ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


北条早雲


ヨミ: ホウジョウソウウン
掲示板をミル!
56カキコ!

北条早雲(ほうじょう・そううん 1432?/1456? ~ 1519)とは、後北条氏の初代当にして最初の戦国大名である。出自、生年、名前については後述する。姉妹駿河守護今川義忠の正室・北川殿に弥二郎。子に北条氏綱北条幻庵。孫に北条氏康等。甥に今川氏親

当初は幕府の官僚であったが義今川義忠を頼って下野。その後一度は幕府に復職したが、甥の氏親の当就任の為に尽したことで独自の所領を得る。そこから伊豆相模を攻めとり、後に言う後北条氏年の基礎を築いた。

また、彼の伊豆討ち入りが戦国時代の始まり、とされることもある。少なくとも一介の役人であった彼が、将軍のいとこを殺したということは、下克上の端緒として非常に意義のあるものである(最近では幕府側の示による幕府官僚としての行動であったとも言われている)。伊豆相模といった一を制圧したにもかかわらず守護にはならなかったことから、最初の戦国大名とされている。

チート爺の一人で、関東ドリームチームの一人。戦国ドリームの体現者。また、戦国三大の一人に数えられる。


その実像


出自

江戸時代の軍記物の影から、彼は前半生がに包まれた一介の素浪人で、じっくり待ち、好機を掴み、老齢になって成功した、大器晩成の人であると言われる事が多い。

ところが実際の彼は、平氏随一の名門であり幕府政所執事(訴訟処理担当のトップ)を代々務めていた伊勢氏…の庶流、備中伊勢氏当伊勢盛定の子であった。の盛定も幕府申次衆将軍との取次ぎを担当する役)で、その妻(早雲)は伊勢氏宗と、今でいうところの「名門出身の高級官僚」である。

彼自身も次期将軍補の申継衆(駿河下向前)→将軍執事今川義忠死去~氏親当就任以前)という次官級のエリートの部類に入る。決して身分の低い素浪人ではない。早雲が素浪人とされた原因は、身分が固定化されていた江戸時代において『下克上』は憧れであり、その代表とされたのが早雲だったためらしい。

生年

生年に関しても1432年といわれてきたが、今では1456年説が流となっている。八十の爺さん戦争を最前線でバリバリやっているのがおかしいという点や、彼自身の活動と年齢を照らし合わせると1432年説ではあまりにも出世が遅すぎてしまうという点などが理由として挙げられる。

とはいえ1432年説をする人もいる。また創作の分野で言えば1432年説の方が面いことが多い。北川殿や子・幻も高齢で死んでいるうえ、高齢で出した例(龍造寺家兼93歳とか一栗放牛92歳とか)もあるので、あり得ない話ではない。ということで、まだ全に決着されたわけではない。

北川殿に関してはともともいわれ、どちらが年長かは不明。(※記述の便宜上ここではで統一する)

名前

北条早雲江戸期の命名で、実際の名は伊勢新九郎。「北条」姓は息子の氏綱の代になって名乗ったものであり、彼が生前これを使用した記録はないが、一般には遡ってこう呼ばれている。

また諱に関しては「長氏」が素浪人説の頃は流であったが、やがて幕府との密接な交流や本人直筆の書状から、伊勢氏当伊勢」の子「氏茂」か、備中伊勢氏当伊勢盛定」の子である「盛時」と同一人物と見なされ、研究が進んで備中伊勢氏でほぼ確定したことで、現在「伊勢盛時」で確定であると見なされている。

号は早雲宗瑞。「伊勢宗瑞」と呼ばれる事も多い。


概要


雌伏期

1432年に生まれたとされる。

応仁の乱で焼け野原になった京都を見た伊勢新九郎は、東へ行って一旗挙げようと、六人の浪人仲間荒木兵庫守、山中才四郎、多兵衛荒川又次郎、大太郎、在兵庫尉)を誘う。その途中、伊勢神宮で七人は「どのようなことがあっても、仲違いせず、お互い助け合って功名を立てる。七人の中の一人が大名になったら、残りの者はそのものの臣になる。また、大名になったものは残りの六人をないがしろにしない」…という誓いを立てる。

駿河守護・今川義忠のもとに新九郎の北川殿いでいるので、まずその縁を頼って駿河に行く。その時、今川は当の義忠が戦死したばかりで二に分かれていた。義忠の子・竜王丸を担ぐ一と、一族の小鹿範満を担ぐ一である。北川殿を頼った。

この時、関東から太田道灌揮する扇上杉堀越方の軍勢が、この紛争に介入しようと駿河へ侵入していた。あわやというところで新九郎が竜王丸が成人するまでは範満が督を代行する』という折衷案を提案。関東勢はこの案に同意し、両も一応納得する。ちなみに旧来の説なら早雲は同い年になる。

……と、ここまでが「素浪人」としてのイメージの話。

恐らく七人の誓いとかはなかったと思われるが、ここに出てくる名字の者が後に北条で重きをなしており、それらの柄が「御由緒」と呼ばれていたのは事実である。

実際には、この頃は幕府の役人として働いていたらしく、駿河なんかには行ってない、もしくは単に戦乱を避けて駿河に滞在していただけというのが実際の処らしい。早雲が折衷案を出したこと以外は、まあ大体この通りの流れで督争いや介入未遂が起こっている(1456年説では今川督争いの時、早雲はまだ21歳である)。

そもそも正体不明の素浪人が、名門の守護大名いでいるという時点で奇妙な話なのだが。

これで落ち着いたかに見えたが、11年後の1487年。竜王丸が成人する年齢になっても範満が督を返さない。そこで、駿河に下った新九郎は駿府館を急襲し、範満を自害に追い込んだ。これにより竜王丸は成人して、督を継ぎ、今川氏親と名乗る。この功績により新九郎は、駿の所領とを与えられた。

伊豆討ち入り

さらに6年後の1493年、隣伊豆堀越方・足利政知が死去すると、嫡されていたその息子足利茶々丸が、異・潤童子とその(11代将軍・足利義澄でもある)を殺して勝手に督を継承する。この暴挙や茶々丸の暴政により、伊豆の民心は離れていた。

伊豆族が戦争に行った時を好機と見て、早雲は自身の兵200、氏親から借り受けた兵300、合わせて500の兵を率いて路から伊豆に侵入。堀越御所を攻撃して茶々丸自害させる。帰参した者の領地はそのまま、農民の諸役を撤、細かい税止し税率を六民(他最低五民、その上諸々の税や賦役が付いてくる)にした結果、伊豆く間に、早雲の手に帰した。

とされているが、実際は伊豆定するのに2~3年かかったようである。また茶々丸もすぐには死んでおらず、伊豆南部でしばらく抵抗したのち路から武蔵甲斐へと入り、各地の族や武田氏、山内上杉氏の協を得ながら抵抗を続け、決着したのは5年後の事である。

ちなみに、この行動は早雲の野望もさることながら、当時の政治局面から早雲が氏親や幕府の意向を受けたものであるようだ。このころ、近畿では細川政元による「明応の政変」で将軍が潤童子の足利義澄に代えられており、を討とうとしたのだと思われる。

さらにこの前後、早雲は氏親の属将としてあちらこちらに出していて、伊豆討ち入りもその一環とされる。あんまり知られていないが三河方面にいって徳川家康のひいひいじいさんにあたる松平長親とも戦っている。この戦いで大軍相手に善戦したことから、平氏は三河の中で存在感を高め、安祥、後の徳が、数多存在する一族の盟として確立された。

また、武田信玄の祖に当たる武田信縄とも戦っている。武田がこの頃お争いをしていて、信縄と敵対する・油信恵は今川氏・扇上杉と手を組んでいた。更に信縄は茶々丸をかくまっていた事も理由となった。信縄は山内上杉と組んで抵抗するが、地震が起こったことで戦どころではなくなってしまった。

伊豆定後は、を拠点に活動している。

関東の動乱

関東早雲が来るはるか前から戦国時代並みに動乱が起こり、疲弊しまくっていた。

どのくらい乱れていたかというと、応仁の乱五十年前から関東No.2下克上しようとしたり上杉禅秀の乱)、その下克上されかけた側(足利持氏)が幕府に反抗して将軍になろうとしたり永享の乱)、その子が今度はに立てこもり(結城合戦)、残ったがお情けで関東方になれたのはいいが、親父と同じく幕府に楯ついて、あげく上杉氏と三十年近くにわたり関東を二分し、甲斐信濃も巻き込む戦いを起こし(享徳の乱)、その乱の最中に西関東の大半が上杉氏に反抗するような反乱がおき(長尾景春の乱)たと思ったらたった一人のチートが解決し、この乱の影三十年戦争が終わったと思ったら、さっきのチートが死んだせいで、今度は上杉氏が二に分かれて戦い始めた長享の乱、しかもこの戦いも二十年近く続く)という状況。

この後で和をしたのだが、ご丁寧にも山内上杉内部でお争いがおこり、それに古河方が巻き込み巻き込まれ、再び関東を二分して戦いが起こる。この時北条は氏綱の代である。幕府もこれを止めようとしていたのだが、幕府も幕府で応仁の乱明応の政変が起こり、関東に対して口出しする余裕がなかった。

まとめるとこうなる。

余談だが、享徳の乱では両者が18年間五十子にって対峙していたらしい。そりゃ疲弊もする。

早雲伊豆侵攻もこうした関東の情勢が影していると思われる。(今川氏は親扇上杉早雲はその配下、伊豆は元々は山内上杉の守護であった)

小田原城奪取

このような状況下において、早雲は氏親とともに扇上杉の味方として山内上杉と対決していた。その扇を支えていたのが、相模大森氏と三浦氏であった(本来、一分にすぎない扇を宗山内に対抗できるまでに高めたのは太田道灌なのだが、その太田道灌を扇上杉定正が暗殺してしまったため、息子山内に寝返っていた)。しかし、1494年にこの三の当が相次いで亡くなるという不幸に見舞われる。この結果、今まで扇上杉に助していた古河方が山内上杉と手を組んだ。関東地は複雑怪奇。

さて、ここからが逸話の楽しいところである。1495年の話。

まず、早雲小田原城大森頼に贈り物をするなどして懇意になる。その後、時期を見計らって伊豆鹿がすべて山を越えてしまったので鹿を追い返すために勢子を入れたいと申し出た。頼は承諾。これが早雲で、勢子に扮した兵士を引き連れ領内に侵入。さらに、松明をつけ小田原城を襲わせた(火の計)。これに驚いたのは大森氏側で、勢いよく迫る大量の松明を見て何万もの兵が来たと勘違いし、小田原城を捨て去り逃げた。早雲は見事小田原城を手に入れた。

と言われていたが、そもそも同盟相手である扇配下のを攻撃することなどあり得ないことである。しかも記録によると、早雲が落としたとされる1495年より後に、なぜか頼と早雲が一緒に小田原城を守っていたりする。実際は、大森氏が山内に寝返り、それに驚いた扇上杉朝良早雲に援助を頼んだらしい。1501年までには、この早雲のものとなっている。

元々扇山内の戦差は埋めがたく、この頃の扇は同盟相手に自分の領土を割譲せざるを得ないほどに弱っていた。そしてそのまま1504年、山内に降伏して長享の乱は終結するのである。

ともかく、この小田原城は嫡男氏綱に与えられ、その氏綱の代に後北条氏の居となる。後には上杉謙信武田信玄の攻撃を防ぎ、最終期には周囲9kmの総構え、優に5万をす軍勢を収容でき、豊臣秀吉20万の軍勢をもって3ヶかけても櫓一つ落とせない堅となるのだった。なお早雲自身は引き続きを居とし続けた。

ちなみに早雲は両上杉の戦いに決着がついたのにもかかわらず、扇の援助要請を大義名分にして、徐々に相模を侵食していった。

三浦氏との戦い

1510年、関東管領・山内上杉顕定を討ちに越後に出したところ、逆に討たれてしまった。これにより、山内上杉督をめぐって紛争を起こす。さらにご丁寧にも顕定のおかげでおさまっていた古河のお争いも再燃。両者が巻き込み巻き込まれる形で関東を二分し戦い始めた(これを永正の乱という)。

上杉は調停をしようとするが失敗。この頃、扇の重臣・上田政盛を早雲が調略しようとしたことから、ついに扇早雲との戦いが始まる。早雲は両上杉の勢が弱ったのを好機と見たのである。

1511年、早雲は本格的に攻勢をかける。敵は三浦半島を拠点とする相模三浦氏、三浦寸(義同)・三浦義意親子。ちなみに寸自身は扇から養子に入った人物であり、寸の大森氏の出身である。早雲はまず岡崎を、ついで鎌倉、住吉と次々と攻略していく。三浦親子は三浦半島の先、新井(三崎)に籠り、ここを最後の砦にと抵抗を続けた。ここには厄介なことに二年以上もの籠を可にするが入った洞窟があったのである。


次へ»
最終更新日: 17/05/31 00:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ