ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


偵察衛星


ヨミ: テイサツエイセイ
掲示板をミル!
16カキコ!

偵察衛星とは宇宙空間から地上を偵察する衛星の事である。


概要


ほとんどの人がGoogleMapGoogleEarthなどに代表される地図情報サービスを介して衛星から撮影された画像の恩恵を受けている。撮影を行う衛星の中で国家などにより軍事情報的に使われているのが偵察衛星である。

民間用よりも高精度で柔軟な撮影が可とされているが、もちろん詳細は極秘となっている。そのため、滅多に偵察衛星から撮影された画像をにする事はく、例えあったとしても、それは解像度等に加工が入れられた後のものである。運用アメリカ合衆国を筆頭にロシアフランスドイツイタリアイスラエル中国日本韓国インドブラジルがあり偵察を維持するため定期的に衛星を打ち上げている。

極々一般に偵察衛星と呼ばれる衛星の中でも搭載した観測機器によって違いが多々あり、赤外線等を含む学機器を搭載しているものと合成開口レーダー(SAR)を搭載したものなどがある。また電子的情報を取得するための情報偵察衛星、弾道ミサイルの発射、軌を確認するためのDSP衛星など多岐にわたる。

通常の衛星と違って地球を周回する軌は低く(低軌)、そのため大気圏上層の影を受けるほか、必要に応じて軌変更する場合などがあり軌維持に必要な燃料を消費するケースも多い、そのため総じて衛星そのものの寿命は短い。アメリカが運用している偵察衛星は巨大で高度の変更も可と、色々至れり尽くせりのものもあるが、当然のごとくコストはかかる。

また後述されるように、衛星は頻繁に変えられないため、測などによって観測ルートを知られることがある。ましてや毎日一回~数回のみ的地上を飛行するだけなので手に入る情報も限られる。


偵察衛星って、どんな衛星?


もちろん偵察衛星の仕様、性はそのトップシークレットである。ただ、伝わってくる性などから仕様の予想はできるし、打ち上げに使用されるロケットと投入された軌から衛星サイズ、重量を推定することができる。

また、冷戦時代に使われた初期の偵察衛星に関しては、技術的に時代遅れということもあって情報開されたものもある。当時の衛星は撮影したフィルムを巻きとってカプセルの中に入れて地球に向け投下、地球では待ち受けていた回収専用飛行機が鼻先のフックカプセルのパラシュートを引っ掛けて持ち帰るという手段をとっていた。当然、回収、現像、解析に多大な手間と時間を要していた。現在では傍受、妨がしにくいデジタル線とデジタル暗号の登場で大CCDで撮影した画像を直接地球(中継用の衛星を介することもできる)に送信することができるようになっている。

また、合成開口レーダーを搭載した米国ラクロス衛星なども一部情報開されているが、こちらは民間地球観測衛星と性があまり大差ないからだと考えられる。


偵察衛星の例


ビッグバード。2~3ヶ間軌上にとどまり、TVカメラで地表を監視する。必要に応じて写真撮影を行い、フィルムを入れたカプセルが回収される。解像度は1メートル以下といわれている。世界の最新兵器」関野秀夫・明地 男・原田 稔 朝日ソノラマ 1975 p.66

米国で最近まで運用されていたKHキーホール、鍵)-12と通称される衛星シリーズKH-12は大きさも形もほぼハッブル宇宙望遠鏡と同一と考えられている(地上からの観測で判明。似ているのは単に両者ともに反射望遠鏡という点のみであり、ハッブル宇宙望遠鏡自体が偵察衛星の流用と言う話はデマである)。内部にベリリウム製の直径2.4mの反射KH-12で使用される予定だった余剰の反射NASAに譲られた事で判明。反射は後に赤外線宇宙望遠鏡WFIRSTに使われた)があり、解像度は5cm民間人と軍人の区別が可とされている。重量は20tという衛星としてはヘビー級。その大半は軌維持、変更用の燃料とされる。初期のタイプスペースシャトルによる燃料補給が可だったとされるが、実際に行われたかどうかは不明(多分行われていなかった)。最近のタイプステルス性を持たされていたとも言われる。

変わり種の偵察衛星として電波通信を傍受する情報偵察衛星もある。米国は楕円軌に「トランペット」、静止軌に「メンター」と通称される衛星を打ち上げているが、その正体は直径150mもの巨大パラボラアンテナ! 国際宇宙ステーションを上回る宇宙最大の構造物である(ただし折りたたみ式なので重量は5t程度)。メンターはパラボラが細いワイヤーでできていて、さらに塗装されているので立たないとされるが、地上からは8等の明るさで大望遠鏡なら観測可である。


偵察衛星の能力「戦場の未来 兵器は戦争をいかに制するか」ジョージ・フリードマン レディス・フリードマン 関根一彦:訳 徳間書店 1997 p.314


偵察を判断する段階は、標の存在を発見できる、正体がわかる、正体を正確に割り出せる、特徴を表現できる、標に関する技術情報提供できる、の5段階である。

を探知するのなら衛星分解は約18フィートでよい。正体を知るには13.5フィート、正確に割り出すには4.5フィート、細部まで表現するなら3フィート、爆破方法がわかるほどの詳細が知りたければ約1フィートが要される。ただしロケットとなると探知するには3フィート、正体の確認に1.5フィート、正確に割り出すには約6インチ、細部の特徴を知るのに2インチ、技術的な詳細を知るには1インチが必要になると思われる。

1984年に初めて打ち上げられたKH-11は湾岸戦争ソ連ロケットの正体を確認できているため、すでに6インチ分解に達していたと分かる。また、後のでさらなる良が行われていないとも思えない。


その他


ロの偵察衛星は、両間の軍備削減条約の順守を監視する手段としても使われている。例えばミサイル原潜が退役すれば、搭載ミサイルを外して、ミサイル・ハッチを開けたまま二ヶ間埠頭に係留しておく。ICBMであればサイロから出した後に切断してサイロのに横たえ、サイロの蓋を開けたまま二ヶ放置する。その間に相手の偵察衛星に撮影させ、兵器棄したことを確認させる。世界軍事ウォッチングPART2」江謙介 1997 時事通信社 p.124


よくある疑問、勘違い。



関連動画



■sm1804175[ニコ動]


関連商品


■az4334960731
■az4532165148


関連コミュニティ


■co1088
■co5956


関連項目



最終更新日: 19/11/12 19:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ