ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


児玉清


ヨミ: コダマキヨシ
掲示板をミル!
69カキコ!

大事な大事な勝負のアタックチャーンス!

児玉清とは、俳優会者・作家である。


概要


1934年1月1日生まれ(戸籍上)、学習院大学文学部ドイツ文学卒業

もともとは学者をしていたが、庭の事情で大学院進学をあきらめなければならなくなり、ふと思い立って東宝オーディションを受けて合格。俳優を歩み始める。後に東宝をやめてフリーとなり、テレビドラマに精的に出演、俳優としての地位を確立する。

1975年から「パネルクイズ アタック25」(朝日放送)の会を30年以上務めている。この番組の前身となる「クイズ イエスノー」(毎日放送)という番組も会していたが、この番組はわずか1年で打ち切りになってしまったため、「アタック25」の会依頼を最初はためらったという。

熱心な読書としても有名。それが高じて「週刊ブックレビュー」(NHK BS2)という書籍評論番組の会役までやっている。また、作家としても数多くの著書を出版している。


俳優として


その貌を一言で形容すれば「紳士」であろう。晩年は役作りもあって鼻ひげをたくわえていた。

弁護士(「白い巨塔」)、ニュースキャスター(「美女野獣」)、考古学者でもある高校教諭(「鹿男あをによし」)、など知的なイメージを活かした役、あるいはその格から次席検事(「HERO」)、徳川家康(「黄金の日日」)といった社会的地位のある役などをよく演じた。人格者の役どころが多いが、悪役を演じることもある。爆弾魔を演じて高評を得たときは、本人は「やりそうにもないやつがやったというだけ。次は通用しない」と冷静すぎるほどのコメントをしていた。

大河ドラマへの出演としては、「龍馬伝」で福山雅治演じる坂本龍馬父親を熱演したことは記憶に新しい。それ以前にも5回(「黄金の日日」「獅子の時代」「山河燃ゆ」「武田信玄」「太平記」)出演しており、常連であったと言える。


司会者として


パネルクイズ アタック25」の会を務めた功績は、彼をる上で欠かすことはできない。解答の正誤を一人で即座に判断しなければならないという重責であったが、元来の博識も手伝って終始落ち着いた会ぶりで切りまわし、また休み時間には出演者や観客に玉を配ったり、成績のふるわない解答者を励ますなどして場を和ませ、視聴者にも出演者にもされる会者として36年もの間番組の顔であり続けた。特に決め台詞アタックチャ~ンス!」のインパクトは強く、ネットでは「児玉アタックチャンス”清」とニックネームとして通じるほどとなった。

これをきっかけにバラエティ番組の仕事が一気に増え、会やナビゲーターとして多くの番組に出演。90年代にはむしろ俳優よりこちらの仕事メインとしていたほどである。ラジオでは人生相談のパーソナリティも務め、こちらも好評を博した。


読書家として


界きっての読書好きであり、NHK衛星放送の「週刊 ブックレビュー」の会は20年間にわたって務め、「アタック25」に次ぐ会者としての「代表作」となった。また「造本装コンクール」や「朝日時代小説大賞」など、本にまつわる賞の審員をすることも多かった。海外文学を原書で読んだかと思えば有川浩の代表作「図書館戦争」に登場する基地・稲嶺和の人物造形は、児玉モデルであると有川本人がっている。について熱くるなど、ジャンルを問わない乱読で、本の重みでんだという。

文才もあり、多くの随筆を書き、また文庫本の解説なども手掛けた。


訃報


2011年2月に体調を崩し病院で検したところ、がんと診断され、東京都内の病院に入院して治療を受けていたが容体が急変。2011年5月16日午後、入院先の東京都内の病院で亡くなった。

享年77歳。


エピソード



関連動画



■sm4065863[ニコ動]

■sm3939849[ニコ動]
■sm4233664[ニコ動]
■sm3423474[ニコ動]
■sm3829053[ニコ動]
■sm4169779[ニコ動]
■sm6918951[ニコ動]


関連静画


■im1134907(静画)
■im1153864(静画)


関連商品


■azB000069E09
■az4087747743
■az4104495018


関連項目



最終更新日: 13/04/15 23:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ