ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


内ゲバ


ヨミ: ウチゲバ
掲示板をミル!
43カキコ!

内ゲバ(うちげば)とは、

  1. 左翼団体の間で起きる暴力的な抗争。
  2. 1.から転じ、左翼団体以外の団体で起きる内輪もめ。通常暴力は伴わない。
    例:「腐女子サークルが解釈違いで内ゲバを起こした」

本項では1.について記述する。


概要


正しくは内部(ないぶ)ゲバルトと称し、ドイツ語で「威暴力」を意味するバルト(Gewaltである。日本では特に左翼学生運動の用として使われる。
本来は警察大学などのに対抗する為の暴力(外ゲバとも)を意味していたが、複数の左翼は「革命」という共通的を持ちながら、路線対立などによって党間での抗争が頻繁に起きた。これを「内ゲバ」と呼び、更に党内での暴力抗争は「内内ゲバ」とも呼ぶ。

1950年日本共産党がいわゆる「所感・武闘争を肯定)と(反・武闘争を否定)に分裂し、学生運動においても両の間で対立が起きた。これにより騒乱が頻発、それまで学生運動に対するを担う若者が憂の志を抱いて国家に立ち向かう」というイメージは急に悪化し、日本共産党も支持を失った。
支持回復を日本共産党は武闘争を否定する路線を取るが、この路線を否定する形で生まれた左翼1960年代から先鋭・過化し、更に複数の党に分裂して対立を深めていった。最初は集団での小競り合いだったが、じきに対立党メンバー拉致監禁して暴力を振るうようになった。
ゲバ棒と呼ばれる材やパイプが器として用いられ、あらゆる場所で内ゲバが横行した。大学構内、教室、食堂はおろか、卒業生の職場、飲食店、路上、下宿などが犯行現場となり、その場で殺された者も多い。

特に中核派・革労協革マル派の内ゲバは戦争と呼ぶに相応しく、1970年代にはヤクザの殺し合いが続き、報復に対する報復の泥沼に陥ったことで知られる。
一つ例として挙げると、1977年4月15日埼玉県浦和市で発生した内ゲバが知られている。革マル派の4名がワゴンで移動中、革労協の大トラック2台に挟まれて停させられた。彼らは内に閉じ込められ、ガラスを割ってガソリンを流し込まれて火をつけられ、生きたまま焼き殺された。
その2日後、革労協は犯行明をビラで配布。これは現在でも検索すれば簡単に見られるが、そこに書かれた「明」を読んで何を思うかは人それぞれだろう。

学生運動とは関係の民間人が人違いで襲撃されて死亡するという、あってはならない事も多発した。
原因となった党はそれぞれ相手を非難して非を認めなかった辺りで、色々と察しがつく。

もちろん全ての新左翼が内ゲバを推奨していた訳ではなく、第四インターなど、テロリズムそのものを否定したセクトもある。
ただし第四インターは成田空港問題の時に管制を「暴力で」占拠したり、三里塚闘争女性メンバーに性的暴行を働いたり(糾弾の上除名処分)しているので、どっちにしてもロクなものではない。

その後1972年連合赤軍によるあさま山荘事件」「山岳ベース事件」により、新左翼運動は急速に衰退。1974年の内ゲバの発生件数は286件、死者11名・負傷者607人だったが、これをピークとして件数は右肩下がりとなった。
しかし現在でも名を変えて存続する活動家によって内ゲバは思い出したように起きており、決して遠い出来事ではない。

ちなみに「ゲバルト」という言葉は、1969年から71年まで日本テレビで放送されたバラエディ番組「×前武ゲバゲバ90分!」の元ネタになっている。
一応ちゃんと意味はあり、当時から既に粗製乱造が盛んだったテレビ番組に対する警鐘として、当時頻発した内ゲバの「ゲバルト」が使われているのだが、多分今では不謹慎厨のおかげで絶対に出来ない。
なお番組自体は非常に好評で多くの流行を生み、大橋巨泉マルチタレントとしての知名度を高めた。


関連項目



最終更新日: 18/03/11 13:12
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ