ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


匈奴


ヨミ: キョウド
掲示板をミル!
11カキコ!

匈奴とは前4世紀以降、モンゴル平原に現れた北方民族である。


歴史


中国史る上で、北方に住む遊牧民族の存在は避けては通れない。そんな遊牧民が中国歴史上に初めて出てきたのが、この匈奴である。これ以前にも中国北方には異民族が存在していたが、純な騎遊牧民は匈奴が初めてであった。 匈奴は幾度となく中国に侵入して略奪を繰り返し、農耕民族国家は時に和親し、時に全面戦争に突入して匈奴と争った。

匈奴の出自は定かではないが、一説には西からモンゴル平原にやってきたアーリア人(スキタイ)とも言われている。匈奴が初めて資料に現れるのは、中国戦国時代中の前三一八年であった。匈奴は、、斉の五カと連合し、を攻撃したとされる。


匈奴の勃興


匈奴が歴史に現れた当初から、北方民族中原の農耕民族は争いを続けていた。北方には匈奴の他に、甘粛の義渠族、東北地方には東胡族などの他の異民族も存在し、匈奴とも対立状態にあった。戦国七雄のうち北にを持つ々は土塁を築き、それら異民族の侵入を防ごうとした。

匈奴のは、戦車歩兵体として戦争をしていた中国に強い衝撃を与えた。歩兵騎兵では進むも引くも軍隊のスピードがまるで違い、戦場においては圧倒的なアドバンテージを得られるのである。武霊王は、遊牧民の騎軍隊を模倣した騎兵隊を編隊(胡騎射)し、多くの武功をあげることに成功したというエピソードもある。

前二二一年に始皇帝中国を史上初めて統一し、戦国時代を終わらせた頃、匈奴では頭曼単が現れ、それまでバラバラであった匈奴諸部族を統一していた。単とは正式には撐犂孤塗(とうりことぜんう)と言い、中国で言うところの皇帝の意味である。始皇帝はある仙人の「を亡ぼすは胡(匈奴)なり」という予言を信じ、将軍恬に三〇万の兵を与えて北の匈奴に当たらせた(結果からするとを滅ぼしたのは人(匈奴)ではなく、宦官に操られた始皇帝の末子のであった)。始皇帝は匈奴の侵入を防ぐ為に北の大地にあった土塁の拡、補強工事を行った。これがかの万里の長城である。ただし現在見ることの出来る万里の長城明朝時代に作られたものであり、当時の長は匈奴のが乗り越えられない程度の土塁であったとされている。長土防衛のために必要なインフラではあったのだが、の建設や、そこに置かれた屯田兵の負担により、への不満は高まっていった。そのため人民や将軍が匈奴へ投降するという例も多く、中国から北方への逃亡者を減らすという役割も長は担っていた。

前二一〇年、始皇帝が死ぬと中国は再び戦乱の世に戻っていく。悪宦官高が政治り、匈奴を押さえていた恬と始皇帝の長子、扶は謀殺されてしまう。陳勝・広の乱をきっかけに項羽劉邦の楚戦争が始まり中央は混乱した。この機に乗じた頭曼は容易にオルドス地方を奪還することが出来た。そしてまた匈奴に一人の英雄が誕生する。頭曼の長子、冒頓である。


匈奴の全盛期、冒頓単于の登場


冒頓は単の長子として生まれながら、の子を跡継ぎにしたかったの頭曼に疎まれ、当時西にあった匈奴のライバルに人質として送られてしまった。頭曼が氏を攻めた際に、冒頓氏に殺されそうになったが、を奪って逃げ出すことに成功した。これには頭曼も冒頓を認めざるを得ず、一万の兵隊を冒頓に与えたが、冒頓への不信は高まっていった。

その後、冒頓クーデターを起こし、頭曼とそれに連なる閼氏(匈奴における妻の意)、、大臣を誅殺し、冒頓単于として匈奴のトップにたった。時に前二〇九年のことであった。冒頓が頭曼を倒す時のエピソードや東胡を討った時のエピソードも有名である。 詳しくは冒頓単于の記事で。

東胡を討った後、冒頓単于西方氏も敗走させ、の領土にまで侵攻を開始した。ここに匈奴の全盛期が始まった。

前二〇二年には劉邦下の戦いで項羽を破り、漢王朝を建て皇帝として即位した。劉邦は匈奴に備えるために、王信韓信とは別人)を匈奴とのに接するの地に送った。王信は匈奴の恐ろしさをよく知っていたために、匈奴との宥和政策を進めたのだが、これが劉邦には裏切りと映り、劉邦の不信を招く事になった。これを受けて王信はとうとう匈奴に下ってしまい、匈奴と漢王朝の関係は予断を許さない状況に陥った。

前二〇二年、匈奴は王信の兵と合わせて四〇万の兵を進め、劉邦は自らこれを迎え撃ったが、登山全に包囲され七日間飲まず食わずの苦しみを味わった。これが世に言うの恥である。劉邦冒頓単于の閼氏に賄賂を送り、この包囲の一を解かせることによって脱出することに成功した。匈奴に辛めさせられた劉邦は、匈奴とは和を結ぶことを決定する。

その条件は

というものであった。中華思想の下、全世界の上に起つ皇帝にとって匈奴との対等な付き合いは屈辱以外の何ものでもなかった。

劉邦の死後も匈奴との屈辱外交は続き、有名なエピソードとしては呂后政権時代に、冒頓が「自分(冒頓)も高后(呂太后)も独身なのだから、一緒にならないか?」などと礼極まりない親書を送って呂后を激怒させたり、冒頓の次の老上稽(ろうじょうけいいく)単の代には、は匈奴に送る書に一尺一寸の木簡を用いたのに対して、匈奴は一尺二寸の木簡を用いて、匈奴がの上にあることを示した。(これは、本来木簡は一尺のものを使うのに対して漢王朝が権威を示す為にそれより少し長い一尺一寸のものを用いることを逆用している)。

漢王朝の匈奴への属関係は劉邦、呂后、文と受け継がれた。その関係が変わるのは七代皇帝武帝の時代である。


漢匈戦争の始まり、武帝の登場


武帝は十五歳の若さで即位した直後から、匈奴との屈辱的関係に慢できずこれを撃破することを考えていた。その背景には、匈奴と和条約を結んでいるにも関わらず略奪が止まなかったこと。また武帝の前の二代の時代に朝廷の財政が潤っており戦費の捻出が容易であったことがある。

まず武帝は、匈奴に討たれ西へ逃亡した軍事同盟を敷くために派遣した。当時名であった騫は前一三九年に長安を出発し、西方に向かったのであるがすぐに匈奴に捕まり尋問を受けた。騫の的を知った、時の単であった軍臣単

氏のは匈奴の北にある。今どうしての使者を氏に行かせられようか。それでは挟撃してくださいというようなものだ。もし私がの南の越のに使者を送ったらはどうして許すだろうか」

と言って、騫は以後十年以上も拘留されてしまった。騫には妻も与えられ、子もけたが武帝から与えられた使命を忘れることはせず、監視が緩んだ隙をついて匈奴を脱出した。数人で出発した騫一行はに戻った時にはわずか数名にまで減っていた。長い時を経てようやく西域に達した騫であったが、的の氏は大バクトリア現在アフガニスタン北部)を征し、安住の地を得ていて匈奴への恨みはすっかり忘れていた。騫は大氏との同盟を果たせず、しく西域を出立した。この時生まれた故事成語が「要領を得ない」という言葉である。同盟自体は失敗したものの、西域の情報を多く持ち帰った騫の功績は大きく、騫は武帝に多くの報償を与えられた。

一方、騫を派遣した後も武帝は手を拱いていた訳ではなかった。武帝の即位当初、と匈奴の間に物々交換を行うが開かれていた。そこでそのの商品とを囮にして、武帝は待ち伏せ作戦を決行した。を攻めるために一〇万を率いてやってきた軍臣単であるが、平原に人影が全く見えないことを不信に思い、人をやらせて調べさせた所、待ち伏せが行われていることを知り、全軍を引き返させた。事件は間違いなく宣戦布告であり、長く保たれていた和関係から全面戦争に突入することを意味していた。

その後、側に霍去病などの優秀な将軍が誕生したことにより、情勢はに傾いていった。好戦的な稚斜単が死ぬと、その跡を継いだ維単は匈奴を北に撤退させた。匈奴が北に移ったことによってと西域との間に安定したが開かれるようになった。武帝孫に騫を送り、また大宛、康居(キルギス・カザーフ原の遊牧民)、大氏、大、安息(パルティア)、身インド)にも使者を派遣した。これがかの有名なシルクロードの始まりと言われる。

シルクロードを通って西域からはブドウなどしいものが沢山入ってきたのだが、 その中でも特に武帝の食を動かしたのは汗血と言われる、西方の優れたであった。上述した通り、優れた軍事的に重い意味をもっていたからである。武帝はすぐさま大宛にめたが大宛王はこれを拒否した。武帝は怒って、将軍広利兵するも、兵站が行き届かず失敗に終わる。しかし、この時に示したの武威によって西域諸はこぞって貢をするようにもなった。


分裂


霍去病の死後はの武将の広利が匈奴に投降するなど匈奴が盛り返し、武帝の死後は戦争は均衡状態に入った。しかし前六十年に日逐王に下った事によって再びが勢いを強めた。日逐王は名を先賢(せんけんたん)といい、鹿(ごろくこぜんう)の甥であった。彼はくから次期単の呼びが高かったのだが、虚閭権渠(ころごんごぜんう)の死後、彼と不仲であった握朐鞮単(あくえんくていぜんう)が即位すると、配下の部下数万と共にに投降してしまったのである。日逐王は西域の要を押さえていたためは一切の血を流す事なく西域を得る事が出来たのだった。

匈奴の弱体化をみた東方桓は、隣接する匈奴の東の夕王(こせきおう)へ攻撃を開始した。この攻撃によって大きな被害を出してしまった夕王は単の怒りを恐れ、東部の有者と画策して呼邪単(こかんやぜんう)をたてて独立してしまった。両者の対立は握朐鞮単自殺したことによって呼邪単勝利に終わったかのように見えたのだが、握朐鞮単の側近であった都奇が屠嗜単(ずぎぜんう)をたてて、呼邪単を攻撃した。この他に呼掲単こけちぜんう)、籍単(うじゃくぜんう)、犁単しゃらいぜんう)も現れ、匈奴は五単が並び立つ事態に陥った。

五単並立状態も長くは続かず、やがて呼邪単によって統合されてはいったが、やがて呼邪にとって新たに強ライバルも現れた。左賢王である呼邪の、呼屠斯(ことごし)である。呼屠斯は自立して郅支単(しつしぜんう)と名乗り、呼邪単と対立した。との戦いに破れた呼邪単は前五一年、に援助をめるべく宣に謁見した。ここに六十年以上続いたと匈奴の戦争は一旦終止符が打たれた。呼邪は客臣として特別待遇され、多くの宝物と後宮の婦人も送られた。この呼邪に下賜されたのが中国大美人の一人に数えられる王昭君である。郅支もとの外交に臨んではいたのだが、彼がめたのが対等な付き合いであり、その点で外交争いには遅れをとってしまった。郅支はその後、西方攻略に専念し、以後、西匈奴と呼ばれるようになった。これに対して呼邪は東匈奴と呼ばれる。東西匈奴の対立は前三六年に郅支が戦死するまで続けられることになる。

その後、東匈奴は代々単が入することによって恭順の意を示していた。これにより匈奴の独立性は徐々に失われていく事になる。しかし王莽によって前漢が滅ぶと、この関係は一変する。王莽は匈奴に対して強い圧をかけ、これに反発した匈奴は再度中原への侵略を開始した。王莽は二〇万の兵を出してこれを攻撃したが、効果は薄く逆に王莽の新政権の寿命を縮める結果になった。王莽による高圧的な政策は匈奴のみならず、全ての周辺異民族に及んでおり、桓や鮮卑も中国から離反して匈奴の軍門に下った。西域諸も匈奴に貢ぎ物を送っていたので匈奴の経済は潤った。後二三年に王莽が死ぬと、匈奴の勢がますます強大化し、呼都皐若鞮単(ことじしとうこうじゃうくていぜんう)の時に極盛に達する。中国では新王後の覇権戦争が起きており、匈奴は劉秀(後の光武帝)の対抗勢に援助したりして、戦争に介入した。

しかしその後、後漢が成立すると匈奴は勢争いや自然災害などで内は疲弊の極みに至った。東方桓は匈奴に対する積年の恨みをらすべく、匈奴に攻撃を開始する。単の後継者争いにより四八年には内モンゴル華北の一部に居を構える南匈奴と外モンゴルに覇を称える北匈奴に分裂してしまった。南匈奴の単は北匈奴との戦いで多くの勝利を修め、五十年には自分の子をに納めて属の意を示した。これは前漢との関係とは違い、への従属度は高いものであった。1世紀の末には北匈奴は鮮卑に侵略され、西へと本拠地を動かし、以後史料の中からは消えていった。4世紀に欧州に猛威をふるったフン族はこの北匈奴の末裔という説もある。

南匈奴は覇権戦争勝利したものの、北匈奴から投降してきた人民と従来の人民との間に轢が生まれ、三時代には曹操によって五部に分割された。その後、西時代に司馬氏が八王の乱の際に匈奴をはじめとした異民族傭兵として用いたために、異民族中原での影は高まった。続く五胡十六国時代には匈奴は前、北などのを建て、民族と同化していった。

文化

匈奴は、煌びやかな中国文化と対され、原始的な生活を営む蛮族イメージが強かったが、現在では中国とはまた違った一つの文明を持った民族として捉える向きが強い。

史記の匈奴伝によれば匈奴の経済的基盤は基本的に遊牧にあり、その上で時に狩猟を行って生活の糧を得ていた。畜の代表的なものはであり、特殊な畜としてはラクダ、ラバ、ロバなどがあげられる。遊牧生活では移動の導権は畜側にあり、遊牧民は畜を飼っているというより共生の関係にあった。狩猟経済的には遊牧の補助的なものであるが、それ以上に戦闘訓練としての意味が強いと考えられている。またそれに加えて、冒頓の時代以降には一部ではあるが穀物の育成も行われていた。最初は畜のエサとしての農業であったが、徐々に匈奴の人間も穀食をするようになっていったとされる。商業も盛んで、万里の長城の付近ではが開かれ、匈奴は遊牧生活では手に入れられない商品を手に入れ、また西方に運んで利益を得ていたり、その逆に西方の物をに持ち込んだりもしていた。

衣食住


次へ»
最終更新日: 15/10/26 16:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ