ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


功名が辻


ヨミ: コウミョウガツジ
掲示板をミル!
12カキコ!

功名が辻とは、

  1. 山内一豊の妻・千代(見性院)を主人公にした司馬遼太郎歴史小説
  2. 1.を原作とする、2006年1月8日から12月10日に放送された45NHK大河ドラマ

本項では、に2.について解説する。

 


概要


脚本は連続テレビ小説「ふたりっ子」などの作品で知られる大石静。司馬遼太郎原作大河ドラマ1998年の「徳川慶喜」以来8年ぶり。上記の原作小説ベースに、「国盗り物語」「関ヶ原」など、その他の司馬遼太郎戦国時代を扱った歴史小説ストーリーに盛り込んでいる。ドラマの途中でしばしば「話は遡るが~」とナレーションが入り、しばしば他の話題に転換するなど、司馬遼太郎の作再現した演出もところどころで見られる。

大石静は大の大河ドラマファンでもあり、司馬遼太郎の作品以外にも「信長 KING OF ZIPANGU」「おんな太記」への過去大河ドラマへのオマージュ要素も多い。なお、関ヶ原の合戦の戦闘シーンはほとんど2000年の「葵徳川三代」の映像を流用している。そのため、時々津川雅彦が演じた徳川家康も(画面では非常に小さいが)映っている。

なぜか2010年の「龍馬伝」と共通するキャストが多い。一豊役の上川隆也中岡慎太郎、六太役の香川照之岩崎弥太郎、吉兵衛役の武田鉄矢勝海舟斎役の近藤正臣は山内容堂といった具合である。また、玉木宏2008年の「篤姫」で坂本龍馬を演じた。

ドラマ版の千代は、幼少期の戦乱で両親を失ったことから一応反戦思想を持っているが、「利家とまつ」「天地人」のような極端で露な言動はない。千代竹中半兵衛に慕われていたり、千代が仲がよかったりするなど、主人公歴史の中心に顔を突っ込む点が「利家とまつ」と較されることがあるが、こちらも時代劇として許容範囲内ではある。また、原作オリジナルキャラクターである六太や小りんには新たな設定やドラマ独自の展開が作られ、原作よりも深く掘り下げられている。さらに、原作では土佐入後は唐突に暴君と化した一豊についても、序盤の純青年から出世と共に、時には汚れ役を請け負いながら清濁飲み込んだ老練な武将へと変化させており、原作が連載当時批判されていた部分もいくつか善されている。

音楽1996年大河ドラマ秀吉」の小六次郎が担当。OP曲は秀逸との意見が多い。揮はピアニストとしての活躍が最もよく知られるウラディーミルアシュケナージ。オープニング映像では、千代と一豊を徴するような二本の糸を中心に、CG映像再現した屏絵図や絵がまぐるしく描かれている。転調や変拍子が頻繁にあり、歴代大河ドラマOP曲の中でも特に難易度が高い。


キャスト・人物紹介


千代仲間由紀恵
本作の主人公。戦災孤児となり、実家である不破を頼る途中で一豊と出会う。稲葉の戦いの最中に再会して、間もなく結婚した。ドジっ子食いしん坊、そのうえ涙もろく泣きだが、陽気で機転が利くので山内の皆からされている。裁縫と節約術が得意で、その才寧々からも一置かれるほど。
山内一豊上川隆也
千代の夫。武将としてのはほぼ均(あるいはそれよりちょっと上)だが、持ち前の実直さで信長秀吉家康の三英傑全てに仕えたサラリーマン武士秀吉から浅井長政の遺児・万福丸の刺しを命じられて執行するなど、戦いの残虐さを十分に理解している。朝倉との戦いで顔にが突き刺さる瀕死の重傷を負い、よく見ると死ぬまで傷跡が残っている。
兵衛武田鉄矢
一豊の重臣。史実の吉兵衛は一豊より年下だが、原作ドラマでは一豊の父親代わりの老臣として描かれている。説教ばかりするのが玉に瑕だが、一豊と千代を優しく見守り続ける。賤ヶ岳の戦いの直前、伊勢亀山を攻撃する時に、獅子奮の働きを見せるが深手を負い、一豊に看取られながら息を引き取った。大の坂本龍馬ファンで有名な武田鉄矢は、下士を差別した山内しく嫌っており、当初は辞退していたが、土佐入り前に戦死する役柄であるため、了承したという。
江新右衛門前田吟)
一豊の重臣。吉兵衛と共に、浪人時代から一豊を支え続ける。高齢を理由に隠居したが、一領具足の粛清時に嫡男・新一郎を失う。
山内康豊玉木宏
一豊の織田信長に敗死したことから、に仕えず諸を流浪していた。本能寺の変の直後、閉されていたガラシャに命を救われ、これを機に山内に帰参する。関ヶ原の合戦では西軍の人質にされそうになったガラシャに脱出を勧めるがわなかった。
法秀尼佐久間良子
一豊の。なかなか出世できずにいらだつ一豊を叱したり、大地震を失い悲嘆に暮れる千代を励ます山内の精的支柱。佐久間良子1981年大河ドラマ「おんな太記」で、秀吉の妻・ねねを演じた。
不破津川雅彦
千代の養。身寄りのない千代を引き取り、が子同然に可がる。千代が一豊と結婚する際、十両金子山内の大事な時に渡すように助言した。
よね森迫永依
一豊と千代の一人内ヶ島氏理の一族郎党が全滅したことでも有名な、天正大地震で命を落とす。
湘南三浦
長浜で捨て子だったところを千代に拾われた一豊の養子。実子ではないため後継者から外されて出、一豊の死後京都移り住んだ千代護した。
香川照之
千代幼馴染千代の最期に立ち会い、終生千代を影で守り続けることを誓う。甲賀のびとなり、時には一豊の仕える織田とは敵対しながらも、一豊・千代夫妻に全の情勢を伝え続けた。関ヶ原の戦い後、自ら一領具足の謀殺という汚れ役を志願し、事が終わるとを飲んで自害した。「龍馬伝」の岩崎弥太郎が史実以上に貧窮してるのは、必要悪とはいえ前世の報いとも…
小りん長澤まさみ
太の仲間の甲賀び。一豊に興味を持ち、一夜を共にしたりの戦いで遭難したところを救うなど、六太とは別に独自で暗躍する。原作ではいつの間にか姿を消すが、ドラマでは偵察に行った三木秀吉の兵糧攻めに遭い、巻き込まれて失明する(元ネタは上記の「おんな太記」)。
織田信長舘ひろし
一豊の最初の君。一豊が秀吉の麾下に配属されたため直接関わることは非常に少ないが、えでは名を用意した一豊を褒め称えた。並外れたカリスマと狂気を持つエキセントリックな人物として描かれ、その恐ろしさから2chでは畏敬を込めて「さま」と呼ばれた。本能寺の変では西部警察ばりの銃撃戦を繰り広げるが、満身創痍になって息も絶え絶えになりながら自害して果てた。
(和久井映見)
信長の正室。明智光秀とは幼馴染であったため、微妙な関係にある。徐々に独裁者と化する信長の考えが信じらなくなるが、それでも本寺では夫を見捨てず殉じた。
(大地央)
信長。育ちのよさゆえ、少々世間知らずなところもあるが好奇心旺盛で、ぎ先の近江について出身者である千代に問い訪ねたこともある。本人の描かれ方はほぼこれまで通り。
足利義昭三谷幸喜
室町幕府最後の将軍信長の傀儡にされることを嫌い、信長包囲網の謀略をり巡らしたため、信長の怒りを買ってを追放される。その後もしぶとく活動していたようで、本能寺の変信長が死ぬと大喜びした。出番は少ないが、三谷幸喜の圧倒的な存在感で強インパクトを残した。
明智光秀坂東五郎
足利義昭の配下を経て、信長に仕える。朝廷などの古来の伝統を重んじるため、それらを破壊して自ら王にならんとする信長に不安を覚えるようになる。逆賊の汚名を被ることを承知で、差し違えるように信長を本寺で討ち、自らもまた滅びのを歩んでいった。
細川幽斎近藤正臣)
明智光秀の盟友。光秀が謀反を起こすと、細川を守るために袂を分かち、秀吉に臣従する。近藤正臣は1973年大河ドラマ国盗り物語」で明智光秀を演じている。
ガラシャ長谷川京子
光秀細川忠興の正室。上述の康豊を助けた話以外は、ほぼ史実通り。但し、夫の忠は特に病んではいない。
豊臣秀吉(柄本明)
一豊の二番君。美濃攻めの頃から、信長から一豊を配下にもらい受ける。したたかで抜けのない謀略としての一面が特に強く描かれており、信長の死後天下統一の為には家族をも犠牲にしていく。若い頃はそのひょうきんな性格から千代にも好かれていたが、晩年は碌しきった老害と化し、に恨み言を浴びさせられながら息絶えた。
寧々浅野ゆう子
秀吉の正室。千代の上的な存在で、世話好きで面倒見の良いこれまでの人物像にべ、ドライな性格となっている。秀吉からは「おかか」と呼ばれているが、これは「おんな太記」で秀吉寧々を呼ぶ時の称である。
永作博美
秀吉の側室。の敵である秀吉に心許さず、周囲に対して高慢な態度を振るうことが多い。三成に対して特別な感情を抱いている節がある(「江〜姫たちの戦国〜」では関係が逆転している)。大阪では秀頼に自害を促されたが拒否したため、側近の大野治長に刺し殺された。
豊臣秀次成宮寛貴
秀吉の甥。原作では一豊に内心馬鹿にされている暗君であるが、ドラマでは賢明ながら後継者争いに巻き込まれた悲運の青年武将と正反対の人物像になっている。幼い頃一時期ではあるが千代に養育されたため、一豊・千代夫婦とは昵懇の間柄。関白を退く代わりに朝鮮出兵を止めるよう秀吉に諫言したため、その怒りを買って自害に追い込まれる。
竹中半兵衛筒井
秀吉の軍師。千代とは美濃に住んでいた頃から長い付き合いであり、不破は半兵衛千代婿にしようと考えていた。秀吉稲葉攻略に協すると同時に、千代と一豊を引き合わせるように手はずを進める。三木攻めで倒れた際、千代のことを好いていたと告白した。
石田三成中村之助)
五奉行の一人。生で直言も辞さない性格のために、周囲からの誤解と轢を生みやすく、一豊も当初は苦手としていた。豊臣を守るための大義を何よりも大切にしており、家康や一豊も敵ながらその姿勢を評価していた。司馬遼太郎の「関ヶ原」の三成像に近い。
堀尾吉晴生瀬勝久
秀吉臣で一豊の同僚。時々一豊と一氏の言い争いを仲介してなだめるなど、温厚な人柄で「の茂助」と呼ばれた。但し、個性的な演技が得意な生瀬にとっては、少々役不足の感が否めなかった。
中村一氏田村淳
同。一豊や吉より少し若い年代のためか、直動的で出世への意欲も強く、二人に対してライバル意識を燃やしている。
前田利家唐沢寿明
秀吉の盟友。2002年大河ドラマ利家とまつ」では役として利を演じていた。当初ドラマでは未登場の予定だったが、上川隆也との共演がきっかけで、第39回のみ特別出演した(ちなみに、この回は最高視聴率を記録している)。
徳川家康西田敏行
一豊の最後の君。従来通りの耐強く、なおかつ老獪な親父として描かれた。飄々とした雰囲気を全体に漂わせており、関ヶ原の合戦では自分と同世代の武将がほとんどいなくなってしまったことを一豊にぼやいた。西田敏行は、「おんな太記」では豊臣秀吉役、「葵徳川三代」では徳川秀忠役を演じており、今回満を持しての家康役であった。
徳川秀忠中村
家康の嫡男。最終回のみ登場。秀忠役は1985年の「真田太平記」以来、西田敏行との親子(しかも共に徳将軍)役での共演は1995年の「八代将吉宗」以来となる。
老商人北村和夫)
安土城下で商いをする老翁。名に相応しい人物を見定め、千代へそくりである十両を持ってきた一豊にを売った。大河ドラマの常連俳優だった、北村和夫の最後の大河ドラマ出演作。

関連動画



■sm7823513[ニコ動]

■sm9784953[ニコ動]


関連商品


■az4167663155
■azB000F072II
■azB000MRNX0K
■azB000EZ8C7Y


関連項目



最終更新日: 14/07/20 23:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ