ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


剣術


ヨミ: ケンジュツ
掲示板をミル!
78カキコ!

剣術とは、を用いての戦闘技術である。

西洋剣術、中国剣術(術)、日本剣術など、によっての形も違えば剣術のバリエーションも多だが、本項では日本剣術について記述する。


概要


日本においては、日本刀を扱う技術である、と言い切って良いだろう。沖縄には中国式の剣術も若干伝わっているようだが、ここでは除外する。本来は居合、抜術も含めた概念だが、現在では単に「剣術」と言った場合は居合を含まないことが多い。通常二、小太刀を用いる場合、一の技術とは区別されて伝承している。


歴史


「既に代にあり。之が利用のめんとするは人間の通性である」

日本剣道史」において、山田次郎吉はこう述べている。その通りが存在する以上剣術もまた存在したはずであり、剣術の始まりは大陸から器が伝わった時であろう。が、この時代の剣術については全く伝わっておらず詳細不明である。


剣術創成期の伝説


現存する剣術流の起を遡っていくと、大体鹿島太刀八流に行き着く。鹿島太刀はもはや実態が分からず、八流に至っては実在すら怪しいとされているが、以下に概略を述べる。

なお、両者とも異説あり。

鹿島太刀
仁徳天皇の時代(四世紀頃)、人なる人物が鹿島宮に祭壇を設けて祈り、の術を授かった。これは後に「鹿島太刀」と呼称され、日本剣術の流となった。
以上が鹿島太刀伝説である。七人の官によって伝承されたため、「関東七流(鹿島七流)」と呼ばれるようになったという話もある。古くは鹿島宮に代々伝承されていたとされ、九州に赴く防人達の為に伝授された、とも伝えられる。
八流
平安時代末期一法眼(きいちほうげん)なる人物が鞍馬寺で八人の僧に剣術を伝えた。後に子である八人の僧が伝えた剣術を八流と称するようになったという。
以上が八流の伝説である。中条流や鞍馬流はこの八流を流としている。なお、研究者によっては仏教系剣術として、神道系の鹿島太刀と対させることがある。

兵法三大源流


剣術の流が成立し始めたのは、室町時代とされている。この時期にった中でも特に後世に多大な影を与えた三流を、兵法三大流と呼ぶ。

【 念流 】
弥慈恩(相馬四郎義元)を流祖とする。幼い頃を殺され門に入った念弥は、敵討ちをして修行を積んだ。後に還俗しての敵を討ち、再び門に入り慈恩と名をめた。その後諸を回って広めたのが念流である。
念流の系譜で現在まで続いている流には庭念流がある。この流儀はその名の通り、上州庭の地に代々伝えられた(江戸時代に一度失伝したけど)剣術で、足幅を広く、後足に重心をかけ、守りを体とした技法を遣う。
また、現在鹿島流の技法は、庭念流の影を多分に受けているとも言われている。
神道流 】
兵法三大流における「神道流」は、単に鹿島香取の地に伝わっていた剣術の事をすらしい。恐らくは上で述べた鹿島太刀(もしくは関東七流)の統であろう。
とはいえ、飯篠長威斎が神道流系各流の開祖の師となっていることから、一般には香取神道流のことだと解釈されることが多い。この香取神道流現在香取の地に伝わっており、日本剣術としては異様に長い組太刀に特徴がある。詳しくは天真正伝香取神道流の項を参照。
この神道流からった流儀は、鹿島流、鹿島直心影流などがある。
【 陰流 】
言わずと知れた新陰流の流。流祖である移香斎は、鵜戸神宮に参篭し、蜘蛛霊夢によって剣術の極意を悟ったと伝えられる。
ここからった流儀は、何はくとも新陰流である。そもそも陰流は上泉信綱の新陰流で大成し、そこから多数の流が立ったというのが正確ではないだろうか。新陰流と別系統の陰流が残っているとは、寡聞にして聞かない。
な陰流の技法がどのような物だったかは現在に伝わっていないが、新陰流の「飛」の勢法は陰流の形が元になっていると言われている。
なお、上泉信綱は、
「余は諸流の義を究め、陰流において別に奇妙を抽出して、新陰流を号す」
と遺している。

剣術の流派の一覧


現在伝わる流としては、以下の流がある。

の中でも分しているものや、れてくなったもの、統合したものなど、それ以外にも多くの流が存在している。

三大源流

三大源流以外


関連動画



■sm6866833[ニコ動]

■sm2316182[ニコ動]
■sm7036731[ニコ動]
■sm1217004[ニコ動]


関連商品


■az4883173410
■az4056050686
■az4056040141
■az4750202886


関連項目



最終更新日: 15/07/06 23:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ