ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


利尿薬


ヨミ: リニョウヤク
医学記事 【ニコニコ大百科 : 医学記事】
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

利尿薬とは、腎臓に作用して体内から排出される分量を増やすである。


概要


基本的に利尿薬は体内の血液量を減らして、心不全に伴う浮腫や高血圧善するために用いられる。腎臓の働きに作用するもの多いが、種類によってその作用点やメカニズムは異なる。

尿作用に関わる腎臓の部位として、糖、アミノ酸とNaイオンなどを再吸収する近位尿細管イオンを吸収するヘンレ係蹄上行脚イオンを交換、吸収する遠位尿細管、膀胱直前でを再吸収する集合がある。


炭酸脱水酵素阻害薬


アセタゾラミド(商品名:ダイアモックス)がこれにあたる。Naといっしょに近位尿細管のイオン交換系で再吸収されるのだが、そのためにはHを代わりに排出しなければならない。アセタゾラミドは近位尿細管でH生成させる炭酸酵素を阻してNaの再吸収を抑制している。

再吸収されるNaが減ることで身体がNaを蓄えたがるため、Na-K交換が進して低カリウム血症が生じることがある。またHの排出が減るため血液のpHが性に傾く代謝性アシドーシスが起こることもある。

尿作用は最弱レベル副作用も多いため、利尿薬としてはあまり使われない。現在はてんかんや緑内障としてに使われている。


チアジド(サイアザイド系利尿薬


そこそこの利尿作用を持ち、作用時間が長く降圧効果が高いため頻繁に使われている利尿薬。リクロルメチアジド(商品名:フルトラン)など、名前に「~チアジ」とつくが多い。近位尿細管で原尿に分泌され、下流の遠位尿細管に流れ着くとNa-Cl共輸送系を阻してNaの再吸収を抑制する。

Na-K交換が進して低カリウム血症を起こしやすく、高脂血症高尿酸血症、高血糖など代謝系の副作用も多い。


ループ利尿薬


泣く子も黙る最強の利尿薬。名前にフロセミド(商品名:ラシックスメタニド(商品名:ルネトロンなど「セミ」「~タニド」とつくが多い。ヘンレ係蹄上行脚でNa-K-2Cl-共輸送系を阻して原尿イオン濃度を濃くし、遠位尿細管でのイオン交換(に伴うの再吸収)を活発化させる。Na-K交換が進して低カリウム血症を起こしやすい。

作用発現がく、最強の利尿作用を持つが、作用時間が短いためその点ではチアジド系より使いづらい。腎機に悪影を与えにくいため腎障の患者に向く。


抗アルドステロン薬


Na再吸収を促進する副腎皮質ホルモンの「アルドステロン」に拮抗する。他ので問題となるNa-K交換を抑制するため低カリウム血症を起こしにくく、「カリウム保持性利尿薬」とも呼ばれるが、逆に高カリウム血症を引き起こすことがある。代表的なのがピロノラクトン(商品名:アルダクトンA)カンレノカリウム(商品名:ソルダクトンなど。

作用自体は弱いため他の剤と併用して用いられる事が多い。


ナトリウムチャネル遮断薬


リアムテレン(商品名:トリテレンがこれにあたる。上と同じくNa-K交換を抑制して作用を発揮するためするため低カリウム血症を起こしにくい。高カリウム血症を引き起こすことがあるのも同じ。


バソプレシン拮抗薬


トルバプタン(商品名:サムスカ)がこれにあたる。抗利尿作用を示す下垂体後葉ホルモン「バソプレシン」のV2受容体を遮断することで、の再吸収を要請する。


関連動画



■sm7916596[ニコ動]


関連商品


■az4498117026


関連項目



最終更新日: 17/02/09 15:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ