ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


古代進


ヨミ: コダイススム
掲示板をミル!
33カキコ!

 古代進とはもはや言うまでもない、宇宙戦艦ヤマトシリーズ主人公である。
 後述するように旧作では問題児な面も多かったが、終始熱血主人公らしい主人公であった。担当CVも多く、初代から完結篇は富山敬ゲーム版及び復活篇は山寺宏一2199では小野大輔が努めている。 


概要(初代~完結編)


 当初は宇宙戦士訓練学校補生であり、島大介と共に火星の観測基地で任務中、偶然にも波動エンジンの設計カプセルを持ったイスカンダル人のサーシア、 その亡骸と邂逅カプセルを回収。
 地球帰還後、そのカプセルを基に波動エンジン完成させたヤマトに乗艦。長と航空隊長を兼任するような、戦闘班長の地位に就く。初期段階は古代守を「見捨てた」沖田十三を相当に恨んでいた。

 両親・親族は、を除いて遊星爆弾により全員他界している。

 そういった経緯からガミラス人への憎悪もしく、捕虜をナイフで殺しようとさえしている。
 しかし戦の末に滅びたガミラスを前に「勝利か、クソでも喰らえ!」と戦いの虚しさも痛感。14万8000光年路は、彼を人間的に成長させた。イスカンダル奇跡的に事だった古代守を見届けた後、地球に帰還する。

 そして沖田艦長戦病死後(実際は誤診)は、しばしば艦長、艦長代理などに就任。ヤマトの実質的な指揮官だが…

 他にも堂長官や土方などの擁護、追認がなければ、不名誉除隊にされても何も文句が言えない。
 独断専行、命違反を日常茶飯事で行なっている経歴を持つ。結果として地球を幾度も救ったとはいえ、およそ軍人としてふさわしい人物とはいえず、良くも悪くも「冒険物の主人公」というキャラ付けであった。 

 また、古代戦闘班長を努めている時の艦長は、必ず戦死or戦病死する(魔の艦長席)。

 但しここまで書くと古代進という人物が、真性のロクデナシに見えるので、一定の弁護を行なっておく。
 初代無印では宇宙戦士補生でありながら、急遽任命されたヤマト戦闘班長の任務を務め上げ、一応の区切りである完結篇では、ヤマト自爆させてでもアクエリアスによる地球滅亡回避を提案。

 その際には自分が波動砲の内部自爆制御を担当を申し出るなど、それなりの責任感も有している。
 また、家族を思期に相次いで亡くしたことから、沖田十三艦長を何処か父親のように見ており、ヤマト自爆古代の代わりに請け負った沖田艦長を、落涙とともに「さようならお父さん」と、見事な挙手の礼で見送った。 


概要(復活篇)


 ディンギル戦役から17年後にあたる復活篇では防衛軍を退役、森雪と正式に結婚
 一人古代をもうけている。しかしヤマト宇宙への未練から良い父親とはいえず、貨物船の船長としてけることが多かったこともあって、そのことから家族関係は良好と言えなかった。

 妻であるは第一次移民船団護衛のスーパーアンドロメダ級の艦長に就任。
 SUS艦隊から移民船団を守る戦闘のさなか、緊急ワープと同時に乗艦が被弾してしまい、大破した乗艦こそ残されたが本人は消失。復活篇とディレクターカット版。双方で行方不明扱いとなった。

 行方不明カスケードブラックホール接近を、地球科学技術庁長官となった真田さんより知らされ心機一転。
 再度大幅に強化されて就役したヤマト艦長、そして第三次移民船団護衛艦官の任務を引き受ける。また、この任務を引き受ける前にも、大破した戦闘空母ブルーノアでSUS艦隊を撃退するなど、腕は衰えていなかった。

 当初のビジュアルは、その容貌は往時の沖田艦長のような濃いヒゲに覆われ「誰だお前」状態であった。
 移民船団護衛の任務は見事に務め上げ、ての自分のような血気盛んな部下を諌めるなど。年齢相応の落ち着きと成長がだいぶ見られる。見られたはずなのだが…

 カスケードブラックホール破壊の際は、本来の戦闘班長を押しのけて勝手に波動砲を撃つ。
 ブラックホールの影地球暴風雨に覆われた時は、救出のため断でコスモゼロを持ち出すなど。

 …やっぱりいつもの古代でした。寧ろ職責の重さが増したことを考えれば、更に悪化したかもしれない。


概要(PS/PS2ゲーム版)


 平成に入ってからゲームとしてリメイクされた作品であり、松本零士をはじめ、ゲームスタッフ達によって、原作の理不尽な脚本・皆殺し展開を大きく変更。
 それに伴い古代もかなり理性的になり、年長者との会話は必ず丁寧に行う、部下や同僚の判断、意志を尊重。僚艦援護もヤマト艦長となった古代守サポートという形でこなすなど、概ね理想的な戦闘班長となっている。

 恐らく2199を除けば、一番性格的に落ち着き、理性的になった古代進であろう。

 ゲームの流れもヤマト無双ではなく、残存防衛艦隊とのチームプレイ勝利を勝ち取る王道ルート
 何より山南修艦長、古代守サーシャスターシャと守の)といった、原作ヤマトよ永遠に」にて理不尽な死に方をしたキャラを、ルートによっては生還させることも可で、非常に良くシナリオが練られており、ヤマトIII以降の続編が出なかったことが惜しまれている。 


概要(2199)


 他のキャラクターと同様に年齢、出自、国連宇宙軍への入隊経緯、階級などが細かく設定されている。
 初登場時の階級は3尉で、メ号作戦の一環として、イスカンダルからの連絡機との接触のため、火星島大介とともに待機していた。偶然サーシアと遭遇というわけはなく、このあたりの整合性はリメイクならではある。

 今作では、出渕裕監督古代の性格、スタンスを逆にした」・「昔の古代では今は受け入れられない」という判断から、ゲーム版以上に落ち着いた、(年齢相応の未熟さを除けば)冷静な性格となった。一例としては旧作同様、の戦死を「陽動作戦を殺したのか」と沖田に詰め寄るが、苦悩に満ちた謝罪から心情を察し、敬礼で応じた。

  とは言えその直後、整備中の最新鋭機コスモゼロとともに断出撃させ、整備中メンテ全なことが原因から不時着、大破させてしまい、加藤三郎に顔の形が変わるほど殴られている。一の親であるの戦死直後ということで、やはり頭に血が上っていたのであろうか?

 こういった経緯から、後に戦術長の職と1尉昇進を拝命しても、航空隊からは非常に懐疑的に見られた。
 加藤からは戦術長「殿」と、軍では最大級の侮辱にあたる、旧陸軍式の名前で呼ばれ、部下を駄死にさせた場合の覚悟を迫られる場面もある。当人も自覚はあり、当初は自分にその資格はないと辞退を申し出ている。 

 しかしヤマト出撃後は、単に命に忠実なだけではなく、戦術長として概ね的確な判断を発揮。
 仮に危険な任務を迫られた場合は、自らが率先垂範するなど、と人格で階級と職の両方にふさわしい人物であることを明し、加藤を始めとして多くの部下や同僚から、信頼と信用を確立している。 

 また今時の主人公らしいというのか、基本的に温厚で概ねも優秀で、部下の心情を悟るのもい。
 気の回る良い上官なのだが、異性関係だけは正正銘の朴念仁森雪山本玲といった女性の好意に全く気づいていない。また、意外とアナクロな表現を好み、真田志郎を「コンピューター人間」と評していたこともあった。

 なお、戦闘時に際しては基本的に第一、第二艦揮を執るが、メ2号作戦のように航空揮をとることもある。
 その際の乗機はコスモゼロ1号機、コールサインアルファワン」であり、旧作のように独断専行で出撃するわけではなく、古代不在の際には長の南部康雄揮権を引き継いでいる。

 「新米の3尉がいきなり新戦闘機を操れるのは?」という旧作の疑問も、ヤマト配置前の所属部隊という形で解消。
 原隊は第7航宙団、つまり戦闘機隊であり、同時にコミック版では「航空技量席」と設定も補されており、大概の戦闘任務をこなせる理由も、それなりの整合性を取るように努められている。 

 戦術長という職に相応しい、人間味とを有した、今度こそまっとうな主人公として活躍中である。
 因みに2199の担当声優小野大輔氏は「昔の古代って野獣みたいな…」とオーディオコメンタリーで評している。 


関連動画



■sm4854238[ニコ動]

■sm2197654[ニコ動]

■sm17368889[ニコ動]
■sm20720265[ニコ動]


関連商品


■azB007ZB06OW
■azB00APB7AC0

■azB0007P51JI
■azB00799I57A


関連コミュニティ


古代進に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 16/06/14 16:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社