ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


北九州弁


ヨミ: キタキュウシュウベン
掲示板をミル!
32カキコ!

北九州弁っちゆうのは、北九州 (八幡以西の北九州市西部地区除く) を中心に使われよる方言で、田川(筑豊東部)とか築地域でも使われよんよ。おおかた昔の「豊前」にあたる部分やね。


概要っちゃ!


日本語方言の中くらいのくくり (?) では「豊日方言」にくくられる。すなわち方言としては大分県宮崎県と同じ仲間となる。アクセントの仕組みは共通首都圏方言と同じ下降ピッチのみで弁別する東京式アクセントだが、「外輪式」という幾分共通とは違う落ち方をもったアクセント体系である (共通は「中輪式」)。

同じ県内の博多弁 (肥方言に分類される。八幡以西も基礎的にはコレ) は本来ならば隣り合った別方言だが、地理的に近いこともあって幾分混交している。「(「旨か」等の形容詞の) 〜か」「けん」「たい」「ばい」といった博多弁由来の詞を北九州弁だと思ってる人も少なくない。

また、北九州弁と筑豊地方田川地区の方言田川弁)もほぼ似通っている。

啓二の漫画波打際のむろみさん』に登場する小倉出身の架キャラクターリヴァイアさんは北九州弁を話す。主人公の架人魚むろみさん博多弁使いである。

うる星やつら』のラムちゃんの使うラム語尾、「〜だっちゃ」は北九州弁の語尾「〜っちゃ (〜だよ) 」と良く似ている。新潟県出身の作者高橋留美子が「~ちゃ」の語尾を持つ方言を知ったのは井上ひさし小説に頻出する仙台弁であり、宇宙人であるラムには、自身の創作キャラクターだっぴゃ人の「だっぴゃ」様な語尾を付けたかったが「だっぴゃ」では可くないので、新たに「だっちゃ」と言う語尾創作したものと漫画家山本嗣にっている。
" さて、では○ムちゃんの「ちゃ」はどこから来たのか。もしかして先生の故郷、新潟でもそういう方言があるのか。
むくむくと疑問がわいて、さっそく仕事中ではあったが本人に電話をかけた。
「あー、あれは私の故郷の言葉じゃないですよ」
先生く。
要約すると、彼女が最初に「・・・ちゃ(あるいは「だっちゃ」?)」言葉をにしたのは井上ひさし小説だったとか。同じくT先生の作品に、ラ○ちゃん以前に「○っぴゃ半魚人」というキャラがあったが、ラ○ちゃんが「だっぴゃ」では可くないので「ぴゃ」ではなく「ちゃ」にしてみたとか。
もはや二十年以上前のことで詳細は確かではないが、だいたいそういう経緯だったらしい。
もしかすると佐渡の方では「ちゃ」と言うかもとのことであった。
「うる○」連載中は、色々な地方ファンから「うちの田舎でも『ちゃ』と言います」というファンレターをもらったそうである。"
方言あれこれ[外部]

ラム公式作者からどこの方言ベースであるとはられぬ(作者も当時のラム創作に至る経緯の詳細は覚えてない)人工言語故、北九州弁の語尾と重ね合わせて親しみを持つ余地が残されている。

他にも「〜ちゃる (〜してあげる)」「〜っち (〜だって)」など舌面破擦音を含む助詞が多い。


使用例


北九州地域に限らず、に西日本各地(近畿中国四国など)で使われている方言もある。
地理的な関係か、中国地方方言と混ざりやすい気がする。

動詞

他にも「動詞のウ音便化」などがあるが、これは西日本の多くの地域で使われるようである。
【買ってくる→こうてくる(こうちくる)、間違えて→まちごうて、言う→ゆう、習って→なろうて】等々…

形容詞・形容動詞・副詞・連体詞

名詞

その他


関連動画も見ちゃって~



■sm1744729[ニコ動]

■sm4978734[ニコ動]


関連商品も貼っとったきね


■az4063842584
■az4861276020

■az4757508506
■azB002EO5X2U


関連項目も見ちょきーよ♪



最終更新日: 16/07/11 22:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社