ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


千賀滉大


ヨミ: センガコウダイ
掲示板をミル!
45カキコ!

千賀滉大(せんが こうだい、1993年1月30日-)とは、愛知県出身のプロ野球選手投手)である。現在福岡ソフトバンクホークスに所属。

概要

福岡ソフトバンクホークス #41
千賀滉大
基本情報
日本日本
出身地 愛知県蒲郡市
生年 1993年1月30日
身長
体重
186cm
86kg
選手情報
投球・打撃 右投左打
守備位置 投手
プロ入り 2010年育成ドラフト4位
経歴
際大会
代表チーム [画像を見る]日本
WBC 2017年
プロ野球選手テンプレート

地元の高校に進んでから投手に転向。2年からエースになり、身長伸びるにつれ球速も上がり最速144km/hをマークしたが、3年も県大会3回戦止まり。
全くの名と言っていい存在だったが、2010年の育成ドラフト4位で福岡ソフトバンクホークス名され入団。背番号128

ソフトバンクスカウト部長(当時)の小川一夫が地元のスポーツ用品店経営者から存在を知らされ、練習を見学した結果、育成枠での名に至ったそうである。また同年の育成ドラフトでは5位で牧原大成、6位で甲斐拓也名されている。

ソフトバンク時代

入団当初は全くストライクが投げられないような制球だったが、倉野信次コーチのもと三軍魔改造を施された結果、最速152km/hをマークする剛速球投手に生まれ変わる。

2012年(2年)、キャンプから結果を残してA組に昇格しオープン戦でも登板。開幕後の4月23日、支配下登録を勝ち取った。
背番号和田毅のつけていた21を与えられ、本人も驚く。4月30日QVCマリンフィールドでの千葉ロッテマリーンズ戦でプロ登板、3回までノーヒットの投球を見せるが、4回に入って自滅してしまい3失点でKOされた。
5月11日、再びQVCロッテ戦で登板するも1回4失点とボコボコにされ二軍落ち。そのまま二軍シーズンを終えるが、二軍では先発ローテーション入りし、21試合に投げて防御率1.33をマークしてウエスタンの最優秀防御率を獲得、11勝した二保旭とともにチームのウエスタン優勝の原動となった。


2013年岩嵜翔背番号を交換する形で背番号41に変更。
中継ぎとして開幕一軍入りを果たし、4月17日東北楽天ゴールデンイーグルス戦で1点リードの7回に登板し、プロ野球史上15人となる1回4奪三振を記録するなど、リリーフでありながら奪三振ランキング上位に顔を出すという異常ペース三振の山を築く。
5月12日埼玉西武ライオンズ戦で同点の7回から2イニングを投げ、その間にチームが勝ち越しプロ勝利を挙げた。そのまま前半戦は27試合連続失点連続イニング失点のパ・リーグタイ記録34回1/3)をマークする大活躍を見せるが、ブライアン・ファルケンボーグの離脱で抑えのポジションが回ってきた6月26日北海道日本ハムファイターズ戦で味方のエラーから連続失点が途切れ敗戦投手となると、そこから4試合連続で同点の場面で登板して失点し4連敗、登録抹消となった。オールスターには監督推薦で初出場、第2戦で4者連続を含む5奪三振を記録して敢闘賞を受賞。
後半戦もリリーフとして投げたが前半戦ほどの安定感はなく、9月に左離れで戦線離脱、そのままシーズンを終えた。最終的に51試合に登板、1勝4敗1セーブ17ホールド、防御率2.40


2014年デニス・サファテの加入もあり開幕から便利屋中継ぎポジションで投げていたが、6月に右肩の違和感で戦線離脱。そのまま後半のシーズンを棒に振った。
19試合で1勝1敗3ホールド、防御率1.99。


2015年先発に再転向。二軍では好投を続けていたが、一軍先発きがく、なかなか昇格のチャンスがなかった。
8月18日オリックス戦でシーズン登板、7回失点の好投で一軍先発勝利を挙げる。結局シーズンでは4試合に登板、2勝1敗、防御率0.4022回1/3で自責1)と来シーズンへ大きな期待を抱かせる数字を残した。
ポストシーズンリリーフとして待機し、クライマックスシリーズでは第1戦と第3戦で璧なリリーフを見せCS突破に貢献。
日本シリーズでは初登板となった第3戦で山田哲人に3打席連続の3発となるホームランを打たれて敗戦投手となったが、第4戦では2イニングを失点に抑えた。


2016年は開幕からローテーション入りし、1年間ローテーションを守った。4月13日西武戦ではプロ勝利を挙げるなど、安定したピッチングで7月まで敗の開幕8連勝マーク
9月3日楽天戦では1失点勝利で12勝を挙げ、読売ジャイアンツ山口鉄也の持っていた育成出身選手のシーズン最多勝利記録を更新した(なお、山口は通算ホールドの日本記録を持つ救援専門の投手である)。
その後の3試合で0勝2敗に終わり、13勝を挙げられず最高勝率タイトルは逃したが、初めて規定投球回数に到達し、12勝3敗、防御率2.61リーグ3位)の好成績を挙げた。
クライマックスシリーズではロッテとのファーストステージ第1戦に先発し7回2失点の好投も勝ち負けつかず。
日本ハムとのファイナルステージでは第3戦に先発したが、初回の4失点(自責0)がき敗戦投手となった。


2017年WBC日本代表侍ジャパン)に選出され、オーストラリア戦では6回から登板し、勝利投手となる。アメリカ戦の8回に1失点を喫し、敗戦投手となった。最終成績は4試合1先発1勝1敗、11回、16奪三振菅野智之と並んで全体で最多)、防御率0.82(10イニング以上を投げた投手では二番)となり、先発中継ぎフル回転し失点とも言える活躍を見せ日本の決勝ラウンド進出に大きく貢献、侍ジャパンからWBCベストナイン投手部門)にも選出され、育成選手出身ながら世界にその名を知らしめた。
レギュラーシーズンでは22試合に登板し、13勝4敗(勝率.764)、防御率2.64の成績を挙げ、最高勝率タイトルを獲得した。日本シリーズでは第1戦で7回1失点の好投でを挙げたが、背中の痛みで第6戦は登板を回避した。


2018年は育成出身選手として史上初の開幕投手を務める。8月17日オリックス戦ではプロ完封を達成し、8月は4勝0敗、防御率0.86の成績でMVPを獲得(育成ドラフト出身選手ではパ・リーグ初)。最終的に22試合で13勝7敗、防御率3.51の成績を残したが、先から右腕のり、右肘の違和感、右肩の違和感などで短期間の登録抹消を繰り返したため、規定投球回数には届かず終わった。


2019年は2年連続の開幕投手を務め、開幕戦で自己最速の161km/hをマーク。開幕から好調で、5月6月と2ヶ連続でMVPを獲得した。7月からやや調子を崩し、8月17日西武戦では3回9失点という大炎上もあったが、9月6日千葉ロッテマリーンズ戦では令和初・育成出身初のノーヒットノーランを達成した。球団では1943年の別所昭(別所毅)以来76年ぶり。

プレースタイル・人物

最速161km/hの強いストレートと、吉見一起から伝授されたとんでもない落差のフォーク(通称:お化けフォーク)が武器。

育成選手時代から、その素材としての魅には他球団からも注が集まり、埼玉西武ライオンズ帆足和幸人的補償としてっ先に検討し(育成選手人的補償いため移籍は免れた)、中日ドラゴンズの地区担当スカウトが地元の逸材を見逃していたことに大目玉を食らったほど。

名だった高校生育成枠から日本代表に、というサクセスストーリーは、2018年に「千賀物語」というタイトルで「コミックゼノン漫画にもなった(作画山田俊明)。

同期入団で同級生、同じ育成出身でバッテリーを組む甲斐拓也とは、周囲から「仲が良すぎて気持ち悪い」(by五十嵐亮太)と言われるレベルの大の仲良し

応援歌

球団 レス No プレイヤー
ソフトバンク 応援歌のピコカキコ一覧#826 11316

成績

年度別投手成績

年度 球団 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
2012年 ソフトバンク 2 2 0 0 0 1 0 0 .000 4.2 8 1 7 5 9.64
2013年 51 0 0 0 1 4 1 17 .200 56.1 26 85 16 15 2.40
2014年 9 0 0 0 1 1 0 3 .500 22.2 5 28 5 5 1.99
2015年 4 3 0 0 2 1 0 0 .667 22.1 10 20 2 1 0.40
2016年 25 25 3 0 12 3 0 0 .800 169.0 53 181 52 49 2.61
2017年 22 22 0 0 13 4 0 0 .765 143.0 46 151 47 42 2.64
2016年 22 22 1 1 13 7 0 0 .800 141.0 58 163 57 55 3.51
NPB:7年 145 74 4 1 42 21 1 20 .667 559.0 206 630 186 152 2.77

タイトル・表彰・その他

タイトル
NPB 最高勝率 1回 2017年
NPB MVP 3回 2018年8月2019年5月6月
WBC 最優秀投手 1回 2017年
その他
NPB 開幕投手 2回 2018年2019年
NPB ノーヒットノーラン 1回 2019年9月6日

次へ»
最終更新日: 19/09/06 21:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ