ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


原文ママ


ヨミ: ゲンブンママ
掲示板をミル!
52カキコ!

原文ママとは、ある媒体において既存の文章を引用する際に引用文中の内容には手を加えておらず、原文のままであることを明示するための記述で使われる用である。

はらふみさんのお母さんのことではなく、原はらさんちの文あやお母さんのことでもない


概要


ある媒体(書籍や論文、ニコニコ大百科の記事のようなWikiタイプWebサービスblog等々)の文章中で既存の文章を引用する際、引用する文章の中に誤り誤字、作成された時代の違いによって不適切となった表現などが含まれている場合において、引用した者のミスではなく、内容を承知した上で意図的に引用元のオリジナルの文章を変せずにそのまま使用しているということを明示的に示すための表記である。
引用文中に誤りなどが確認されていない場合においても、内容の正当性の責任引用元にあることを明示するために使用されることもある。

「原文を(誤りも含めて)そのまま引用」のような表記が形式化して「原文ママ」に落ち着いたと言われているが、単に[ママ]とだけ書かれることがある。(この場合、[]か〔〕でくくってやらないと紛らわしい)
英語では [sic] と書く。これはラテン語sic erat scriptum (このように書かれてました)の略である。

例1:

初投稿2007年4月21日アイドルマスター 青い鳥 Remix』(原文ママ)。ニコマスコミュニティー自体も―

上記の例は、正しくは「蒼い鳥」という曲名であるところを「青い鳥」と間違っている(もしくは作者の何らかの意図で変えている)のだが、動画タイトルなので訂正せずに元の表記をそのまま記したものである。

例2:

ある日、原子力発電所爆発事故に巻き込まれた、炭鉱夫チェルノブ 。九死に一生を得た彼ではあるが、その体には、放射線で異状(原文ママ)が身に付いてしまっていた―

上記の例は、正しくは「異常」と表記するべき所を「異状」と間違っている例1と同じ事例だが、こちらは原作ゲームスタート後に表示されるストーリーデモで実際に表示されていた為あえて訂正せずに元の表記をそのまま記したものである。

例3:

シオドアスタージョンは当時のSF大会において「ジェイムズティプトリー・Jrを例外とすれば、最近のSF作家でこれはと思うのは、女性作家ばかりだ」(原文ママ)と述べたと記録されているが―

上記の例は、ジェイムズティプトリー・Jrの正体が実は女性作家であった事実現在明らかになっているためスタージョンの発言は前提から間違っているのだが、当時のティプトリーはの場に一切姿を現さず編集者とも手紙を介したやりとりのみの作家であり、男性名であることから男性だろうと思われていたという過去の状況を説明するために意図的に間違った内容の発言をそのまま紹介したものである。


関連項目



最終更新日: 16/07/19 14:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ