ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


冬季戦技教育隊


ヨミ: トウキセンギキョウイクタイ
掲示板をミル!
9カキコ!

冬季戦技教育隊とは、陸上自衛隊所属の特殊部隊である。
通称SOU、"Cold Weather Combat Training unit"=CWCT、あるいは戦教とも。 


概要


1971年7月編成。
2011年には編成40周年を迎えた。 

に、戦闘の訓練と研究、冬季オリンピック競技の選手養成と研究、という2つの的を持つ教育隊。
ソ連の侵攻に対抗するための特殊部隊、あるいは北海道における戦闘を勝ち抜くための研究機関としての性格が強かったが、現在ではオリンピック選手を多く送り出す養成機関としての一面が多く取り上げられる。 
陸上自衛隊としては一の教育専門部隊である。 

オリンピック選手養成は、上移動の負担軽減のために行われているスキー技術研究の産物である。
オリンピック出場をしている隊員達もまた、ほかの隊員と同様に特殊部隊員としての高い錬度を保っている。 

SOUの隊員は、ほぼ全員が高度なスキー技術を体得しており、深いの中を跳ぶように動く。 
開された訓練情報映像では、隊員は、武装や食料のほか、滑降跡を消すためのなどの、しめて数十kgにも及ぶと思われる装備を背負った状態で、の中をスキーによって移動している。後に導員となるべき人間も多いため、一様にその技術は高く、また相応に身体も高い。
ソ連の侵攻への対策として重ねられた戦闘の研究・訓練によって、戦闘も非常に高い準にあると言われる。
隊員全員スキー技術を体得している部隊は世界的にも稀であり、研究を重ねた装備やその運用などの面も考慮すると、世界有数の高度な部隊であるとされる。 
現在も、特殊作戦群との合同訓練の他、米軍の寒冷地専門部隊と頻繁に技術交流を重ねている。

季専門部隊ということもあって、SBUとは対照的に、訓練で開された隊員達の姿は全身真っ白であった。

公式ページ[外部]は非常に牧歌的。


関連動画



■sm1040349[ニコ動]

「非常に重い装備を背負った状態で何十kmも歩く」「45日の訓練の間で4時間ほどしか寝ていない」など、訓練の過酷さがられている。


関連商品


■az4054043941


関連コミュニティ


冬季戦技教育隊に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 11/11/15 18:50
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ