ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


加賀愛


ヨミ: カガアイ
掲示板をミル!
58カキコ!

加賀愛(かが あい)とは、漫画さよなら絶望先生』の登場人物である。

担当声優後藤沙緒里


私のようなものの記事があっては、大百科の価値が下がります!


加賀愛

他の記事で勝手にリンクられて、ユーザーさんに不愉快な思いをさせますよね!

こんなつまらない記事でサーバーにも負担をかけて、運営さんもご迷惑ですよね!

本当にすいませんすいません!!

概要

常に自分がかに迷惑をかけているのではないかと心労し、ことあるごとに謝罪を繰り返す加妄想少女

原作での初登場は他キャラクターべてかなり遅めで、第55

「私が前面に出たら人気が下がってみなさんに迷惑かけますから!」

その性格を反映して登場機会は少なく、登場したとしても大抵の場合はモブとしてコマの隅に描かれるのみ。

[画像を見る]

見たの特徴としては、ツリ目と、それとは対照的に八の字形に下がった、左泣きぼくろ、後頭部で1本に結わいたおさげ等が挙げられる(右図参照)。

但し、泣きぼくろ原作者が描き忘れることがままあり、きっちりしなさいと言わざるを得ない。また、アニメ版もそれにならって泣きぼくろを描かないままリリースしていたりする。

初登場からすでにそこそこのファンがいたが、第98話をにして本キャラクター好者が増大した模様。

単行本13巻においては裏表カバー裏を飾り、追加ページで石頭を披露、俗・撰集では表表を飾る等、出番が増えるかに思われたが、結局は出番はあったりなかったり。おさげしか描かれていない時もある。

ネガティブ思考の望と思考が合うのか、望に誉められたり同意しあう場面が非常に多い。

謙虚な心と慈の魂を以て絶望世界を駆け抜ける、清純ヒロインであり、アクの強い個性を前面に押し出したヒロインが蔓延る2年へ組における心のオアシスと言える存在。

ツンデレなのか?

例の98話「恩着せの彼方に」において、一部で加賀愛=ツンデレという認識があるようだが、これは誤りである。

そもそも「ツン」ではないので、「ツン詫ビ」も成立しない。

乱暴な言い方をすれば、「ツンデレに見える加賀愛」は「ツンデレ」とはまったく別の独立したジャンルなのである。

本来ツンデレとは程遠い本キャラクターが、それと思わしき態度や台詞を用いた際のギャップや、その表情に魅了され、「ツンデレ加賀ちゃん可愛い」と口元が緩み、のた打ち回る好者らとってはそんなことはどうでもよいことであり、本項が全く用な代物であることは想像に難くない。

本当にすいませんすいません


関連動画



■sm7746724[ニコ動]

■sm2960467[ニコ動]
■sm3102084[ニコ動]
■sm2248257[ニコ動]


関連静画


■im1502932(静画)
■im4713225(静画)


関連商品


■az406363762X
■az4063638871
加賀愛初登場。
「なんたる迷惑であることか!」収録
「恩着せの彼方に」収録
■az4063639851
■azB001ATE2VI
加賀愛裏表
「落園への」に出番アリ
に登場。
「何たる迷惑であることか!」アニメ版収録。
■azB002POEOEC
■azB003NHX586
後半に登場。
ゲスト3回
第二幕に登場。
ゲスト4回

関連コミュニティ


■co409


関連タグ・キーワード


さよなら絶望先生
アニメ 無印 | | | | 番外地
ラジオ さよなら絶望放送
登場人物 糸色望 - 風浦可符香 - 木津千里 - 日塔奈美
小森霧 - 常月まとい - 小節あびる - 木村カエレ - 音無芽留
関内・マリア・太郎 - 藤吉晴美 - 糸色倫 - 加賀愛 - 臼井影郎
題歌 オープニング 人として軸がぶれている | 空想ルンバ | 林檎もぎれビーム!
エンディング 絶世美人 | 恋路ロマネスク | 絶望レストラン
関連人物 久米田康治 | 前田君
新房昭之 | シャフト | 大槻ケンヂと絶望少女達

最終更新日: 18/02/09 02:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ