ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


内村さまぁ〜ず


ヨミ: ウチムラサマァーズ
掲示板をミル!
3カキコ!

内村さまぁ〜ずとは、インターネットで配信されている日本バラエティ番組である。通称「内さま」。
2006年スタートして以来、配信媒体を転々としながらも10年以上続いている長寿ネット番組でもある。


どうも、内村さまぁ~ずです。


内村光良さまぁ~ずの三人が出演するバラエティ番組。三人がかつて出演していた番組「内村プロデュース」と一部スタッフが共通しており、基本的な雰囲気はほぼ内Pと変わらない。しかしこちらはネット配信の番組というためか、地上波の番組よりもかなり実験的な企画が行われる事がある。

三人の冠番組だがMCゲスト芸人が担当し、ゲストMC企画に三人が乗っかる形で番組が進行する。番組の最後はゲストMC一発ギャグを披露して終わる。

番組は基本的にインターネット上で隔週月曜日に配信されており、過去回はShowTimeDMM.comひかりTVで配信されていた。
現在Amazonプライムビデオで先行配信及び全話配信されている。Amazonプライムビデオでの配信開始を機に「内村さまぁ~ずSecond」に題された。なおネット配信ということで大人の都合で既存の歌やBGMが使えない流れがたまにある。
またTOKYO MXTvkでの地上波放送もある。

本番組のDVDが「1つの日本バラエティ番組におけるDVDリリース数」としてギネス世界記録認定されており現在リリース中。


出演者



内村光良


「内さま」の「内」。
かつてはサングラスをかけていたがこの番組では眼鏡をかけて出演している。時折老眼に掛けかえる。

本番組では老化によるドジがかなり顕著であり、毎年身長が縮んでいたり片が聞こえづらくなってきたり「ドジ ドジ男」という新しいあだ名がついたりしている。転がるフラフープをくぐるチャレンジを行った時にバランスを崩し負傷した手首は数年後の現在もいまだに痛みが続いている。
またさまぁ~ずの二人ほどではないが下ネタ好きではある。しかし、放送を見たにこっぴどく叱られるためセクシー企画自体にはあまり乗り気ではない(やらないとは言っていない)。

仕事だから!」


三村マサカズ


「内さま」の「さま」の片割れ運動系の企画ではグチャグチャの膝のせいでろくに動けない。
女の子が出てくる企画ではセクハラ王として大暴走する。
喫煙者で飲み、メタボ体系のため人間ドックでは割とシャレにならない結果が出ることも。


大竹一樹


「内さま」の「さま」の片割れ運動系の企画では剣道の有段者であるため難な動きを見せる。
「食」のクイズに強い。大喜利が始まると下ネタ王して大暴走する。

肺が「      」の疑いがあると診断されたことがある。


よく出てくる企画



大自然クイズ→超大自然クイズ


辺を舞台に三人がマジメにクイズに挑戦する。
場所は屋外で照明機材を使わずに撮影するため、日没後カメラマンが限界と判断したら終了。
最下位になるとその日の打ち上げ代を自させられる罰ゲームが待っている。

高得点を期待できる「マニア10」をめぐる争いが熱い。


これができたら取っ払い!(東MAXランドシリーズ)


博がゲストMC企画。東の自な賞品が提供され、ゲームクリアしたらプレゼントされる企画。換もOK。
ただしほとんどのゲームは理不尽な東MAXルールによりクリアと判定されない。(一回勝っても「三回勝負ですから」とされる事は日常茶飯事


○○はしご旅


ビビる大木MC企画。そば屋や喫茶店銭湯などを数店続けて訪れレビューを行っていく。
結局店に気を使って高い点をつけてしまう、通称「やさしいミシュラン」。
本音を引き出そうとする大木と、都内を長距離移動するロケスタイルメンバーからあまり評判が良くないらしい。


人間ドックで体の不安を解消したい男達シリーズ


ゲストも含めて人間ドックを行い、その結果をクイズにする企画。健診は毎回下北沢トモクリニックで実施される。
番組開始時はアラフォーだったメンバー現在50代ということもあり、笑えない病気が発覚することも。

先生!!」


サンドウィッチマンシリーズ


かわいい女の子と布団を持ってサンドウィッチマンがやってくる企画。基本的に修学旅行スタイルである。


出川いじり企画


チェン内村の盟友・出川哲朗をいじる企画。ざっくりいえばドッキリである。
ドッキリ進行中の出川をこっそりモニタリングしたり、サプライズ登場の出川を出づらくさせたり、対決と称しながら出川のドジを楽しんだりする。


用語



夢の回


なんだかフワフワしていて、何をしたかよく覚えていない微妙な回の事。
#2「ぶらりタクシー途中下車」が初出。


谷の回


あまり盛り上がらなかった回のこと。「DVDになる頃には面くなる」とフォローが入ることもある。


小林D


番組スタッフ小林ディレクター内P時代からスタッフとして番組に携わっている古参スタッフの一人。元ラグビー部でかなりの巨。その体を活かして運動系の企画では内さまとゲストに立ちはだかる。


先生!


人間ドック企画にて、自身の病状に愕然としたメンバーが思わず叫ぶセリフ
元ネタゴムパッチコントでおなじみのお笑いコンビゆーとぴあ


関連動画


番組なので動画はありません。たぶん。


関連商品


■azB01M98M0NC


外部リンク



関連項目



最終更新日: 19/03/22 22:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ