ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


北陸鉄道


ヨミ: ホクリクテツドウ
掲示板をミル!
10カキコ!

北陸鉄道(ほくりくてつどう)とは、石川県に路線を持つ鉄道会社である。

区分的には中小私鉄で、石川県一の私鉄でもある。もっぱら北鉄」(ほくてつ)と略される。ちなみに、あまちゃんに登場する北鉄」(きたてつ)とは全く関連はない


概要


グループ全体で、コーポレートカラーがオレンジと定められており、列車バスもこの色をしていて立つ。

金沢市の北部から内灘町にかけて、南部から白山市にかけて走る2つの路線を保有・運営しているが、路線バス高速バス事業であり、公営バスど存在しない県内において、バス路線のどを占めている。

筆頭名古屋鉄道
元々は第二次世界大戦時中に発された陸運統制にもとづき、尾小屋鉄道小松バスの前身会社)を除く石川県内全ての私鉄会社をほぼ強制的に合併させた地元資本の鉄道会社であったが、社や方針の違う会社を理やり合併しているため、60年代初頭にしい労働争議が起こった際に名鉄が経営参画した。
一時は子会社化されていたが、現在では自立性が高く、名鉄連結子会社にはなっていない。現在名鉄出身の加藤社長を務めいている。

2013年に創立70周年を迎え、県内各地で記念事業を行っている。


鉄道



現有路線


現在は、

の2路線を保有・運営している。前者は南部野々市市白山市民の、後者内灘町北部の住民の足として活用されている。 

かつては県内の各都市に路線網を保有しており、羽咋内・小松市内・(現在の)加賀市内なども路線を持っていたほか、金沢市中心部にびっしりと路面電車網をめぐらせていたが、採算の問題と、しい労働争議の末に、いずれも廃線となった。
現在はこれらの路線の役割を、路線バスが代わりに担っている。

また、かつては石川線の先に名線という路線を保有しており、白山麓の旧越村白山市まで続いていた。これは実は金沢から名古屋まで線路を敷くという謀ともいえる標の下に作られた路線であった(名前も、沢と古屋から一文字ずつとっている)。
もっともこの計画は、白山の東側を回した上で、長良川鉄道越美南線に接続するというもので、何も北鉄一社名古屋まで線路を敷くというわけでは毛頭なかった。また、そもそもこの標自体、投資の気を引くためのビッグマウスであったと現在では言われる。 無茶しやがって…

石川線については、かつて名線や能美線、線と接続、乗り入れしていた名残から、「石川総線」と地元住民が呼んでいることがある。

北陸新幹線開業を控え、JR金沢駅に直結している浅野線の乗客はわずかに上昇傾向にあるが、石川線は減少傾向にあり、鉄道事業事態の営業損益は、毎年1億円弱の赤字が続いている。
石川線金沢工業大学の近くにがあるほか、JR西金沢駅とも接続しているのだが、利用者減少が止まらない。そのため、かつては先述の通り白山麓まで続いていたのが、まず名線が止され、2009年には本来の石川線の終着であった「加賀一の宮」というからまでの区間も止され、今は名線が運営されていた頃の半分ほどの長さとなってしまっている。

しかし、2014年7月31日に石川線の四十万駅~曽谷駅間に新駅を造ることが決定[外部]2015年3月頃に開業予定で、名は「陽羽里」(ひばりえき)。完成すれば1937年8月に開業した井口駅以来、じつに78年ぶりの新開業である。石川線にとっては久々の明るい出来事である。

車両

いずれも、60年代から90年代にかけて首都圏私鉄で活躍した車両で、改造を加えないまま(7000系は)、オレンジ色の塗装だけ加えられて走っている。
石川線浅野線では電圧が違うため、一部車両は降圧改造が施されている。

東急7000系(初代)も、京王3000系も、首都圏での運用を引退した後、数多くの私鉄に譲渡され今なお活躍している人気車両だが、この2つを同時に運用しているのは今のところ北陸鉄道のみである。 


廃止路線


金沢駅片町・香坊、金沢・兼六園周辺など金沢市地に路線を展開していた北鉄路面電車。もともとは金沢電気が開業し、北陸合同電気現在北陸電力)が吸収合併し、北鉄に譲渡した路線であった。最盛期には北通り(国道159号)を経由して現在JR金沢駅前まで線路があった。また、野町駅の前まで路線があり、浅野線と石川総線の相互乗り換えをするための手段としての性格を持っていた。モータリゼーションとの競合化、交通渋滞の解消を理由に1966年に一部区間が止、1967年2月11日全線となった。

現在街道石川県17号金沢港線)に沿って、中地区から石地区まで展開していた路線。鉄道が開業し、会社名の通り、開業当初は鉄道であった。1914年に電化され、1943年に北鉄が合併して保有した。しかし、2年後の1945年、経営合理化や街道の交通渋滞解消を理由に一部区間止、1971年全線となった。現在は線路跡が全くないが、街道幅が広いことが一の名残となっている。

石川総線の1つ。開業の過程については上述の項を参照。加賀一の宮から白山(旧越村)までの路線。現在国道157号と手取を挟んてほぼ並行している。名鉄が開業し、開業当初は軽便鉄道気動車であった。1943年に北鉄と合併し、1949年に全面電化。しかし、1983年に発生した沿線付近の土砂崩れにより、一時運転休止1984年に復旧再開するも途中にある梁に重大な基盤劣化が見つかり、再び運転休止、そのまま全線となってしまった。さよなら運転のイベントも行われず、止された北鉄の路線の中で一番虚しい止となってしまった。

 


バス


上述の通り、県内の各都市路線バス運営しているほか、小松空港金沢駅を結ぶリムジンバス名古屋東京大阪などの都市金沢を結ぶ高速バス運営している。

特に金沢市内には緻密なバス路線網が敷かれており、観光客や学生重な足として、現在北鉄事業となっている。
もっとも、北鉄本社が運営しているのは、金沢市内の路線バス小松空港までのリムジンバス高速バスのみで、他の路線は分社化されている。 

バス赤色塗装されている。

地方の中小私鉄としてはしく、車両の低床化、LEDディスプレイの導入などに積極的で、外の路線でもいわゆる「ノンステップバス」が頻繁に走っている。

また、「花咲くいろは」で一躍注を浴びた湯涌温泉で、ぼんぼり祭りが開催されたときは金沢大学から臨時バスを運行したり、記念切符を販売したりしている。ちなみに湯涌温泉バス停の隣は、作中の名称にちなんで「湯温泉」の名前を冠したバス停が設置されており、サブカル系のイベントにはやや積極的である。

詳しくは『北鉄バスグループ』の記事を参照されたし。


iCa


アイ」と読む。イカではない。

北陸鉄道が独自に導入したICカード乗車券で、北鉄と関連会社の路線バスほぼすべてで使用可。他者との相互利用はない。
プリペイドタイプ定期券タイプの2つの遣い方が可だが、バス事業の方がメインとなった中小私鉄の多くがそうであるように、このiCaも、鉄道の方では定期券としてしか今のところ使えない。

JR石川県内の路線は、いまや全でも数少ない、自動札・電子マネー乗車券の未導入区間として(に県民に)有名だが、JRを差し置いて、中小私鉄である北鉄ICカード乗車券を導入して既に10年が経とうとしている。

2013年には創立70周年を記念して、このカードマスコットキャラクターであるアイカちゃん柄のカードが発売された。さらにiCa誕生10周年を記念して2014年に新しく記念柄カードが発売された。


レジャー事業


北陸鉄道直営で以下のレジャー事業が運営されている。

金沢市本町にあるボウリング場。1970年9月12日開業。開業当初は76レーンあったが、ボウリングブームの衰退の影現在48レーンに縮小されている。以前は、1階にプレイプラザというゲームコーナービリヤード場があった。建物内にはグループ会社の北陸ルサービスや北鉄航空の本社が同居している。ボウリング公式マスコットキャラクターが存在し、70周年記念事業の一環で2013年に名前を募して付けられた。ボウリングボールを持った三毛猫トラで、前者はニャンボ、後者はたまである。2014年頃より、公式Facebook[外部]を開設し、場内の大会の様子やイベントを広報している。2015年度に開業45周年を迎える。

ジャンボボールに隣接しているゴルフ練習場。


北陸鉄道グループの企業



関連動画



■nm11594131[ニコ動]

■sm7790789[ニコ動]


関連商品


■azB004UDOJ7S


関連項目



外部リンク



次へ»
最終更新日: 15/11/10 03:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ