ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


円谷浩


ヨミ: ツブラヤヒロシ
掲示板をミル!
18カキコ!

円谷浩1964年3月8日2001年7月24日)とは、日本の元俳優である。


概要


1964(昭和39)年3月8日東京都世田谷区出身。本名は円谷寛(読みは同じ)。

ゴジラウルトラマン等の特撮を生み出した映画監督であり、円谷プロダクションの創業者である円谷英二の実の孫である。高校卒業後に円谷プロダクションに入社、同社の芸部に所属した後、82年に「特捜最前線」でドラマデビューを飾る。

な出演作は「宇宙刑事シャイダー」「ウルトラマンダイナ」「ウルトラマンガイア」「暴れん坊将軍シリーズ」等である。詳しい出演作はWikipediaを参照。


「宇宙刑事シャイダー」について


円谷浩と言えば、特撮ファンにとって最も印深いのが、東映特撮ドラマ宇宙刑事シャイダー」である。

円谷浩円谷プロ部の売り込みで同作のオーディションに参加し、主人公沢村大/シャイダー役を狙っていた所を、脚本家上原正三に発見され、上原氏の推薦を受けて役に抜された(上原氏は円谷作品で脚本家デビューした為、円谷に対する感謝の気持ちを表す為に円谷浩役に当てる事を交換条件にシャイダーの脚本全49話を担当した)。しかし、それは円谷浩にとって過酷な日々の幕開けであり、俳優として乗り越えるべき試練の連続であった。

宇宙刑事シリーズ前2作の大葉健二渡洋史JACの本格的なスタントマンであったのに対して、円谷浩アクション俳優としてデビューした訳ではかった。その為に沢村大役に選ばれた直後に同じくオーディションに参加していた俳優吉田と共に研修でJACに1か通い稽古を受けていた(吉田はその後、シャイダー悪役官ポーを演じた)。しかし1かの研修では本格的なアクションが出来る様になれる訳がく、序盤は危険なスタントは全て吹き替えで撮影していた。この為にシャイダーギャバンシャリバンべて当時の裏事情に詳しい高年齢層の特撮ファンからの評判は芳しくなく「アクションもろくに出来ない癖にコネで役を貰った」等と厳しいを上げるファンも少なくかった。

しかし円谷浩本人はその悪評を払拭すべく、非アクション俳優と言うハンデを抱えながらも、大葉健二渡洋史に少しでも近づき追い着こうと日を欠かさなかった。自身の出番がい撮影の際はJACの稽古を受け、自トレも欠かさなかった。その努背中が傷だらけになるほど凄まじく、第19話「アニー危機」では上半身裸のシーンがあったものの、背中の傷が痛々しくて映せない為に吹き替えて貰った程である。その努甲斐あって、中盤に入ると簡単なアクションから吹き替えしで任せられる様になり、学生時代バレー部に所属していた事もあり体運動神経に優れていた為にアクションの腕前を上達させて行き、最終決戦回(48話)ではコンバットスーツを着たアクションも任される程にまで成長した。役1年間の撮影の末に、円谷浩俳優としては申し分い程にアクションが出来る様になり、その後の俳優活動の中で活かされる事となった。

宇宙刑事シャイダー」は未熟なヒーローの成長物語であったが、同時に未熟な俳優円谷浩の成長物語でもあった訳である。


その後~晩年


シャイダー終了後、様々なドラマ時代劇舞台等に出演。所属する円谷プロ製作する「ウルトラマンティガ」「ウルトラマンダイナ」「ウルトラマンガイア」に3年連続で出演し、ティガでは自身の実である円谷一、ダイナではミヤタ参謀、ガイアでは田端健二と、其々の作品で別の役を演じきった。

しかしデビューして間もない頃の俳優世界では付き合いでを飲む機会が多かった為に肝臓を傷め、体調不良を理由に2000平成12)年に俳優引退し、円谷プロ部のマネージャー業を務めていたが、翌年の7月24日、肝不全により37才の若さで死去した。

宇宙刑事シャイダー」にて沢村大の相棒である女宇宙刑事アニーを演じた元JACの女優森永奈緒美は、Vシネマ宇宙刑事シャイダー_NEXT_GENERAITION」の製作記者発表の際に「本来の相棒がここに居ないのが悔やまれます」とコメントを残している。


関連動画


■ch498

■1423211299[ニコ動]

■ch2591730
■1418375698[ニコ動]


関連商品


■azB00KD1K56K
■azB00HBPZA34
■azB00005EDSR


関連コミュニティ


■co7510


関連項目



最終更新日: 15/04/04 11:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社