ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


加賀恭一郎


ヨミ: カガキョウイチロウ

加賀恭一郎(かが きょういちろう)とは、東野圭吾推理小説に登場する刑事

ガリレオシリーズ湯川学と並ぶ東野作品の名探偵加賀の登場する作品についても本項で記述する。


概要


初登場は東野圭吾の第2作『卒業』(1986年)で、このときは国立大学に通う大学生。『眠りの』(1989年)で捜一課の刑事として再登場し、以降『どちらかが彼女を殺した』『悪意』『私が彼を殺した』『をもうひとつだけ』『』『新参者』『麒麟』『祈りの幕が下りる時』に登場している。所属は警視庁一課(『眠りの』『悪意』)→練馬署(『どちらかが彼女を殺した』~『』)→日本橋署(『新参者』以降)。

大学卒業後、2年間教師をしていたが、とある事情で教師を辞め、確執のある父親と同じ刑事へ進む。剣道六段で全日優勝者。趣味茶道クラシックバレエ鑑賞。30代後半ぐらいで独身大学時代の同級生プロポーズしたが玉砕したらしく、『眠りの』では事件関係者のひとりに惹かれたが……。

長身肩幅が広く、彫りの深い顔立ちで、煙草を吸わずいため笑うと爽やかに見えるらしい。寡黙だが情が深く、特に『』以降は事件のだけでなく、その背景にある人間関係の問題も解決しようと努める。

教師を辞めた事情については『悪意』で、との確執については『』で、母親については『祈りの幕が下りる時』でそれぞれられる。

初期はフーダニットを突き詰めた『どちらかが彼女を殺した』『私が彼を殺した』のような、遊戯的な本格ミステリ色の強い作品にも登場していたが、現在は『新参者』のように、本格ミステリと人情話を融合させた作品で探偵役を務める傾向にある(東野圭吾の作自体がそっち方面に流れているせいもあるが)。

1993年に『眠りの』が2時ドラマ化された際には山下真司が演じた。『新参者』が「このミステリーがすごい!」で1位を獲って以降は東野圭吾を代表するキャラクターとして認知度が高まり、2010年に『新参者』がドラマ化されて以降は『新参者シリーズとして阿部寛が演じている。


登場作品


  1. 卒業1986年
  2. 眠りの1989年
  3. どちらかが彼女を殺した1996年
  4. 悪意1996年
  5. 私が彼を殺した1999年
  6. をもうひとつだけ2000年) ※短編集
  7. 2006年
  8. 新参者2009年
  9. 麒麟2011年
  10. 祈りの幕が下りる時2013年
  11. 希望の糸2019年

全作品、講談社から刊行(『悪意』単行本のみ双葉社刊)。最新巻の『希望の糸』以外の作品は講談社文庫で読める。それぞれ物語独立しているので、どこから読んでも、どんな順番で読んでも概ね問題ないが、強いて言えば『眠りの』はい段階で読んでおいた方が良い。また『祈りの幕が下りる時』は『新参者』を読んでからの方がいいだろう。

『どちらかが彼女を殺した』『悪意』『新参者』の3作は特に東野圭吾の代表作にも挙げられるので、そのあたりから入るのがオススメ。また『祈りの幕が下りる時』は第48吉川英治文学賞を受賞している。

なおWikipediaなんかには『学生殺人』に加賀ゲスト出演しているとか書かれているが、実際は登場しない(「彫りの深い顔立ちのつきの鋭い刑事」は出てくるが、彼は香月という名前で加賀とは別人)。『卒業』と舞台となる大学および周辺が同じで、同じ喫茶店が登場するだけである。


関連商品


■az4061844407
■az4061851306
■az4062645750
■az4062730170
■az4062733854
■az4062736691
■az406276444X
■az4062776286
■az4062777665
■az4062934973
■az4065148944


関連項目



最終更新日: 21/02/23 02:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ