ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


北条氏綱


ヨミ: ホウジョウウジツナ
掲示板をミル!
24カキコ!

「北条氏綱」(ほうじょう・うじつな 1487 ~ 1541)とは、戦国時代関東の雄・後北条氏の二代である。

臣団の編成や画期的な領支配を行って後北条氏発展の礎を築いた武将として「北条記」において、

二世氏綱君はのあとをよく守って後嗣としての功があった」

と高い評価を受けている知将である。

しかし、学問としての歴史においては北条早雲に、歴史SLGでは子・北条氏康にいいところをもっていかれて影が薄く立たない二代の悲哀に埋もれている事に定評のある関東ドリームチームの一人。


今川家臣時代


長享元年(1487)、伊勢盛時(or長氏)が9代将軍・足利義尚奉公衆に任命される。

北川殿の子・今川龍王丸(元して氏親)に当代行・小鹿範満督を譲らないため下向した盛時は石(焼津市)で集めた兵を率いて駿河館を急襲し小鹿範満を討ち取った。

その功で与えられたで生まれたのが嫡男・伊豆千代丸(後の氏綱)である。

一般的なイメージと違い伊勢盛時(1491年に出して早雲宗瑞)は後半生を今川氏親の武将として過ごした。今川氏親叔父として辣腕を振るった宗瑞は氏親の名代を務め今川軍の大将として武田上杉らと戦い今川を遠江から相模に至る大大名に成長させたが1519年に死去してしまう。

ここで問題になったのが伊勢氏の地位についてであり、早雲駿河・遠江の守護代として人や今川臣団の利を代表しており大名権の増強を望む氏親は早雲の死と同時に人の被官化と臣団の統制を始めようとした。戦国大名への脱皮を狙っていた氏親は1509年から駿河以西での大将を務めるようになり相模以東での戦いを早雲揮していた。そのため早雲の権基盤は駿河・遠江から晩年には伊豆相模へと移っていくことになった。

1518年に早雲が隠居すると氏綱と氏親はそれぞれ相模と遠江で検地を行い支配の強化に乗り出した。更に氏綱は虎の印判状の使用を開始し氏綱の命状なく代官らが税を徴収出来ないようにすることで直接支配を強めていく。

ここに到って氏親と氏綱は協議を行い氏綱が駿河・遠江から手を引く代わりに氏親は氏綱を相模に分して伊豆相模独立とすることで合意した。氏親は今川氏の戦国大名化を推し進めたが早雲の隠居からわずか8年後の1526年に病に倒れ若年の嫡子・氏今川仮名録を残して病没した。

[画像を見る]

戦国大名として


早雲の居であったから自身の在番する小田原城を本に変え1523年、今川臣・伊勢氏綱から戦国大名・北条氏綱へと名を行って後北条が誕生した。

「相州太守」を自称して寒川神社殿箱根三所大権現宝殿相模六所宮・伊豆山権現の再建など寺社造営事業を盛んに行い、朝廷から北条姓を名乗る許しと北条義時・泰時が任じられた左京大夫を与えられ今川武田上杉らと劣らぬ格を手に入れた。

初期には早雲の外交方針を受け継ぎ足利義明を盟として下総・上総・房州に広がる反古河方連合を支援して出兵を行った。その後、武蔵攻略に乗り出した氏綱は高縄原の戦いで扇上杉軍を撃破し祖太田道灌の殺を恨んでいた太田資高を調略して江戸城を奪取、太田資頼の寝返りにより岩付を落させ更に蕨・毛呂などを陥落させる。窮地に陥った扇上杉足利高基と和山内上杉憲房武田信虎と同盟して反撃に出た。武田信虎の攻撃を受けた岩付太田資頼がすぐさま降伏して上杉に帰参したため毛呂を引き渡していったんの和を強いられた。

1525年、再び岩付を落させたが古河方・反古河方連合が上杉と同盟して氏綱包囲網を結成し両上杉武田古河方連合により武蔵の諸が奪還され、反古河方連合の中核である里見義豊が鎌倉を襲撃し鶴岡八幡宮を焼き払った。そこで氏綱は里見実尭・正木時綱を支援して義豊の排除を図る。察知した義豊により実尭・時綱が粛清されるも怒った里見義尭(実尭の子)・正木時茂(時綱の子)によるクーデター支援して義豊の追放に成功した。以前は鶴岡八幡宮若宮の別当を務めていた足利義明八幡宮を焼いた義豊を嫌い連合の有者・恕鑑に氏綱との和を打診したが恕鑑はこれを拒絶して義豊を支援した。

そのため中は親北条と反北条に分裂し1534年、恕鑑の死により親北条の信が当となるがが氏綱への従属を強めていくと1537年、反北条の信応が義明の支援を得て当の座を奪い、反北条替えした里見義尭に襲われた信武蔵に落ち延びるという事件が起こった(上総錯乱)。

氏綱は今川氏親との協議の際、氏親の(瑞渓院)を嫡男・氏康の正室に迎えることで同盟を結んでいた。
今川の代になると臣団・被官・一門衆による合議政治が行われて大名権弱体化しており、三河を統一せんとする若き天才松平清康の侵攻、北遠江最大勢人・天野氏の独立などが相次いでいた。1935年8月駿河・甲斐の万沢に武田信虎が侵攻して合戦が起こると氏綱は籠坂を越えて甲斐に侵入し小山田氏・勝沼氏からなる武田軍を壊滅させた。

しかし、1536年3月17日今川病弱の後継的な立場であった今川五郎の急死を遂げたため出していた3男の玄広恵探(今川良真)と4男の栴岳承芳(今川義元)の間で倉の乱が起こる。氏綱は氏の実にあたる承芳を支持していたがかつて早雲や氏親の副将を務めて親交のあった福島正成が玄広恵探の中核であったため両者の調停を望んでいた。この姿勢に憤慨した承芳は乱に勝利して今川義元名乗り始めてすぐに武田信虎と同盟しその・定恵院を妻に迎えた。氏綱包囲網の一を担う武田と同盟を結んだ義元に憤慨した氏綱は相駿同盟を破棄して、名上だけとは言え今川から分されていた北条全な独立大名となり今川領への侵攻を開始した(河東の乱)。駿河東部を占領した氏綱は義元・信虎の軍を抑え遠江の堀越氏・井氏と同盟し、福島正成の子を北条綱成として一門に迎えるなど東海地方にも影を及ぼすようになった。

1537年、上杉が病死すると河越城を陥落させ翌年には下総南部葛西を落させた。古河方・足利晴氏は北条を使って反古河方連合および盟である小方を討伐しようと企図して氏綱に「小御退治」を命した。

1538年、扇上杉朝定の要請を受けた足利義明は遂に決戦を行う決意を固めて葛西に向け里見義尭・信応らと共に行軍を開始。氏綱はこれを葛西前にある府台で迎え撃って義明を討ち取った。(第1次府台合戦)。里見義尭は渡河中の北条軍を攻撃するという策を却下されたため北条軍の挟撃に備えるとの名で軍を動かし被害を免れた。第1次府台合戦の結果、小方は滅亡し信となるも両の勢は里見義尭が吸収していくことになる。

方退治を賞して足利晴氏は氏綱を関東管領に任じた。関東管領は室町幕府から任じられるので正式なものではないが、関東各地に古河方支持者がおり北条古河方から権威を授けられたことは守旧の勢にとって衝撃的な出来事で「他の逆徒」と罵られていた状態から北条関東に浸透していくとなったのみならず、幕府と今川の権威を後ろにしていた状態から古河方の権威を後ろとするように政策が変化していく契機にもなった。

1532年から里見義豊に焼かれた鶴岡八幡宮の造営を開始し関東の諸勢支援を受けつつ1540年に上宮正殿完成。氏綱はじめ北条一門臨席のもと大規模な落慶式を催した。
15417月19日、氏綱包囲網を形成した両上杉今川武田・里見との戦いを終えぬまま死去した。

※北条氏綱のおもな政治的実績


虎の朱印 


北条氏綱が使用した朱印は、その後80年程に渡って代々の後北条氏当が使用したが、その印には

寿応隠 (意味:人民よ皆平和に暮らそう)

と掘られておいた。

この印を用いる事で公式文書を確立して悪代官による悪政を排除する等、領民との間に友好関係を築いた。これが戦国時代でも稀にみる低い税率を維持し続けた後北条氏の農民支配の基礎となった。


氏綱の人材登用


氏綱は積極的に人材を集めまた抜したことで知られる。
後北条に在地の武士などが奉公衆評定衆として取り立てられるようにしたのが氏綱である。
特に個性的な点として若年者の才見抜き取り立てる例がある。
世代的にはむしろ次代・氏康と同年代であることが多く小田原征伐前後まで活躍していた者さえいる。

※取り立てられた一例


パパは心配性


関東管領上杉今川武田との戦いに決着を見る事なく病に倒れた北条氏綱は、若い頃はの音に驚いてひっくりかえるような小心者であった息子北条氏康を心配して北条氏綱御書置(五箇条の御書置)と呼ばれる自らの政治ノウハウを記した遺言状を遺して没した。享年55歳。

その後、督を継いだ息子北条氏康はみちがえる程たくましい武士となり、「氏康の向疵」と呼ばれる程の勇猛さを見せ付けた。

※その他「北条氏綱」の詳細についてはWikipediaの該当記事[外部]参照の事。


北条氏綱公御書置


北条氏綱御書置」の他、「五箇条の御書置」や「五か条の訓」とも言われる北条氏綱から息子北条氏康への遺言状

※北条氏綱もまた、督を北条早雲から譲り受ける際に、同様の遺訓を受け、それを忠実に守る事で後北条氏を発展させた。

その内容は、はじめに

(追書)
其方儀、万事等より生れ勝り給ひぬと見付得ハ、不謂事なから、古人の言名句ハ聞給ひても失念之儀あるへく、親の言置事とあらは、心に忘れがたく可在哉と如

と、心配性のパパらしく息子を持ち上げておいてから、北条氏綱自身の政事ポリシーを含んだ経営ノウハウを伝授している。


次へ»
最終更新日: 18/09/08 01:09
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ