ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


勇者エクスカイザー


ヨミ: ユウシャエクスカイザー
掲示板をミル!
81カキコ!

1990年(平成2年)2月3日1991年(平成3年)1月26日までテレビ朝日系列で放送されたロボットアニメ
48話。勇者シリーズと題される記念すべき第1作である。
後のカエル宇宙人えいりあんハンター親父勇気友情を描く1話完結勧善懲悪ストーリー
劇中の死者もラスボスダイガイスト様のみで、ちびっ子向けアニメだったと言えよう。
命はTAKARA


概要


西暦2001年、全宇宙荒らしていた宇宙海賊ガイスター地球の宝をめてやってきた。
彼らを追ってきてやってきたのは宇宙警察カイザースのリーダー、エクスカイザー。
エクスカイザーと仲間たちは地球乗り物融合し、ガイスターの野望と戦う。


宇宙警察カイザーズと地球人



宇宙海賊ガイスター


本作で敵役にあたる宇宙海賊ガイスターだが、ファンの間ではカイザーズに勝るとも劣らない人気がある。

彼らは常にアジトに備えたテレビからお宝の情報を得ているのだが、地球の文化を知らない為に訳の分からない物を奪おうとする。こういった面から地球人である視聴者側から見ると、ちょっと抜けたらといった印が強い。
クリスマスに彼らが略奪しようとしたものは必見。

宇宙海賊である彼らは、邪魔者は倒すし略奪もするのだが、普段はアジトでの情報収集や暇潰しとしている。
宝を得る為に手段を選ばない反面、不要な破壊活動は行わず、地球人自体には興味い為か殺戮も行わない。
悪の軍団ではなく純海賊としての描写が多いのが特徴。世が世ならONE PIECEにも出れそうな連中である。

又、彼らは引き際の見定めが驚くほどに良く、エクスカイザーがグレートエクスカイザーに合体したと見るや
「やべえ、引き上げだ」と必殺技モーション中に一散に逃げ出すこともあった。

ガイスター四将(+オマケ)

ダイガイスト様に付き従う四人組。
劣勢になった途端に逃げ出す為、やられ役といった印が強いが、グレートエクスカイザーを除くカイザーズの合体状態と互程度の戦闘力は持っており、ガイスターロボや他の四将と協すれば圧倒することもある。
ちょっとしたことで一喜一憂したりと、其々が意外と可愛い個性的な性格をしており、時に衝突も見せる。
ダイガイスト様への絶対の忠を誓っている点は全員共通。

ダイノガイスト様

ガイスター四将を束ねる宇宙海賊ガイスター首領。
ガイスターの面々はロボット形態と恐竜形態へ変形可だが、ダイガイスト様はさらに戦闘機へ変形が可
失敗を繰り返す部下達を怒ることはあっても直接的な罰を与えることは少なく、組織内での人望は厚い。

終盤まで戦闘に参戦することは少なかったが、いざ戦うシーンではそのフルに発揮し、
ウルトラダブルチェーンクラッシャーで攻撃してきたウルトラレイカーを、そのままチェーンをつかんで投げ飛ばす等
快な戦闘シーンで圧倒的なを見せつけ、一人でカイザーズの三人と互以上の戦いを繰り広げた。

最終回でのグレートエクスカイザーとの一騎討ちは、全勇者シリーズでも折りの名戦闘シーン

敵であるエクスカイザーにとって、大切な宝を抱きながら最期を迎えたダイガイスト様は、
エクスカイザーに勝利したとも言える。


玩具について


放映当時は「トランスフォーマー」で有名なタカラ(現タカラトミー)から玩具が発売された。後のシリーズの一部と違い、そのすべてが本作オリジナルのものであったが、ウルトラレイカーは本来トランスフォーマーとして開発されたものの転用だったと言われている。
また、売れにくい「悪役」である以上仕方ないことではあるのだが、ダイガイスト玩具キングエクスカイザーとべるととても小さかった。後にマスターピースキングエクスカイザーが出た際はサイズがほぼ同じになり、ようやく並び立たせて違和感がなくなるようになった。
ちなみに玩具が発売されていないガイスター四将だが、作中の変形ギミックトランスフォーマーの「ダイノボット部隊」の面々を踏襲している(ダイノボットリーダーであるグリムロックを除く)。


関連動画


 


■sm6627201[ニコ動]

■sm1180350[ニコ動]

 


関連項目



最終更新日: 16/07/05 16:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ