ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


八九式中戦車


ヨミ: ハチキュウシキチュウセンシャ
掲示板をミル!
110カキコ!

八九式中戦車とは、第二次世界大戦前の大日本帝国陸軍戦車である。


概要


1929年10月に八九式戦車として制式化された車両だが、部隊配備後の修等で日本陸軍の軽戦車の基準であった10トンを越えてしまい、1934年に八九式中戦車として再分類されている。制式化・実戦投入にこぎつけた初の戦車満州事変から日中戦争・ノモンハン事件・そしてWW2緒戦までを戦った。後継戦車の配備に伴って後方警備に回されるようになったが、WW2末期戦車不足の中、及ばぬのを覚悟の上で再度戦場に送り込まれたりもしている。


開発経緯


WW1に並行して大日本帝国陸軍においても戦車部隊を保有すべしとの機運が高まり、10トン以下の軽戦車としてルノーFT17)、10トンから20トンまでの中戦車としてマークA・ホイペット(英)をえた戦車隊が創設された。余談ながらこれは歩兵4個師団の削減と引換に決まったものであり、それだけ帝国陸軍は装備の機械化に熱心であったことのでもある。さらに当時の日進歩の戦車開発の流れを鑑み(この戦車部隊もアジア一の戦車部隊だったが、装備戦車はどちらもWW1終結後の余剰車両であり最新戦車は購入を拒否されている)、日本も自でこれに追随すべきであるとの判断から戦車産化計画を推し進めることとなった。海外戦車も参考にしつつ官民あげてのオールジャパン体制で作り上げた試製一号戦車(1927)を経て、この八九式中戦車でいちおうの戦車配備を成し遂げることとなったのである。


設計と生産


大きく分けてガソリンエンジンを搭載した前期である甲ディーゼルエンジンを搭載した後期であるに分類されるが、体形状は甲の中でも数パターンあり、その最後期ディーゼルエンジンを搭載したのがである。ここら辺のあまり統制とれてないツギハギ修っぷりが時の(そして、明期の)戦車を観る上での大きな魅だと思うのは筆者だけだろうか。いずれにせよ10トン級の体に100ちょいのエンジンアンダーパワーは否めず、路上でも最高速度は25km/h程度しか出せなかった。また故障もなにげに多く、日中戦争の際にはより設計が新しい九二式重装甲車騎兵部隊が装備した軽戦車)に故障多発で置いていかれる屈辱も味わっている。

57ミリ戦車。この時代の「戦車」とは「戦車を撃つ」のことではなく、「(機関銃地を破壊する役割の)戦車のための」のことであり、対装甲威いに等しい。また初速も遅く弾道も曲射状態、「飛んでいく弾が見える」とまで言われたほどであり移動標への攻撃も設計上想定されてなかった(が、ノモンハンでの日本戦車兵は名人芸を駆使して移動標への部分狙い走行間射撃を実行していたりする)。副武装として6.5ミリ口径の機関銃体と後面に装備。この後面の機関銃装備は設計の参考にしたビッカースC戦車(英)に倣ったもので、WW2前の日本戦車お約束装備である。歩兵が来たときはぐるっと回して機関銃を前に向けて撃つ、地を撃つときはを前に向けて撃つ、という

装甲は全周17mm。なんでこの数字かというと、歩兵歩兵部隊が保有する、最前線で地破壊等の直射射撃を行うための軽。この場合は日本陸軍が装備していた37ミリのことである)に150メートル先から撃たれても大丈夫なように、ということで定められた数字なのだが、後の日中戦争の際には中華民国軍がチェコスロバキアから購入して装備していた7.92ミリ機関銃徹甲弾にバシバシ抜かれてかなりの損を出している。

以下は中華民国軍から受けた損の例である。
(弾着90度に近いほど垂直になり、0に近いと損を与えにくくなる。侵量は弾がどれほど装甲にめり込んだかの長さである。)

敵弾の種類 弾着(度) 距離(m) 量(㎜) 被弾部位 備考
7.92機関銃(徹甲弾 85 30 17 部に侵入 貫通との違いは不明
同上 35 30 16 体正面
同上 55 30 15 眼部 後部の機周辺?
同上 45 30 15 側面燃料タンク部
同上 90 40 8 不明
同上 50 50 11 操縦手ハッチの継ぎ
同上 35 50 8 不明
同上 25 50 4 不明
同上 80 70 14 不明
同上 86 70 13.5 不明
同上 85 70 12 不明
13㎜機関(徹甲弾) 90 200 貫通 不明 9発被弾、内1発が貫通。
その他傷跡
同上 30 200 8 不明
20機関(徹甲弾) 90 250 貫通 不明 11発被弾、内4発貫通
37㎜対戦車(徹甲弾) 45 75 貫通 不明 300m以内では度に関係なく貫通
同上 30 500 は深さ3、幅18、長さ40 不明
37㎜対戦車(榴弾) 90 400 10 不明 へこんだ

生産は1930年代前半で終了、全タイプあわせて約400両ちょいである。


運用


初陣満州事変。その後は上海事変・日中戦争に投入され、実戦で輸入戦車より優秀なことを明した反面、中華民国軍が配備していた本格的な対装甲を持つ兵器の前にはかなりの損を出している。対戦車兵器として設計された火への対処は元から想定されてなかった時代の車両なので仕方ないといえば仕方ないのだが、当初からアンダーパワー気味の車両にこれ以上の装甲強化を行うこともできず、適当な換装エンジンもなかったことから抜本的な対策はなされなかった。戦後総括でも批判は機動の欠如に偏り、総じて防御の不足という問題を抱えたまま1939年に初の戦車戦となるノモンハン事件を迎えることとなる。

モンハン事件では1939年7月の第二次戦闘において、BT戦車T-26戦車500両以上を擁するソ連軍相手に、4両の九七式中戦車・38両の八九式中戦車・35両の九五式軽戦車からなる日本戦車部隊が投入されている。上記の通り練度において圧倒的に上回り、また両軍の戦車の装甲も「どっちもどっちレベルだったことからかなりの損ソ連戦車部隊に与えているが、ソ連戦車の大半が装備している47ミリの前には日本戦車の装甲はまったく用をなさず(ソ連戦車の装甲も薄かったが、57ミリ戦車ではよほど弱い所に当たらない限り致命傷は与えられなかった)、わずか4日で日本戦車隊はその半数を失って前線から引き下げられることとなってしまった。以後2ヶ以上に渡って日本歩兵ソ連戦車部隊に対する苦闘を強いられることとなる。

第二次世界大戦でも一部の部隊で運用が続いており、序盤のフィリピン攻略戦でアメリカ軍M3軽戦車と交戦している。制式化に10年の開きがあり、エンジンで倍、機動も正面装甲も倍、の装甲貫に至っては3倍から4倍以上の相手、もう何をか言わんや。そして大戦末期、このフィリピン戦の生き残り車両は上陸してきた米軍相手の戦闘に投入され……。


現在


現在において残存する八九式は、陸上自衛隊駐屯地武器学校に保管されているの1輌のみと言われている。この車両自衛隊によってレストアされ、や機はダミーながら現在でも軽快な走行をにすることが出来る。

さらに2012年、甲アニメガールズ&パンツァー」でアニメ化され、その萌え雄姿を余すところなく再現されている。

より知名度の高い九七式中戦車チハを差し置いて稼動車両が存在し、さらにアニメでは主人公たちの駆るⅣ号戦車までをも差し置いて萌え戦車No1の地位を不動のものにしており、チハの陰に隠れて知名度が低かった本も、現在においてその存在感を放つようになった。


関連動画


2:40~ 八九式中戦車。上海事変等の報道マスコミにつけられた渾名「」がちらっと出てます。
戦前子供たちにとって、「戦車」と言われて思い出す姿はこの八九式中戦車の姿でした。


■sm17034302[ニコ動]

エンジンと電装系は現代のモノに換装、はダミーですが他はホンモノです。
はるかなる後輩たちに囲まれてこれからも末永く元気であってほしいもの。

■sm5255847[ニコ動]

バレー部復活をす「あひるさんチーム」の車両としてまさかの選定。同校他チーム車両が全部WW2戦車なのにどうしてこれだけプレWW2戦車なんだ。選んだ出てこい褒めてやる。

■sm18574548[ニコ動]

日本戦車の流れを解説してるシリーズの八九式軽戦車の回(左)八九式中戦車の回(右)
■sm22842505[ニコ動]
■sm23197038[ニコ動]


関連商品


■azB0096Z5YBA


関連コミュニティ


■co1088


関連項目



最終更新日: 18/08/13 19:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ