ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


八神庵


ヨミ: ヤガミイオリ
掲示板をミル!
160カキコ!

八神庵(やがみ いおり)とは、代々木駅より徒歩1分に立地する手打ちの味が自慢の蕎麦所であるTHE KING OF FIGHTERSシリーズに登場する人物である。


プロフィール


八神庵

格闘スタイル 八神流古武術+本
出身地 日本
誕生日 3月25日(20歳)
身長 182cm
体重 76kg〜79kg
血液型 O型
趣味 バンド活動(担当はベース
大切なもの 彼女名前不明、'95のみ)
クロムハーツ指輪
ポールスミス時計
ガボールのチェーン('96
リッケンバッカーベース('97
デイトナのエキゾチックス('98
新しい彼女名前不明、'99〜'00、CVSNBC
し('01〜)
好きな食べ物
嫌いなもの 暴力
得意スポーツ 全部
声優 安井邦彦
星野貴紀(KOFXIV)

概要

三種の神器の一八神(かつての八尺瓊)一族の末裔。八尺瓊勾玉のを持つ、“封ずる者”。

八神流古武術の使い手で、に切り裂くような体術と特有のい炎で戦う。炎がいのは、660年前に先祖がオロチと血の契約を交わしたためである。よって彼の体には、八神一族の血と同時にオロチの血が流れている事になる。

八神草薙との間に660年の因縁を持っている。八神の本来の名である八尺瓊一族は、三種の神器の一(封ずる者)として草薙一族と共にオロチと戦う使命を持っていたが、八尺瓊は次第にオロチに憧れを抱くようになる。そしてついに660年前、八尺瓊はオロチ八傑集の封印を解いてしまい、その罪で閉されることになる。そこに封印を解かれたオロチ八傑集が接近、草薙が八尺瓊の罪を償うために彼の妻を殺したのだとそそのかす(実際は八傑集の手で殺されていた)。憎しみに燃えた八尺瓊はオロチと血の契約を交わし、八神と名を変え、草薙復讐を誓う。以後、草薙八神は袂を分かち、660年に及ぶ争いを繰り広げる事になるのである。これが八神草薙の660年に及ぶ因縁である(ネオジオCDソフトKOF96ネオジオコレクション」収録のサイドストーリーより)。

人間にとってオロチは強大なと引き換えに遅行性のを植えつけられたようなものであり、八神の一族は代々短命。『'97』での復活寸前のオロチを受けて、吐血や「オロチの血の暴走」に苦しめられている。

現代の八神である八神庵は、同じく現代の草薙である草薙京とはライバル関係で、事あるごとに彼の命を狙っている。その因縁は660年前から続く草薙八神との対立関係とは別に、個人としての事を憎らしく思っている。

KOF'95』で初登場して以来、全てのKOFに参加している。一時の人気は主人公であるはずのをも上回り、ある意味KOFの顔とも言えるキャラである。勝利セリフの「そのまま死ね!」や三段笑い、特徴的なバンドマン衣装で強な印を与え人気を集めた。

初登場の時から完成されていたキャラクター性で多くのファンを魅了し、同時にライバル草薙京存在感をも一気に引き上げた。初登場時はテリー・ボガードリョウ・サカザキに隠れていた草薙京SNKの顔役に押し上げた、KOFシリーズの立役者と言っても過言ではない。

彼の素性はほとんどがに包まれており明らかではないが、家族には両親との3人がおり、共に健在である事を旧SNK時代にスタッフが明かしていた。なお、その家族の素性もまた明らかではない。素性の不明な彼女といい、とにかくの多い男である。ちなみに前述のスタッフによれば、幼少時は大人しい子であったらしい。彼の過去に一体何があったのか。

名の「八神」はヤマタノオロチ名前の「」は「赤毛アン)」から取られているらしい。

が大きく突き出した独特の髪型で、絵師によって結構個性が出る。『2002』のノナ絵ではを覆わんばかりの事態になっていた。

公式悪ふざけドラマCDシリーズNEOGEO DJ Station」では名前を捩った「蕎麦処・八神庵(やがみあん)」ネタが展開されていた。KOF本編ではキャラがぶれない一方で、本編を離れると関連のお遊びは結構多い。


ストーリー中の活躍



オロチ編


『'95』にて初登場。ビリー・カーン如月二とライバルチームとして登場する。彼にとってKOFを殺すついでの余程度にしか考えていなかった。EDはビリー二をフルボッコにしていた(これ以来2人に憎まれ、対戦前は掛け合いが発生するようになった)。

『'96』ではルガール・バーンシュタイン秘書だったマチュアバイスの2人とチームを組んでの出場。しかし彼女らはオロチ一族の手の者であり、的はの監視だった。はそれを見抜きながらも手駒として利用する為、黙認していた。そんなに2人とも個人的な興味を抱き、ゲーニッツに「部下になったつもりはい」と反旗を翻す。しかしゲーニッツとの戦いの直後、吐血と共に「オロチの血の暴走」を起こし、その場にいたマチュアバイスを殺してしまう。

『'97』ではエディット専用キャラとして出場。三種の神器チーム以外(例外あり)だと中ボス暴走初号機(正式には「ツキノヨルオロチノチニクルフイオリ」とやたら長ったらしい名前となる)が出現し、その後に前座ボスオロチチーム)、ラスボスが現れる。

『'96』『'97』では草薙京、八神庵、神楽ちづるの3人でチームを組んでラスボスを倒すとエンディングを見る事ができる(『'96』はNEOGEOロム版を除く庭用移植版のみで可)。


ネスツ編


『'99』では草薙京と共に隠しキャラとして出場。ハイデルンでさえ探せなかったネスツの基地を探し出す。「そこまでを殺したいか!」と言われることが多いこの描写だが、『'99』EDによればネスツはだけでなくも狙っており、ネスツ側からの接触もあったと思われる。敵の方から手掛かりを奪えるだけ、探しやすかったという事情は十分あるだろう。

2000』では草薙京彼女ユキ(この時が初対面)をネスツの戦闘員から守る。プレイヤーは意外と優しいより初対面という設定に驚いたと思われる。

『2001』ではヴァネッサセスラモンと組んで出場。何があったのか、だるそうなをしている。八神チームエンディングでは、チームメイトヴァネッサセスラモンリンチされかけるが…その後どうなったのかは不明(逆にリンチにしてそう)。


アッシュ編


『2003』では神楽ちづると組んでの出場(デフォルトでの三種の神器チーム結成はこれが初)。ちづるがアッシュ・クリムゾンを奪われたにもかかわらず、特に変わったことはないといった様子だが、内心アッシュのしたことは気に入らなかったようではある。

XI』では矢吹真吾と共に出場。血の暴走を起こした隙に、アッシュに八尺瓊勾玉(炎の)を奪われてしまう。

XII』はストーリーのない作品ではあるものの、上記の通りを奪われた設定を引き継いでいるため、切り裂き攻撃体でがんばっている。

XIII』ではの事情は『XII』と同じだが、死んだはずのマチュアバイスチームを組む。彼女たちはなぜ復活したのか…?

エンディングではが勾玉のを取り戻すと同時に別れを告げて消えてしまった。が手に掛けた2人は勾玉のオロチとは別に封印されており、アッシュを奪われた際に封印が解け、が戻った際にまた封印されたと見るのが妥当か。
また、660年の時を経て勾玉は血の契約と一体化し分離させることはできなくなっており(アッシュ紫炎を使えたのはこのため)、勾玉を放棄することで短命を始めとするオロチの呪縛から逃れられる可性も示唆されたが、は意に介さず、その宿命ごとその身に受け入れた。


新シリーズ


最新作の『XIV』では事炎のを取り戻した状態で登場。チームメンバーいつもの二人である(なぜまた彼女達が復活したのかを聞くのはもはや野暮というものだろうか)。相変わらずの命を狙う事に固執しているがタン・フー・ルーに「ホントは現状を楽しみたいからを殺す気がない」と摘されている。

エンディングではラスボスから分離したオロチの残滓をを取り戻した神楽ちづると共に全に消滅させた。オロチ絡みの案件では協体制を取るようになったのだろうか。

SNKヒロインズ』においてまさかのミスX名義でDLCキャラとして登場(しかも男性版、女性版の2タイプっているという駄に仕様)しファンを困惑させた。


性能


飛び道具の「闇払い」、対技の「焼き」、突進技の「琴・陰」とオーソドックスな技構成でバランスが取れている。『'96』以降は性が近かったが闇払いを失ったことで、の方が主人公タイプの技構成になっている。

動きが素く、強ジャンプ通常技やめくり専用技の「百合折り」を持ち、ジャンプで相手にまとわりついて何か一発刺さったら発生のい打撃技の「」に繋ぐ戦法がシンプルかつ強。攻めが継続しやすい一方で、攻撃はあまり高くない。座高が低くジャンプ攻撃をかわしやすいのも利点だが、自身もジャンプ攻撃が中心のため同キャラ戦が苦手という皮な面もある。

シリーズを通してダイヤラムでは常に上位に位置しており、連続技もある程度簡単なので、格ゲーに慣れてない初心者から上級者まで幅広く使われている。アッシュを奪われた設定であるXIIとXIIIを除けば、八稚女以外の超必殺技が入れ替わる程度で基本的な技の構成はど変わらない。


関連動画



次へ»
最終更新日: 19/12/04 13:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ