ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


十干


ヨミ: ジッカン
掲示板をミル!
11カキコ!

十干とは、甲・・丁・・己・・辛・の十個の要素の順列である。十二支、陰陽五行説と深い関わりを持つ。

十二支十干を合わせたものを干支と呼ぶ。


概要


(こう、こうぼく、きのえ)

木性(守備本)の陽。木を表す。「自」「独立」「頑固」という性質を持つ。

(おつ、おつぼく、きのと)

木性(守備本)の陰。を表す。「協調」「和合」「社交」という性質を持つ。

(へい、へいか、ひのえ

火性(伝達本)の陽。太陽を表す。「明朗」「寛容」「芸」という性質を持つ。

(てい、ていか、ひのと)

火性(伝達本)の陰。火、ろうそくの火を表す。「孤独」「反」「芸術」という性質を持つ。

(ぼ、ぼど、つちのえ)

土性(引)の陽。山を表す。「奉仕」「情」「回転財」という性質を持つ。

(き、きど、つちのと)

土性(引)の陰。大地、田畑を表す。「庭」「堅実」「蓄積財」という性質を持つ。

(こう、こうきん、かのえ)

性(攻撃本)の陽。鉱石、鋼を表す。「闘争」「行動」「短気」という性質を持つ。

(しん、しんきん、かのと)

性(攻撃本)の陰。宝石を表す。「持」「名誉」「儀」という性質を持つ。

(じん、じんすい、みずのえ)

性(習得本)の陽。、大河、を表す。「自由」「放浪」「創造」という性質を持つ。

(き、きすい、みずのと)

性(習得本)の陰。露、沢、池沼を表す。「努」「伝統」「学問」という性質を持つ。

なお六十干支干支(かんし)のことを「えと」と呼ぶのは、十干日本語呼称が「え」及び「と」で終わることに因んだものである。

今日日本では干支というと十二支、それもそれを構成する動物(十二生肖)のことをす事が多いように、十二支較すると忘れられている感がある十干であるが、法律資格等の用には「甲」を中心に十干を順序を示すとして用いた名残が存在する。

例えば危険物取扱者免許には「甲・」、鉄道の動操縦者免許には「甲・」の区分があり、焼酎にも「甲種・種」がある。近畿日本鉄道の優等列車近鉄特急)でも「甲特急特急」が区別されている。
また「甲つけがたい」といったように慣用句として残っているものもある。


日本でのカウント方法


本場中国では10の要素にそれぞれ別の字を当てたのに対し、日本では陰陽五行説あやかった訓読みを施している。まず五行(木・火・土・)の訓読みをつけて、そしてそれぞれに陽(、すなわち「え」)と陰(、つまり「と」)を充てた。

十干と陰陽五行は数学的に相性がいい。この訓読みが充てられたのは10という数が半素数であり、5と2に素因数分解できるために適応できた技である(当時の陰陽師等が素因数分解を知っていたかどうかは別として)。


関連商品


■azB003EITSC6
■az486010207X


関連項目



最終更新日: 15/10/18 21:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社