する形式の作品はそれ以前にも存在していた。


概要


小説などで物語が描かれる場合、そこには「視点」が必要である。いわゆる「一人称小説」では登場人物の一名の視点からの物語が述べられていく。

そのとき、読者はその登場人物の「視点」や「述懐」を信用して読み進めていくわけであるが、物語を述べている人物が誤った情報・曖昧な情報読者に述べることがある。また、その人物が自らの心情を包み隠してしまうこともある。

それは、その登場人物が何らかの的によって意識的に行っている場合もあれば、その人物が抱える何らかの問題(視や知などに問題がある、精的に不安定である、偏見に満ちている、自分の気持ちに素直になれない催眠術にかかっている、物の影下にある……etc.)によって意識的にそうなってしまっている場合もあるだろう。

その結果、読者物語に対する判断をミスリードされたり、惑されたり、気になる情報を隠蔽されたりしてしまい、結果としてその物語には読者が想像する余地、誤解する余地が生まれるのである。

ミステリー小説などでは叙述トリックとして使用されることが多い。恋愛を扱った小説では主人公の本当の気持ちを隠蔽するために使用されることもある。

なお、「一人称小説」ではないいわゆる「三人称小説」ではどの登場人物もり手ではないため、「信頼できない語り手」の手法は較的使用されにくい。


作品の例


ネタバレ防止のため伏字

恐らく他にも多数。


関連商品


■az4891762470


関連項目



最終更新日: 16/11/30 22:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ