ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


劉邦


ヨミ: リュウホウ
掲示板をミル!
226カキコ!

劉邦とは、古代中国漢王朝の初代皇帝

字は季、号は太祖、諡号は高皇帝

顔師古先生などの容姿に関する諸注によると、顔立ちは彫りが深く、面長でと口ひげが美しかった。そのため呂后のに気に入られ、よく働く美人(ただし中国史上でも随一のヤンデレ)嫁を得て、働かせてヒモをやっていた。

つまり※ただしイケメンに限る古代であってもそう。夢も希望もありゃしねえ。


概要



「高祖」について


彼の号は太祖であるが、『史記』では「高祖」と呼ばれている。これは高祖という号自体があるいは殷王からあるもので、司馬遷あるいは彼が引用した書物の著者または写本者が諡号の高皇帝から誤って類推あるいは転記してしまったものだろうが、このせいで日本ばかりでなく中国でも広く「高祖劉邦」と呼ばれることになってしまった。


挙兵~漢中王


元はの下級役人であったが、項梁の反乱に同調し、挙兵。中原の制圧に貢献して義らに評価され、南陽経由で関中を攻める別働隊を率いる将となる。項羽とともに首都咸陽に進撃し、項羽より先んじて咸陽を制圧した。しかし、そのことで項羽の不満を買い、論功行賞では咸陽を含む関中から西の中・へと左遷させられてしまう。

中を得た劉邦は王となったが、当時の中は地であり、そこにいくことを拒み、劉邦の下から逃げ出すものも多かったという。


楚漢戦争


中に封ぜられ、中原への出口を三(滅ぼされたの生き残りが封ぜられた)と過酷な山に塞がれてしまった劉邦であるが、韓信を得たことによって項羽と再び戦うを得、三を破り中原に出ることになる。

戦争では項羽の圧倒的な戦の前に何度も敗北するものの、最終的には人々の心をつかむことに成功した劉邦が下に項羽を追い詰め、四面楚歌という精神攻撃で最終的な勝利を手にすることになる。


漢王朝成立


項羽を下した劉邦は諸侯に認められ、皇帝に就任することになる。

ここに漢王朝が成立し、以降一度は新によって断絶するもののその後復活し、400年にわたる統一王太祖となるのである。


皇帝就任後の劉邦


各地で起こる反乱や、時には匈奴への親征も行った。冒頓単于には見事にボコられたが…

政権末期疑心暗鬼からの粛清を行ったとよく言われるが、それは正確ではない。実際に彼が史書上で疑心暗鬼を示したのは蕭何に対するものだけであり、韓信らの粛清に関してはむしろ首謀者は呂后と蕭何らであり、綰は討伐自体が劉邦が危篤の際に出されており、また綰が劉邦が死ぬまで劉邦を信頼していたことからも呂后の謀略の疑いが強く、王信に関しては本人の匈奴への内通疑惑が大きく、英布の義で長沙王でもあった芮に至っては武帝時まで王号を保っている。


評価


中国の王朝の中でも特に重要とされる漢王朝太祖であり、中国歴史上でも皇帝のお手本とされる。

唐代などでは「武」といわれてどこぞの人材ヲタクと同列の評価を受けていた。

また、部下の進言を取り入れることが多く、そのため自分の才を活かしたいという多くの人材を得ることに成功している。本人も自分よりも部下のほうが優秀であることは認めており、韓信張良・蕭何の三名に対しては自ら言及して各方面において自分より優れていることを認めている。

死ぬ間際になっても自分の死後の人材の有効活用法を妻に言い残し、その通りになったという逸話も残っており、人材を見抜き、活かすことに長けた人物であったことが伺える。


逸話



わしのほくろは72個まであるぞ!


劉邦の太ももには72個のほくろがあったといわれている。

72と いう数字は当時の一年である360日を五行説の5で割った数字で、古代中国において特別な数字とされており、偉大な存在の拠といわれている。

現代でも72という数字は何かと取り上げられることが多い。

現代でも72と いう数字は何かと取り上げられることが多い。


こまけえこたぁいいんだよ!!


首都である咸陽を落とした劉邦は民衆をがちがちに縛っていた法律を撤し、「怪をさせるな、殺すな、盗むな」という単純な法律のみを敷いた。

後には再びきちんとした法律が敷かれることになるが、この単純さが民衆には受けたといわれている。


言うことを聞いた結果がこれだよ!


前述したとおり、劉邦は部下の進言をすぐに取り入れる。その進言が正しいものであればいいのであるが、時に誤った進言を取り入れてしまうことがあるため、失敗することもある。

関中を項羽に先駆けて制圧した際にも、部下の「関中は劉邦様のもの。項羽は関中に入れないほうがいいです」という進言を聞き入れて、項羽軍を関中に入れなかったため、項羽激怒項羽を阻むはずの関などは簡単に突破され、危うく項羽軍に撃破される寸前まで陥った。


これから毎日桟道を焼こうぜ


劉邦が中に入るにあたって、中原に至るための木でできた桟をすべて焼いてしまった。

これは張良の進言によるものであり、すでに中原には興味がないというアピールをするためのものである。


子供は投げ捨てるもの


項羽に破れ、家族を連れて逃げることになった際に、家族の乗ったを軽くするために自らの子供を次々にから投げ捨てた。

劉邦が子供を投げ捨てるたびに臣が拾い、また劉邦が投げるという永久ループが行われたといわれている。


小説・漫画・ゲームでの劉邦



司馬遼太郎「項羽と劉邦」


人から摘されたり馬鹿にされた時、まるで虚のように己をくしてしまい、その者に教えを乞う。そんな姿勢が張良韓信など参謀の心を惹きつけていく。またよくある君とは違って、常に最前線で危険にされながら戦っていく姿が兵士や武将たちの心を掴んでいく。劉邦という人物の魅が常に具体的に表現される。

時に淫行にふけり、愚者として振る舞うときもあるが決してその本性まで愚者ではなく、時に非常に冷で人を観察することがある。これは若い時に地元民からチンピラ扱いされて迫されていたことからとする。項羽の死でこの作品は終わるが、余談として統一後の劉邦の忠臣粛清についてもわずかに書かれている。


横山光輝「項羽と劉邦」


んもう…わしをこんなに心配させおって…。

ちなみに項羽と劉邦の作中では中心人物という都合からか、子捨て事件がカットされている。
が、横山光輝「史記」ではしっかりと描かれていた。


光栄「項劉記」


全武将最高の統率99を持つ。実際彼自身は兵士の統率はそれほど高くないのだが、このゲームは魅というステータスいのでこのようなで落ち着いている。その他の戦闘56、用兵67、体67とまずまずである。


コーエー「三国志」シリーズ


「いにしえ武将」という隠し武将として三国志より登場。魅は他のどの三国志武将も持っていない100を誇る。ただし他のは史実のよろしく4050台とイマイチ三国志11では特技「強運」を持つ。これは戦争で絶対に死亡・捕縛にならないという、何度も負け戦で死線をかいくぐった劉邦とよくマッチするものである。


関連動画



■sm3099029[ニコ動]

■sm9062791[ニコ動]
■sm5625761[ニコ動]
■sm5935157[ニコ動]


関連商品


■az4101152314
■az4267015791
■azB0011E0BXU
■az419892337X


関連項目



最終更新日: 15/05/04 10:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社