ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


北条氏照


ヨミ: ホウジョウウジテル
掲示板をミル!
4カキコ!

「北条氏照」(ほうじょう・うじてる 1540 ~ 1590)とは、戦国時代の武将である。関東覇者北条氏康の子。大石氏に婿入りして大石氏照を名乗った。名前の読みは「うじひろ」とも。


概要


北条氏康の三男。今川出身の瑞渓院で、北条氏政らとは同兄弟武蔵の有人・大石定久の婿養子となって督を継ぐ。はじめ、のち八王子を拠点としている。北条軍事における中心人物として活躍、勢拡大に貢献した。通称は陸奥守。

小田原の役で豊臣秀吉の前に降伏すると、・氏政と共に切腹した。


本拠・八王子城


1569年、武田軍の小山田信茂によってが落寸前まで攻められたことをきっかけに、より防備の強い山が築されることになった。このとき、山頂に八王子権現がられたことから八王子と名付けられ、それが現在の地名の由来にもなっている。

小田原の役では氏照自身は小田原城に籠もっており、臣や領民たちが八王子を守ったが多勢に勢、氏照の妻・佐も自害した。この敗北は北条を追い詰め、半月後に小田原開場へとつながる。


人物



関連項目



最終更新日: 17/11/20 19:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ