ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


北欧


ヨミ: ホクオウ
掲示板をミル!
29カキコ!

北欧北ヨーロッパNorthern Europe) とは、ヨーロッパの北部一帯をす用である。具体的にどの地方を含めるかは、論者や地域分類の用途等によって異なる。


概要


狭義の「北欧」は、デンマーク王国スウェーデン王国ノルウェー王国スカンディナヴィア諸スカンディナヴィア三王)にフィンランド共和国アイスランド共和国を加えた5ヶである。フィンランドの自治領オーランド諸らびデンマークの自治領フェロー諸島およびグリーンランドを加えて5ヶ3地域と表現することもある(北欧理事会:Nordic Council)。

一方、エストニア共和国ラトビア共和国リトアニア共和国バルトを北欧に加える場合もある。これらの歴史的にドイツロシアスカンディナヴィア諸の影を強く受けてきた。

また、国際連合の分類では、これらの8ヶ英国グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国)とアイルランド共和国を加え、10ヶとしている。


北欧の国


分類
[画像を見る]デンマーク
























[画像を見る]スウェーデン
[画像を見る]ノルウェー
[画像を見る]フィンランド
[画像を見る]アイスランド
[画像を見る]エストニア
[画像を見る]ラトビア
[画像を見る]リトアニア
[画像を見る]イギリス
[画像を見る]アイルランド
[画像を見る]オーランド諸
[画像を見る]フェロー諸島
[画像を見る]グリーンランド

北欧理事会とノルディック・バランス


一般的にノルディックバランスと言った場合、ソビエト連邦アメリカ合衆国が対峙した東西冷戦下での北欧五かによる東西でのバランスある独自外交姿勢のことを言う。

しかし、21世紀現在でも北欧理事会は欧州連合との経済的協に関しては一定の距離を持ち、アメリカ合衆国にも、対するロシア連邦にも追従しすぎない独自のバランス感覚を持っている。
欧州連合EU)、北大西洋条約機構NATO)、ユーロ(€)など、導入レベルや加入レベルも北欧理事会は少しずつ異なり、彼らと一定の距離を取っている。

以下に、北欧理事会の外交バランスについて表にして示す。
名、欧州連合への加盟状態、北大西洋条約機構への加盟状態、欧州自由貿易連合への加盟状態、ユーロの導入状況の順。全て2015年1月現在

欧州連合EU) 北大西洋条約機構NATO) ユーロ(€)
[画像を見る]デンマーク 加盟(本のみ) 加盟 未導入
[画像を見る]スウェーデン 加盟 非加盟 未導入
[画像を見る]フィンランド 加盟 非加盟 導入
[画像を見る]ノルウェー 非加盟 加盟 未導入
[画像を見る]アイスランド 非加盟 加盟 未導入

単位で見るならばノルウェーアイスランド経済的に中立を保ち、スウェーデンフィンランドは安全保障的中立といったところだろう。デンマークは理事会でEUNATOの両方に加盟する一の国家だが、王全てがEUに加盟しているわけではなく、ドイツ占領の経験を踏まえての国家的中立と同盟をめており、実現しなかったスカンディナヴィア軍事同盟を歓迎していた(後述する)。

欧州連合と北欧理事会

北欧理事会のうち、欧州連合EU)に参加しているのはデンマークスウェーデンフィンランドである。
ノルウェーアイスランドが参加していないのは、漁獲量の制限や、捕鯨への反対が吹き荒れる欧州からの圧に、漁業捕鯨である両民感情が根強い反発を持っているからでもある。

[画像を見る]デンマークEUに所属するが、デンマークグリーンランドは自治権と独立性が強く、EUの前身である欧州共同体(EC)から脱退してから復帰していない上、デンマークフェロー諸島捕鯨であるため、EUには加盟していないなど、デンマーク王国は本土以外はEUに参加していない状態である。

[画像を見る]ノルウェーEUへの加盟を、投票で2度にわたって否決している。ノルウェーロシアの影に隠れているものの世界3位の天然ガスの輸出であり、世界9位の石油産出でもあり、経済的に安定しているため、EUというに入り、自産業をけん引する漁業と伝統である捕鯨を制限され、わざわざ貧相の面倒を見るというデメリットの大きい加盟には否定的である。

[画像を見る]アイスランド2008年国家破綻という前代未聞の危機に陥り、EUへの加盟とユーロの導入を一度は申請した。加盟の信を問う投票を実施するとしたものの、漁業界や民の猛抗議により2014年2月、反EUを掲げる政権が誕生したことを機に、結局投票を経ずにEU加盟計画を全に案とした。


北大西洋条約機構と北欧理事会


北大西洋条約機構NATO)は、デンマークノルウェーアイスランドが所属している。

[画像を見る]デンマークNATOに所属しているが、以前はスウェーデンスカンディナヴィア軍事同盟を歓迎していた。しかしこれが挫折すると、NATOに加入するものの、対敵するワルシャワ条約機構(ОВД)への対応でアメリカ他の西側諸と対立、デンマーカイゼーション(デンマーク化)とレッテルを貼られた。それでもなお、デンマーク軍は非常に優秀で、社会の評価は高い。

[画像を見る]スウェーデンNATOに所属せず、専守防衛を基本とした中立政策を保つ重武装中立であり、北欧五かによるスカンディナヴィア軍事同盟機構を提唱したこともあるが挫折(後述する)。ロシアとの緊密な軍事関係も、NATOへの参加を妨げている理由の一つであろう。

[画像を見る]フィンランドは東西冷戦期にはソ連の影が強く、親ソ的な外交姿勢(いわゆるフィンランド化)が続いていたが、ソ連崩壊後にはそういった空気は薄れている。しかし、ロシアを接することや、東西の勢争いに巻き込まれぬよう欧州連合に所属しながらもNATOには所属せず、というバランスを保っている。

[画像を見る]ノルウェーNATOに所属。対ロシアにおいては最前線の国家の一つである。第二次世界大戦での亡命政権がイギリスにあったことなどもあり、安全保障面では欧寄りで、スカンディナヴィア軍事同盟にもNATOへの合流を条件にするなど、難色を示した(後述する)。NATO所属ノルウェー軍は、ロシア軍とのスクランブルが多い。しかし冷戦当時からアメリカ軍基地は置いておらず、ロシアへの刺を避けている。

[画像を見る]アイスランドNATOに所属するが、イギリス漁業権を争った「タラ戦争」において、領の拡大を認めなければNATO軍の基地を撤去することをほのめかし、欧に大幅な譲歩を引き出したほか、2006年にはNATOアメリカ軍が撤退、基地を閉鎖するなど、NATO内での関係をそれほど重視していないようだ。アイスランドには軍もないため、実際の関わりも少ないということもあるにはある。


ユーロ(€)と北欧理事会


ユーロ(€)を導入しているのはフィンランドのみである。デンマークデンマーククローネ、ノルウェークローネ、スウェーデンクローナは較的安定した通貨として知られている。

[画像を見る]フィンランドは、東西の要所として冷戦下でバランス外交を繰り広げていたが、その外交姿勢故にソ連崩壊の煽りを一気に受け、旧通貨のフィンランド・マルッカは価値が暴落、恐慌が発生してしまった。企業は途方もない債務を背負うことになってしまい、経済が衰退。1996年欧州為替相場メカニズムに参加し、1999年にはユーロ導入を決定、2002年からユーロを正式に導入した。ノルディックバランスゆえの破綻という皮な結果であった。

[画像を見る]アイスランドアイスランドクローナは、2008年世界危機において価値が暴落してしまい、EU加盟とユーロ導入を検討したのだが、上で書いたように民からの反発によって案としたため、2015年現在イルカドラゴンししゃもなどのデザインされたファンタジーな通貨が全土で使用されている。
2008年当時は通貨の暴落によって、むしろ輸出が大幅に増えて収支が善、気が回復したという。国家経済の破綻によって対外債務不履行危機に陥ったが、実はその際にロシアアイスランドへの救済を申し出ていたりして、慌てたIMFが救済のために口を挟むというエピソードもある(国家としての義理を立てる為か、2014年ウクライナ危機では、アイスランドロシアへの制裁に参加しなかった)。
だが、他人の預を自の税で救済するという議会の法案に対して、大統領が拒否権を行使(アイスランド大統領徴的存在であり、拒否権行使は異例)、民も法案を否決、再提出、再拒否、再否決…を経て結局わざと銀行を破産させ、借を踏み倒し、融関係者や銀行逮捕しまくるという荒業を行使している。
この時の行為は欧米から強い反発を受けているが、その後の経済成長、逆にEU経済不調なども重なり、結果としてアイスランドユーロを導入しなくて正解だったようである。
現在アイスランド政権も反EU的であり、EU加盟計画を案にしてしまったため、導入は当面なさそうである。

ちなみに、各の通貨に使用されているクローネ(クローナ)は、全て「王冠」を意味する。


[画像を見る][画像を見る]スカンディナヴィア軍事防衛同盟[画像を見る][画像を見る]


北欧中立防衛同盟とも呼ぶ。第二次世界大戦後にスウェーデンの外相オースティン・ウーデンの提唱によって構想された、当時連合軍に占領されていたアイスランドを除く北欧4ヶによる中立的防衛同盟のこと。(英:Scandinavian defence union)。ソ連下のフィンランドを含まない3中立防衛同盟とする場合もある。

1940年から第二次世界大戦戦後にかけて、フィンランドソ連の影下(後に枢軸国として参戦)にあり、ノルウェーデンマークドイツによって占領されていた。スウェーデンは中立を維持したが、積極的に隣へ関わろうとはせず、ノルウェーの占領にもフィンランドの参戦にも関与しなかったため、いわゆる「隣見殺し」の末に守った中立だと内外から非難を呼ぶ。その為、北欧諸による中立的な防衛機構を作ろうとしたのがスカンディナヴィア軍事防衛同盟である。

同盟が締結された場合、北欧諸国家としてのを持つが、外交政策や安全保障上の問題はスカンディナヴィア同盟として単一のものであることが望まれたが、結局この同盟は成立しなかった。

以下に、第二次世界大戦前後の北欧五かについて示す。
名、戦前が置かれていた状況、戦中の政権と姿勢、戦中の占領状況、戦後の状況、影を及ぼした国家と組織の順。


次へ»
最終更新日: 18/10/14 16:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社