ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


十二支刻獣


ヨミ: ジュウニシコクジュウ
掲示板をミル!
11カキコ!

十二支刻獣とは、TCGカードファイト!!ヴァンガード」に登場する種族である。
アニメでは「カードファイト!!ヴァンガードG」に登場。一部はアニメ内にキャラクターとしても登場している。


概要


その全てがクランギアクロニクル」に属するユニットで構成されており、十二支モチーフとしている。
元ネタは十二時であり、近代以前の中国日本などで用いられた、1日を約2時間ずつの12の時じしん)に分ける時法。「時間」をテーマにしたギアクロニクルテーマ性に合致したユニット達である。
種族名・クラン名の通り、全てのユニット歯車の意がある。
種族はに「ギアビースト」だが、十二時関係ではドラゴンユニットクロノ・ドランとその関連ユニットは「ギアドラゴン」。また、後述の「刻 / 刻将(パルサー)」「 / メタパルサー)」については種族縛りはない。
な関連ユニット機械仕掛けの神 デミウルゴスが存在し、十二支刻獣12種類をバインドゾーンからドロップすることで効果が得られる。
収録先に特記のないユニットトライアルデッキG9弾「生の十二支刻獣」で収録された。それ以前にも種族として持つユニットが登場していた。

アニメでは「ディペンカード」により呼ばれる12枚のユニットとして登場するが、後にG4期の段階で「刻 / 刻将(パルサー)」「 / (両者ともにルビは『メタパルサー』)」といった十二支刻獣サポート名称が存在し、それらは十二支刻獣にも属し、それ以外のユニットでも十二支刻獣に所属するユニットは増加し始めている。これにより、十二支に該当しないユニットも増え始め、単純な種族デッキとして扱われ始めている。
当記事ではアニメヴァンガードG(G3期まで)」で特別なカードとして扱われていた原典の十二支刻獣とそれらに直接的に関連するカードサポートである「 / 」を紹介する。
クロノ・ドランクロノファングタイガーの2種は顕現当初から所有者のになっていたが、この2種と「申の刻」以外の十二支刻獣は絵柄こそ現れてもカードとしての体裁になっていない不全な状態だった。不全な状態では、その顕現した絵もモノクロである。
それらの多くを全に覚醒させ、カードとして使用可にしたのは新導クロノだが、直後明神リューズクロノ・ドラン諸共それらを全て奪われている。クロノ以外が覚醒させたのはクロノファングタイガー》《クロノクロウモンキーの2枚。

クロノはある事件により負担を視して覚醒することができるが、リューズは召喚の際大な負荷を抱え込むこととなる。
それをある方法でしたリューズは、G3期「ストライドゲート編」後半で遂に十二支刻獣全てをその手にえることに成功。それにより構成されたデッキで、G345話「伊吹コウジvs明神リューズ」にて初めてそのを揮う。
しかし、ストライドゲートによって下された審判は、「新導クロノvs明神リューズ(3戦)」にて、新たな未来に進もうとするクロノの意思をみ、ファイト後基本となる十二支刻獣は全てクロノの元に集い、経緯は不明だが2ヶ後、それまで居なかったクロノ・ドラン・G》《クロノジェット・ドラゴン・G》と共にデッキに組み込んでいる。

クロノの「の刻」以外の本格的な使用はG4期「カードファイト!!ヴァンガードG NEXT」からであり、クロノメインデッキとなった影か、原典以外に十二支刻獣に所属するカードはその頃から確認されはじめている。
それらGユニットの多くは、G最終期「カードファイト!!ヴァンガードG Z」にて、クロノゼロスドラゴンを使用して敗北したことにより、消失永遠に喪われることとなった

余談

本当に余談だが、十二支刻獣のカードとしての本格強化が始まった2016年には、「バトルスピリッツ」がアニメバトルスピリッツ ダブルドライブ」の核となるカードとして「十二(じゅうにしんおう)が、「遊戯王OCG」にはOCGオリジナルカテゴリとして十二獣(じゅうにししがそれぞれ登場。偶然か否か、多くのカードゲーム達が一斉に十二支を取り扱う上に環境を制圧するという状況になった。
ただしヴァンガードGの場合、クロノ・ドラン2015年カード化、他のカードたちもデザインだけなら2015年に登場していたものもある。


十二支刻獣紹介



子の刻


クロノセラピー・ハムスター
ヒールトリガー
クランギアクロニクル 種族:ギアビースト/十二支刻獣
グレード:0 パワー5000 クリティカル:1 シールド10000

ネズミユニットであり、十二支刻獣のヒールトリガーただし名前はハムスター
ギアクロニクルには特にトリガーにまで要される必須名称は存在せず、このカードが初のテーマデッキに必要とされるヒールトリガーなので、十二支刻獣デッキには4枚投入必須。
新導クロノにより覚醒したカードだが、G3期途中で明神リューズに奪われ、そのまま明神の使用カードとなってしまう。
伊吹コウジvs明神リューズ」の最終局面ではヒールトリガー4枚を積みこまれていたが、4枚ともこカードである。「の刻」の例を考えると、覚醒さえしてしまえばディペンカードの同種複数所有は可と思われる。


丑の刻


クロノビートバッファロー
ノーマルユニット
クランギアクロニクル 種族:ギアビースト/十二支刻獣
グレード:2 パワー9000 クリティカル:1 シールド5000
効果:永【R】【GB1】:あなたの【V】にグレード3以上の<十二支刻獣>が存在するなら、このユニットパワー+2000。(ハーツカードの種族も含む)

二足歩行の猛ユニット
ヴァンガードに十二支刻獣が存在すれば常時パワー11000となるが、越中ハーツGユニットのいずれかが条件を満たしていればいい。
グレード3が十二支刻獣ならば常時パワー11000が相手ターンでも続くため、基本的にはそれを狙いたい。「クロノジェット」軸では片割れが十二支刻獣ではないため状況を選ぶが、「クロノファング」軸は両者条件を満たせるため相性がいい。

アニメではファイト白黒つけている最中にルーナがファイト外で実体化させ、伊吹コウジ安城マモル大山リュウタロウら各支部長ユナサン支部のみ代理の新城テツ)を襲撃、ドラゴンエンパイア支部をロケットパンチ壊滅させる。
騒動の終結した後のGNEXTではクロノリアガード要員として頻繁に使用している。


寅の刻


クロノファング」という名称が存在している。

クロノファングタイガー
ノーマルユニット
クランギアクロニクル 種族:ギアビースト/十二支刻獣
グレード:3 パワー11000 クリティカル:1 シールド:0
効果:【V】【GB(2)】:あなたが【越】のコストを払う際、捨てる手札のグレードを+3してよい。+3して払ったら、そのカードを表でバインドする。
:[手札から1枚選び、表でバインドする] このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、相手のリアガードを1枚選ぶ。相手はそのユニットを自分の山札に戻し、山札からそのカードグレード-2のカードを1枚まで探し、(R)にコールし、山札をシャッフルする。(コールしたいカードがない時は見つからなかったことにできる)

ブースターパックG7弾「勇爛」で登場したユニットであり、明神リューズの所持するメインヴァンガード
手札をバインドすることを条件に発動する二つの効果を持つ。
自動効果は相手のリアガードを1枚吹き飛ばすカードグレード1以下ならコールするべきカードゲーム上存在しない為、全除去となるが、グレード2以上は相手に該当の好きなユニットコールされてしまう。基本的にグレード0のファーストヴァンガードを狙い撃つカードになるだろう。
GB2を達成することで、リューズ的に言えば「如何なるコスト」だろうと手札1枚で越することができる、ブラスター・ダークDiablo”》亜種スキル論その有用性は言うまでもなく、越したい時に確実に越できるため、対となるクロノジェット・ドラゴンに負けない長所と成る。後述の オルタード・ドラゴンを初回越に用いることで、どの局面でも手札1枚で越できうるため、越時の手札コストグレードを気にする必要が全くなくなる
総じてメインヴァンガードとして遜色ないを持った、十二支刻獣第二のヴァンガードであり、十二支刻獣デッキと一口に言っても、だいたい「クロノジェット」か「クロノファング」、そして十二支刻獣以外を軸とする種族「ギアコロッサス」か、に分かれている。
バインドという特性も、自身の進化系や機械仕掛けの神 デミウルゴスと噛みあう為相性がいい。

惑星レイの背後ストーリーでは、不可解な言動でクレイ各所に襲撃をかけており、当初はそのため何者かに操られていると思われたが、後に彼自身にも確かな意思があって行動を起こしたことが判明した。

アニメではキャラクターとしても登場。担当声優黒田崇矢
明神リューズの理想と野心に共感し、彼にを貸し、甚大な負担が伴う方法によりクレイとのリンクを与える。
また、トライスリー側の5名の「裁定者」にり掛け、5人に「最後の審判」への参加を促していた。
彼がリューズに干渉したことが、ストライドゲート編の事態に至る最後のきっかけであり、そのためか「ぼく達にも責任がある」クロノったクロノ・ドラン視線を移した際、っ先に単独で映し出されている。その後、十二支刻獣がクレイに戻った後、クレイの描写が最低限になっているせいか特にケジメをつけた描写のないままGNEXTではクロノファングタイガー・G》としてしれっとクロノになっているため、彼が登場するたびにァ!」など彼を弄るコメントが多数流れ、GNEXTでは視聴者から全にネタキャラとして扱われている。そのため、現在は「クロノファング」二種めて「」と言ったりする流れもちらほらある。

カードとしてはリューズのファイト全てでメインヴァンガードとなっている。「伊吹コウジvs明神リューズ戦後は現世に召喚され、敗北した伊吹の抵抗に割って入る形でトドメを刺した。
少なくとも登場当初からリューズのデッキには複数枚投入されている。
騒動の終結後、このカード自体もクロノの手に渡っていることがG3最終話で判明しているが、GNEXTで登場しているのは専ら後述のクロノファングタイガー・G》であり、このカードの出番はまだない。

漫画「ストライドジェネレーション」では、各種の刻と共に登場。
ギアクロニクルに執着を持っていたリクが自分のデッキとして調整しており、大会で使おうとしていた。
ある人物との接触により、結局大会では使われずじまいだったが、このデッキこそが戸が変わろうとしている何よりの拠であり、対話の結果遂に戸は「カメレオンファイター」戦法を捨て、自らのデッキとして「クロノファング」軸を使う決心をした。


次へ»
最終更新日: 18/01/16 21:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ