ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


南海電気鉄道


ヨミ: ナンカイデンキテツドウ
掲示板をミル!
63カキコ!

南海電気鉄道[なんかいでんきてつどう]とは、大阪・ミナミのターミナル・難波から和歌山高野山・関西空港などを結ぶ路線を保有する鉄道会社である。通称「南海」「南海電鉄」。


概要


南海50000系
  南海 50000系電車"ラピート"
Nankai 50000 Series "rapi:t"

大阪市内の難波駅(以下、対外表記の「なんば)をターミナルとし、和歌山県北部、関西国際空港高野山、泉北高速鉄道経由でニュータウン南海フェリーに連絡して徳島を結んでいる。に競合路線であるJR阪和線ダイヤ異常時の振り替え輸送を担っている。

大手私鉄16社の1つであり、日本最古の純民間資本私鉄でもある。

路線図に記された駅ナンバリングの符号は、当社線各NK 、乗り入れ先の泉北高速線は SB

スルッとKANSAI・全山岳鉄道‰会加盟社。


営業路線


南海電鉄では、1990年代頃から「支線」と呼ばれる路線がくなっている。

なお、高野線は途中の中百舌鳥駅以北、なんば駅まで「泉北高速鉄道」の車両が乗り入れる。 
なんば駅橋本駅には「りんかんサンライン」という称があったような気がするが(ε)キニシナイ!!


優等列車


ラピート南海本線空港線なんば関西空港
鉄人28号」こと、なんば関空を結ぶ特急列車で、名実共に「南海の顔」である。
空港輸送という点ではJR「はるか」べて圧倒的に不利な状況であり、一時は乗率が可哀想な事になっていたが、近年では関空会社がLCCの受け入れに積極的なため、前の座席をグルっと回して4人席の1名占領なんてもうできないくらい乗客が復調傾向にある。どちらかというと難波佐野以北でのビジネス特急してる感が否めない。 一部座席のモケットはヒョウ柄である。
サザン南海本線なんば和歌山市和歌山港)
なんば和歌山を結ぶビジネス特急
車両10000系(先代の特急四国号」に使われた1000系の機器を一部流用)と12000系2011年デビュー)が使用されているが、いずれも特急車両の座席普通車両(10000系の相方には塩害魔王7000&7100系12000系相方には8000系)の自由席を併結させて走るしい特急(他社で同様の運転形態を取る例に、名鉄特急がある)であり、快適性、込み具合共に、自由席との格差が非常にしい。 
しく喫煙車両も存在し、特にラッシュ時の内では煙が充満する。また禁煙からトイレに行くときはこの喫煙車両を通り抜けなければならないためアンチ煙草の人にとっては苦痛である。 2011年9月12000系(サザンプレミアム)導入より、晴れて全禁煙となりました!
こうや・りんかん高野線なんば極楽りんかんなんば橋本
なんば高野山を結ぶ観光特急で、ラピート登場前の南海の顔。別名「南海女王」とも。通常は4両運転が基本。後述のりんかんと併結して8両で走る(橋本分割併合を行う)便もあったが、2015年12月の「泉北ライナー」運転開始と同時になくなった。 なお、季の閑散期には車両点検(定期検)の都合により、運休となる列車がある。
りんかん」は期運休対策と、橋本以北高野線ビジネス特急系統として1992年デビューした。それ以前も1985年から同様の形態での運行がされていた特急があり、通称「H特急」と言われていた。
以前は高野線特急では一の20m級車両である「11000系」をメインに使用し、平日ラッシュ時の列車は8両運転が基本であったが、2015年12月から11000系が「泉北ライナー」専用編成となってからは「りんかん」も30000・31000系での運転が基本となり、11000系季(概ね1月上旬から2月末頃の間)の検時にしか「りんかん」運用に入らなくなった(この時期に限り「泉北ライナー」はサザンプレミアム用の12000系が運用に入る)。上り1本のみ8両運転、他は4両で運転される。知名度的には私鉄特急の中でもトップクラス地味さではないだろうか。

また、高野線特急車両には1本も予備がないため、定期検のたびに運休が発生する。突発的な車両故障などが発生した際には即、運休につながる。その場合、一般車両による全自由席特急が走ることもある。


観光列車


天空高野線橋本極楽
南海2208系(展望定席)2両と南海2300系または南海2000系自由席)2両を併結して運行している。
2208系の車両時には、残念ながら運休となる。定席券は事前電話予約のみ。その他の予約方法は2013年現在設定がない。乗当日に受け取りとなる。

沿線風景


大阪ナミの繁、堂々とそびえるなんば駅から出た電車は、通天閣スーパー玉出を望み、ドヤ横や直上、下町、商店、路地裏、山の手、フツーの住宅街、ドブ、絵に描いたようなニュータウンを渡って空港の中、沿い、トンネルでパス、潮の香りがする港、巨大古墳のすぐ横、急曲線と急勾配をませながらいくつものトンネルをくぐり、清流をまたいで山し、いよいよ地形的に行き止まりとなった場所でケーブルカーに乗り継いで行った先は、世界遺産山上宗教都市…と、まぁ何でもござれなフリーダムであり、沿線風景はヒジョーに多様である。ついでに高野前からは、一般車通行禁止のバス専用南海りんかんバスの私)があるオマケつき。もういいよおいっぱいだよ!私鉄1社の車窓風景としては満全席級コース

大手私鉄ではしく、地下施設が全くい(南海線高野線ともにトンネル区間はある)。これは大手でも南海と、西日本鉄道(地下トンネルもない)だけである。なお、南海の名誉のために申し述べておくが、東武鉄道押上駅(地下)は、東京メトロ半蔵門線との相互乗り入れによって生じた「副産物」的なおよび区間であり、の管理者は東京メトロである。


運賃


関西大手私鉄他社と異なり、近鉄と同じく田舎…以上の急傾斜山間部も走るため近郊の運賃設定となっており、やや高めの設定。
中百舌鳥駅を挟んで高野線 - 泉北高速鉄道を乗り通す場合は、初乗り運賃が2社分徴収されるが、乗継割引は100円であるため、運賃設定は南海電鉄のみを乗した場合と大差ない。

かつては初乗り運賃も2社分徴収され乗継割引も20円と少ないため、中百舌鳥駅を挟んだ近距離運賃はかなり高いものとなってしまっていた(ただし、泉北高速線は距離が長い【中百舌鳥深井間は3.7kmある】ので、他社局と較してもとりわけ高額な設定というわけではない)。そのため、北線内から新今宮駅(≒地下鉄動物園前駅)・なんば以北の大阪市営地下鉄が最寄りの場所へ向かう場合は、経由地・時間や運行回数が若干不利ながらも、中百舌鳥駅なかもず駅へのパターン化された逸走も見られた。というか、大阪市営地下鉄初乗りが割高である反面、遠距離になればなるほど低廉となる地下鉄形運賃体系を取っていることにもよる。それを居住時に刷り込まれる。覚えてしまう。逆もまた然り。
阪急阪神京阪、それから北大阪急行などに慣れてしまった人は、の運賃表を見上げて然とする…かもしれない。


関連動画



■sm2218683[ニコ動]

■sm1247946[ニコ動]


関連商品


■azB000RGFM5A
■azB00005OE3J
■az4873663067
■azB000RGFM5K


関連コミュニティ


■community


関連項目


大手私鉄一覧
東武鉄道-西武鉄道-京成電鉄-京王電鉄-京浜急行電鉄-小田急電鉄-東京急行電鉄-東京メトロ-相模鉄道-名古屋鉄道-近畿日本鉄道-南海電気鉄道-京阪電気鉄道-阪急電鉄-阪神電気鉄道-西日本鉄道

最終更新日: 20/08/08 20:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ