ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


十和田湖


ヨミ: トワダコ

十和田湖とは、秋田県青森県の県にまたがるである。


概要


青森県十和田市秋田県鹿角小坂町に広がる巨大なカルデラで、面積61キロメートル、周囲46km、面標高401m、最大327m、透明度9m。内12位面積を誇り、瀬川の上流域に当たる。八甲田山火山群の活動で地盤が陥没し、現在の輪が形成された。周囲を御鼻部山や地山などの山々が囲む。観光地になっていて、遊覧船が出ている。自然も美しく、四季に合わせてりを変える。

1903年にヒメマス養殖に成功し生産地となった。1936年に瀬川や八甲田火山群とともに十和田八幡平国立公園定され、のちに天然記念物にも定されている。1955年十和田町が誕生したが、秋田県に同名の町があったので1975年に十和田湖町に名している。一方で観光地の開発は進み、1963年には温泉から12kmに渡って温泉を引き、十和田湖温泉郷を設立。他にもスキー場が整備されている。前々から熊野信仰が盛んだった十和田地区はパワースポットとしても有名で、その中でも十和田神社が最たるものだろう。


一式双発高等練習機の引き揚げ


2010年8月、十和田湖の地底調を行った会社が、底に何かが沈んでいる事を確認。調べてみると、戦時中に日本陸軍が運用していた一式双発高等練習機である事が判明。この機は内に現存機がく、歴史的価値が高いことから有志が引き揚げ作業に着手。許可を取った上で、2011年3月から開始された。一度は失敗したものの、二度の挑戦を実施。2012年9月4日に引き揚げられた。沈没から69年もの時間が経過していたが、十和田湖が淡だった事が幸いして思いのほか腐食は少なかった。修復された一式双高錬は青森三沢航空科学館に寄贈され、一般開された。東北で初の重要航空遺産に認定されている。

調の結果、本機は1942年製造。19439月27日秋田県能代飛行場から青森県八戸飛行場に向かっていたところ、エンジントラブルで十和田湖に不時着。搭乗員4名のうち救助されたのは1名のみだった。


関連動画



■sm16117506[ニコ動]

■sm11806190[ニコ動]
■sm26304273[ニコ動]
■sm31713384[ニコ動]


関連商品


■az488561080X
■az4895442861
■az4870200570
■azB07213SV56


関連項目



最終更新日: 19/11/24 23:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ