ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


内川聖一


ヨミ: ウチカワセイイチ
掲示板をミル!
446カキコ!

内川聖一(うちかわ せいいち、1982年8月4日-)とは、大分県出身のプロ野球選手である。現在福岡ソフトバンクホークスに所属。

妻は元フジテレビアナウンサー長野

概要

福岡ソフトバンクホークス #1
内川聖一
基本情報
日本
出身地 大分県大分県
生年 1982年8月4日
身長
体重
184cm
90kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 外野手一塁手
プロ入り 2000年ドラフト1位
経歴
際大会
代表チーム 日本日本
WBC 2009年2013年2017年
日米野球 2014年
プロ野球選手テンプレート

大分工業高校時代に膿腫にかかり、3回手術を受けた。甲子園出場はなし。

2000年ドラフト1位横浜ベイスターズに入団。2010年オフFA宣言し、福岡ソフトバンクホークスへ移籍。

アマチュア時代は遊撃手で、プロ入り後はセカンドにコンバート。しかし一塁送球のイップスにり、2007年からは外野手にコンバートされる。さらに2008年一塁手として出場。以後チーム事情によって外野と一塁をいったりきたりしており、プロ入り以来ポジションが一定しない。ホークス移籍後は左翼で、稀に中堅右翼で出場することもあった。2016年からは一塁を守っている。

2003年には前述のアゴが頸椎を圧迫していたなど、地味に故障が多い。

2008年以降の経歴

横浜時代

2008年

佐伯貴弘に代わり一塁に定着。4割をえる打率を残すなど打ちまくり、規定打席到達後は一度も打率1位の座を譲ることなく、打率.378でセリーグ首位打者いた。

ちなみに打率.378はロバート・ローズ落合博満の.368を大幅に更新する右打者の史上最高打率、ついでに川上哲治の.377も抜いてセ・リーグ日本人選手史上最高打率なのだが、チームぶっちぎりの最下位に低迷していたこともあってあまり話題にはならなかった。なお2008年横浜勝率は.338であり、2リーグ制以降史上初の「所属チーム勝率を上回る打率首位打者」である。

2009年

WBC日本代表外野手として選出。最初は控えだったが途中からスタメン出場しはじめ、首位打者の打棒を見せつけた。特にレフト先発出場した決勝戦では好守備、得点につながる出塁など顕著な活躍をした。この活躍で観戦されていた愛子内親王様を魅了したことでも知られる。また、勝利後のテレビ局側のインタビュアーだったのが長野アナである。

シーズンでは外野手のはずだった新外国人ダン・ジョンソンが一塁しか守れないことが判明した関係でレフトを守ることが多く、リーグ2位となる打率.318、前年を上回る17本塁打を記録し3番に全に定着した。

2010年

前半戦は3番・一塁、後半戦はブレット・ハーパーの加入により1番・右翼で出場。初めて全試合に出場し打率.315、9本塁打66打点の数字を残す。

オフFA宣言し、広島東洋カープが初めてFA選手の獲得に乗り出したが、地元大分に近い福岡ソフトバンクホークスへ移籍した。

ソフトバンク時代

2011年

統一球に球が変更』、『セ・リーグからパ・リーグに移籍』などシーズン開幕前は活躍を怪しむが多く存在した。
ところがシーズンが開幕すると、3番に全に定着し、統一球などどこ吹くと言わんばかりにヒットを量産。
MVP交流戦MVPを獲得するなど大活躍。一時故障で戦線離脱したが、復帰後は再び3番としてチームを牽引。
最終的に打率.338首位打者を獲得、江藤愼一以来2人となる『セ・パ、両リーグでの首位打者となった。 

クライマックスシリーズでも第1戦で先制打を放つなどの活躍でMVPを獲得。日本シリーズでは第2戦でバットのテーピングに文句をつけられるなど最初は振るわなかったが、第3戦以降チャンスメイクして要所で繋ぎのバッティングを披露。最終戦では勝利を決定づけるタイムリーを放つなどチーム日本一に貢献し、特別賞を総取りした。

更には最優秀選手(MVP)まで獲得。
小笠原道大に続く2人FA移籍1年での受賞となった。 

2012年

背番号を「24」から秋山幸二柴原洋のつけていた「1」に変更。

開幕当初こそ快調に3割打っていたが、6月レギュラー定着以来類を見ないレベルの大スランプに陥る。打率は78打数10安打の.128間最下位)という惨状で、打率は.258まで急降下。5年連続3割も危ぶまれた。

しかしオールスター開けからは前年首位打者の本領を発揮。8月19日右手を剥離折したにもかかわらず、8月28日からスタメンに復帰してその後も打ち続け、8月間.400、9月は.386の猛スパートで見事に3割に間に合わせ、5年連続3割を達成。最終的に打率.300、7本塁打53打点157安打で最多安打タイトルを獲得し、1994年に表タイトルとなって以来初の両リーグ最多安打を記録した。

2013年

WBC日本代表に選出。しかしチーム敗退の原因となる痛恨の走塁ミスを犯す。

シーズン中は概ね好調。途中折する故障に見舞われるがそこからホームランペースが上がるという、前年と同じく「怪すると調子が上がる」という状態になった。最終的に.316 19本塁打92打点と自己最多のホームラン打点を記録した。安打数も180長谷川勇也に次ぐリーグ2位安打製造機っぷりは健在だった。

2014年

右臀部の故障を抱え、離れという診断を受け登録抹消。1ヶ二軍での調整を経た後一軍に復帰し、7月11日北海道日本ハムファイターズ戦で通算1500本安打を達成した。最終的に打率.307、18本塁打、74打点で優勝に貢献。日本シリーズMVPを獲得した。オフには日米野球にも出場した。

2015年

この年は4番打者として起用される。136試合に出場し、2年連続のリーグ優勝に貢献したが、打率は.284に終わり、8年連続3割はならなかった。
クライマックスシリーズファイナルステージでは3戦連続タイムリーと活躍し、MVPを獲得。ソフトバンク日本シリーズ進出に導いた。

しかし、日本シリーズ前に折が発覚し、日本シリーズには出場することがわなかった。チーム日本一達成の間には立ち会うことが出来、チームメイト達と共に歓喜に沸いた。オフに行われるWBSCプレミア12は辞退した。

2016年

この年は李大浩MLB移籍を受け、一塁手に転向。前年に続き4番打者に固定された。141試合に出場し、2年ぶりの打率.300を達成した他、キャリア初の100打点を記録した。
しかしチームは3年連続リーグ優勝はならず、クライマックスシリーズでは全試合で安打を打つなど奮闘したが、北海道日本ハムファイターズの前に屈した。通算2000本安打まであと104本とした。

2017年

WBC2017に、ただひとり3大会連続で代表入り。代打として起用された。

シーズンではこの年も4番・一塁で起用され打線の核を担ったが、7月23日ロッテ戦で守備時に左手を負傷、剥離折で長期離脱となり、復帰は優勝決定後の9月末、シーズン終了間際となってしまった。このため2000本安打達成は残り25安打で持ち越しに。東北楽天ゴールデンイーグルスとのクライマックスシリーズでは、同一ステージでは史上初となる4試合連続本塁打の大暴れでチーム日本シリーズに導き、3度MVPを獲得。

古巣・横浜DeNAベイスターズとの対決となった日本シリーズでは、3連勝からの2連敗で迎えたヤフオクドームの第6戦、2-3の1点ビハインドの9回裏、山崎康晃から起死回生の同点ソロホームランを放ち、11回裏のサヨナラ日本一決定に繋げる活躍で優秀選手賞を獲得した。

2018年

この年から内野手登録となった。5月9日埼玉西武ライオンズ戦で通算2000本安打を達成したが、打撃自体は開幕から絶不調で、打率は2割ちょっとの低飛行。5月に両足を痛めて1ヶ戦線離脱、6月に復帰するも調子は上がらず、8月に疲労性の体調不良で再び抹消、そのままレギュラーシーズンを終えた。皮にも内川抹消された直後から、不調だったチームは上昇気流に乗ることに。

クライマックスシリーズファイナルステージで戦線復帰。第3戦・第4戦ではスタメンにも戻り、打率.455、1本塁打、4打点の活躍で相変わらずの大舞台での強さを見せる。日本シリーズでは第2戦以外にスタメン出場。打率.118と振るわなかったが、第5戦と第6戦で、ソフトバンク移籍後では初となる送りバントを2回、いずれも鮮やかに決め、第6戦では日本一の決勝点となる先制スクイズに繋げた。

プレースタイル・人物

打撃面は長打とミートを兼ね備える好打者と言われながら、守備の不安や故障もあってなかなかレギュラーに定着できずにいた。しかし2008年首位打者を獲得して以降は毎年3割をえ史上2人の両リーグ首位打者を達成するなど、球界を代表するアベレージヒッターとなっている。

かなりのアゴである。一時期「アゴジラ」とも呼ばれていた(しかし、2006年まで同チームにさらにアゴが長い門倉健が在籍したため当初はそれほど話題にはならなかった)。お立ち台ではチームメイトアゴタッチされるのが恒例になっている。

チック

ソフトバンクに移籍後、古巣である横浜ベイスターズに対して侮辱的発言を連発。かつては2ch野球板なんJでは「内川畜一」「畜生」「チック」「ぐう畜」などとその古巣への態度が度々ネタにされていた。

ただし現在は本人が自宅にかつてのユニフォーム等を飾ってたり、2017年日本シリーズ後に横浜感謝しているとったり、当時の生え抜きや移籍してきた選手からも酷かったという事実も広まった事、親会社がDeNAに変わってから暗の雰囲気が一掃されただけでなく関係も良好な事、悪くない成績を残したにも関わらず2000試合&2000本手前で戦外にされた元横浜巨人4番のどこも獲得しない理由もあり、当時と現在ベイスターズ較として扱われる事が多くなっている。


次へ»
最終更新日: 18/11/20 20:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ