ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


加藤清澄


ヨミ: カトウキヨスミ
掲示板をミル!
71カキコ!

(ここでは漫画の登場人物について解説しています。生放送主については「加藤清澄(生放送主)」を参照) 


加藤清澄とは、板垣恵介の格闘漫画バキシリーズの登場人物。

TVアニメ版でのCVは室園丈裕(第一作)、勝杏里(第二作)。OVAでは田中和実


概要


心会空手三段、愚地独歩の子のひとり。「心会のデンジャラス・ライオン」の異名を持つ。にはまった空手を嫌い心会を離れ、裏社会でボディガードをこなし実戦空手を身につける。心会には後に復帰。なんだかんだ言いつつ独歩への忠は篤い。

シリーズ最初期からの登場人物のひとり。最初はいかにも刃牙ライバルになりそうな雰囲気で登場したが、刃牙チャンプに君臨する地下闘技場に案内された際に驚きまくったことが原因でそのまま格闘漫画お約束である驚き役のポジションに収まってしまった。 

最大トーナメント編では1回戦でJr.に乱入され、挑みかかるも軽くあしらわれた挙げ句、刃牙アンタじゃ理だ、がかわる」と言い放たれる。逆上した加藤Jr.に挑みかかるが、あえなく一撃でKOされた。その後、一触即発となった刃牙愚地克巳の間に割って入り、「この人はオレと違ってちゃんと上まで登ってくる人だ」と大したダメージを受けた様子もさそうに同門のを持ち上げてみせるが、結果は負傷欠場扱い。そのまま本部以蔵の解説のリアクション役に収まる。少なくとも1回戦突破時のよりは明らかダメージが少なそうであるのだが…。

ただ、加藤が驚かないと本部の解説が生きてこないので、作品の構成上仕方なかったのかもしれない。

続く死刑囚編では愚地克巳暗器の利用を伝授して師匠」と呼ばれるという予想外の登場をしたが、その場で師である独歩に「空手としての美意識が足りない」と否定されてしまう。己の正しさを明するべく逃走した死刑囚・ドリアンを追って戦いを挑む加藤だったが、グラップラーの勝ちたいと言う欲求を巧みに利用した催眠術を破れず敗北瀕死の重傷を負わされ病院送りに。サンドバックの中から変わり果てた姿で発見されるシーンには衝撃を受けた人も少なくないだろう。

その後、独歩らによって追いつめられたドリアンの元に意識不明のまま運ばれ、闘争本だけでドリアンに立ち向かい敗北宣言をさせる、が。それもドリアン作戦の一つで、結局ドリアン勝利する事はわなかった。その後は加藤本人がかと闘うというシーンく、勇次郎と闘うと決めた刃牙に驚いたり、心会の一員としての対ピクル戦を応援したりと、背景キャラモブキャラとしての出演にとどまっている。

名前の由来は作者自衛隊時代の先輩らしい。

作者は尊敬するスポーツ選手をたびたび作中に登場させては散々なに会わせているので、そうとう尊敬する先輩なのだろう。


関連動画



■sm172050[ニコ動]


関連商品


■az4253213510
■azB000GBEWXE

関連項目



最終更新日: 18/08/20 21:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ