ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


加東圭子


ヨミ: カトウケイコ
掲示板をミル!
6カキコ!

加東圭子(かとう けいこ)とは、「ストライクウィッチーズ」の登場人物である。アニメ未登場。
あだ名は扶桑では「ヒガシ」、アフリカ配属後は「ケイ」。 


プロフィール


※複数の記述のある項については、特記のない限り
 「1937年(『ストライクウィッチーズ零』) / 1942年末(『ケイズ・リポート』) / 1944年(『キミとつながる』)」
 の順に並んでいる。


モデル


モデルはノモンハン事件で活躍した陸軍航空隊のエース加藤正治。
1941年、関東軍特種演習中に事故死した。撃墜数23。 


容姿・人柄


くせ毛(っ毛)でショート黒髪を持ち、軍では巫女服様の陸軍ウィッチ制服を着用する。
ともに通常は色で描かれるが、これはアフリカ砂漠での長期間の活動により色素が抜けたため。 

固有魔法を活かした遠距離狙撃を得意とし、扶桑事変では参加ウィッチ中最高の23機撃墜をマークした。

もともと快活で人当たりがよく、アフリカ配属後は「アフリカマルセイユより相当年長(8歳差)なのもあって頼れる隊長あるいは「書類戦争魔女」として活躍している。アフリカ配属前の一時期、退役して戦場カメラマンをしていた時期もあることから世慣れしており、ロンメルやモントゴメリーなどアフリカ防衛に当たる各部隊指揮官との折衝や補給確保のための様々な裏技にその経験を活かしているようだ。論撮影技術も高く、ライカ用している。


経歴


多くの扶桑ウィッチと違い、扶桑事変より前から士官学校に入り、卒業して陸軍少尉に任官した経歴の持ち
1937年の扶桑事変においては陸軍飛行第一戦隊の一員として大陸派遣され、ウィッチらと共同でなど大陸扶桑圏を守ることとなる。

この戦いと最終局面の扶桑での決戦の結果、彼女は連続6機撃墜、撃墜数23扶桑事変の参加ウィッチではトップの撃墜数を誇ったが、扶桑事変戦勝記念式典で危険な曲技飛行に挑戦したあげく墜落し、生死のを彷徨うほどの重傷を負ってしまう。結局、入院中に彼女は魔減衰がはじまる20歳を迎えることになった。

退役した彼女は従軍記者を志し、時に第二次ネウロイ大戦が勃発していた欧州を飛び回り、前線で戦う多くのウィッチを取材。そんな中の1942年、戦況の悪化もあり祖国扶桑導教官として復帰しようと復帰届を出したところ、偶然取材でアフリカにいたために大尉としてアフリカ派遣独立飛行中隊を揮するよう命じられてしまう。

彼女は同時に派遣されてきた整備中隊と稲垣真美軍曹とともに「アフリカハンナ・ユスティーナ・マルセイユのいる基地に居候し、そのままマルセイユ(当時中尉)の提案で結成された統合戦闘飛行隊『アフリカ指揮官を務めることとなった。

アフリカ時代では既にシールドれないことからネウロイっ向で戦うことはないが、それでもストライカーを駆って前線揮を執り、ついでにマルセイユ写真も撮っている。エディタ・ノイマンカールスラントJG27とも協同してネウロイの攻勢に対処し、1945年マルタ攻略作戦でも支援攻撃を担当、マルセイユを援護した。


交友関係


同じ扶桑陸軍航空ウィッチ穴拭智子加藤武子の二人は「扶桑三羽」として江藤敏子揮下で活躍した仲。「ヒガシ」と呼ばれていたのは、「フジ加藤武子と同じ「カトウ」で紛らわしいためである。穴拭智子には「狙撃では映像映えしない」という理由で宣伝映画扶桑閃光」の役を奪われた格好になったがそのわだかまりは既にく、また加藤武子には後に用することとなるカメラの扱いと撮影法を学んだ。同じ部隊では他にも戦友であるが、扶桑香はアフリカの「ヒガシ」からろくに連絡も来ないと愚痴っている。

扶桑事変関連では、ともに大陸を守った北郷章香坂本美緒などウィッチとの交友もある。坂本美緒とは後に欧州で再会した。宮藤芳佳宮藤清佳には、式典での墜落時に治癒魔法により命を救われている。

アフリカ配属後は統合戦闘飛行隊「アフリカ」の面々のリーダーとして活躍しており、「扶桑閃光」を見た後に戦史を調べて子の事を知った稲垣真美の憧れの対でもある。また、アフリカでの戦闘を経て、エディタ・ノイマンのような現地のカールスラント軍部隊にも知己を得た。

その人当たりの良さゆえアフリカでの交友関係は広く、KAK(カールスラントアフリカ軍団)ロンメル将軍を始めとする各高級軍人とも対等に渡り合う。カールスラントブリタニア、ロマーニャなどアフリカ戦線の各軍に佐官将官問わず様々なコネを持ち、互いに物資や弾薬の補給に便宜を図るなど、連携して北アフリカを守っている。

その他、従軍記者として各ウィッチを取材に訪れており、負傷入院中のグンドュラ・ラル中尉行方不明になる前の諏訪寿々中尉インタビューした経験もある。


登場


な登場は鈴木貴昭野上武志らの準公式同人誌アフリカの魔女シリーズにおいて。
その後公式コミック化され、ライトノベルとして『アフリカの魔女 ケイズ・リポート』が刊行されている。「ケイズ・リポート」の「ケイ」とは子のことで、物語は基本的に子の一人称で進行する。

その他、扶桑時代の彼女コミックストライクウィッチーズ零』に登場しているほか、「キミとつながるシャーリールッキーニ回でも登場。口は災いの元。

アニメには登場こそしていないものの、2期第8話におけるマルタ攻撃作戦支援攻撃に参加していたことになっており、公式ファンブックショートストーリーでその際のことが描かれている。その後のエーリカ・ハルトマンマルセイユ決闘も撮影していたようだが、そのフィルム第501統合戦闘航空団ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ中佐ケツにより破棄されたとかなんだとか。


余談


垂れている[要出典]

墜落後の入院中に手記「来た、飛んだ、落っこちた」を執筆。後にアフリカ稲垣真美の手によってやたら美文調のカールスラントに訳されてロンメルマルセイユらの前で朗読され、彼女は恥ずかしさに辟易することとなった。

年齢は登場済みの全ウィッチ北郷章香に次ぐ二番アンナフェラーラほか前大戦期の人物を除く)で、現在2名しかいない1910年代生まれの一人。というか「軍北郷章香とは僅か一年差でしかない。にもかかわらず45年のマルタ奪還作戦時にも最前線にこそ立たないものの出撃している。いろいろと心配である。


関連動画



■sm16757799[ニコ動]

■sm11068368[ニコ動]


関連商品



関連コミュニティ



関連項目



最終更新日: 18/07/16 23:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ