ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


元気玉


ヨミ: ゲンキダマ
掲示板をミル!
151カキコ!

元気玉とは

  1. 漫画DRAGON BALL』およびそれを原作とするアニメなどに登場する必殺技本記事で詳述する。
  2. ゲームドラゴンクエストシリーズに登場する、経験値ゴールドを増やすアイテム。初出はDQ10。明言こそされていないが、名前の由来は1.であろう。
  3. ゲームドカポンシリーズに登場するアイテムで、使用者のHPを全回復させる。

概要


元々は北の界王が生み出した技で、自分以外の周囲の生物から少しづつ元気を分けてもらい放つ絶大な威の気弾である。
作中で使用したのは孫悟空のみである。これは北の界王が「夢に描きながらも」会得できなかったためである。
元気を集めるのに時間がかかること、元気を集めている際に両腕をに上げるためまったくの防備になる点、元気を集め過ぎると収集相手の命にも危険が及ぶことがあるという点、また威ありすぎるため惑星そのものの生態系等がめちゃくちゃになってしまう可性が高いのが欠点。

アニメ版だと、元気の収集時には、画面が陽炎の立ち込めるように揺らめく、面に波紋が広がる、原に爽やかが舞うなどの情と、気が少しずつ悟空の下へ向かう様子と考えられる小さなの粒が描写されている。

なお、元気の収集対となる「周囲の生物」には動植物だけでなく惑星も含まれる。
また、収集範囲は放つ側の意識で調整可のようで、超一星龍戦のような全宇宙規模での収集や、魔人ブウ戦のようなあの世とこの世をえての収集も可な一方で、生命体の少ないナメック星で使用したフリーザ戦では周囲の惑星を巻き込んで収集したほか、寒冷化により地球上の生命が極端に衰弱していたスラッグ戦のように太陽だけから元気を借りたケースも存在する。
なお、人間の姿をした生物の場合、手をに向けて挙げさせることで多量の元気を提供させることができる。

類似の技としては、鳥山明キャラクターデザインとして関わっているドラゴンクエストシリーズの「ミナデイン」がある。
「周囲の人間からMPを分けてもらい放つ魔法」。

原作および『Z』までのアニメ

原作で使用されたのは3度で、OP曲の歌詞の中に技名として出てくることなどから、読者の認知度もかめはめ波に次ぐくらい高いと思われる。

元気玉と超サイヤ人

作中で元気玉を使う時は悟空常状態であり、超サイヤ人状態で元気玉を作るor元気玉発射時に超サイヤ人になった事は基本的にい。

これは、ベジータ戦で悟飯が元気玉を跳ね返した際の「悪の気がいものなら跳ね返せる」という言及にもある通り、元気玉は悪の気がある者では作れないし維持できない。そして、超サイヤ人は「悪」寄りの存在だからである。
ここで言う「悪」とは、超サイヤ人覚醒の切っ掛けが怒りの感情である事に加え、変身すると本人の人格に少なからず影を及ぼす(好戦的になる)こと。このため、「わずかでも悪の気がある」事になってしまう。

一の例外として、魔人ブウ戦でトドメの元気玉を押し込む際、神龍に体を戻してもらった後に超サイヤ人1変身してダメ押しをしている。
これは、悟空セル編で精と時間の部屋での修行により可な限り超サイヤ人1の状態に体を慣らし、奮を取り除いて常でいられる修行をしていること、最後のダメ押しだけのごく短時間のみであることで、元気が逃げてしまう前に的を果たせたのだと思われる。

実際、劇場版極限バトル!!三大超サイヤ人』では元気玉作成後に慣らしたはずの超サイヤ人1変身しただけで元気が逃げてしまいそうになっている(この時はそのものを発射するのではなく、自分に取り込んでエネルギーにするという方法で逃げるのを防いだ)。

 

ところで、セルは「その気になれば元気玉も作れるだろう」と発言し、一部のゲームでは実際にセルが元気玉を使う事ができるものもある。
超サイヤ人状態のベジータよりもどう見ても悪そのもののセルがどうやったら元気玉を作れるのかは全くである。

ただ、ブウ編で地球人には拒否されて元気を集められなかった悟空と違い、ゲームで使用する際はセリフからするに相手の意思に関係なく元気を徴収する事ができるようで、元気玉と銘は打つものの、実態は結構違うものなのかも知れない。出来上がる元気玉の色も違うので、そもそもが悪の気を徴収しているものだという可性もある。

『GT』・『超』

ブウ編以降のアニメではこれに加え、『ドラゴンボールGT』の超一星龍戦において、劇場版ではDr.ウイロー戦、スラッグ戦、ターレス戦においても決め技として使用されている。
また、合体13号戦においては先述の通り超サイヤ人状態で元気玉のパワーを吸収するという使われ方もされている。『ドラゴンボール超』でもジレンに対して使用した。

ウイロー戦ではベジータ戦と同等の大きさだったが、やはり元気収集了直後にウイローの撃の直撃を喰らっているため、若干元気は逃げた状態。この時は悟空自身が初めて元気玉を発射し、敵を倒している(それまで悟空自身が元気玉を発射したシーン界王での練習だけ)。

スラッグ戦、ターレス戦では、共に地球そのものが衰弱していたため、前者ではの上でスラッグの気コントロール装置の難を逃れた太陽スラッグ一味の弱点でもある)を媒介に、ターレス戦では一度は元気を集めたもののあまりに地球の衰弱がしかったために決め手にならず、地球中のエネルギーを吸い尽くしたが元気を分け与えたことで漸くターレスダメージを与えられる玉を作り出すことができた(この際に悟空朦朧としながら温もりのある方角から片手で元気を集めるという、他の作品にはい描写がある)。

ジレン戦ではベジータを除く第7宇宙戦士から元気を集めてジレンにぶつけるが、無表情のまま押し返され、悟空が元気玉の爆発に巻き込まれ死亡したと思われたが、悟空は生き延びたどころか、ウイスく可性の殻を破って「身勝手の極意」を会得する。


関連動画



■sm4245405[ニコ動]

■sm6240144[ニコ動]
■sm7606689[ニコ動]


関連商品


■azB001KX15V4
■az4576021095


関連コミュニティ


■co876


関連項目



最終更新日: 19/06/22 06:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ