ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


古英語


ヨミ: コエイゴ
掲示板をミル!
32カキコ!
«前へ
男性 中性 女性
単数 -Ø/-u
対格 -e
属格 -es -es -e
与格 -e -e -e
複数 -as -u/-Ø -a/-e
対格 -as -u/-Ø -a/-e
属格 -a -a -a/-ena
与格 -um -um -um

ちなみに、現在の複数形語尾-(e)sは強変化のうち男性複数格の語尾OE. -asに遡る

男性名詞

男性名詞はほとんどが子音で終わるが、-eで終わる男性名詞も数多く見受けられる

OE. m. stān "stone" < PGmc. *stainaz < PIE. *stāi-

OE. m. dæġ "day" < PGmc. *ðaγaz < PIE. *eʰ-

OE. m. here "(Danish) army" < PGmc. *xerjaz < PIE. *koro-

OE. m. mearh < PGmc. *marxaz < PIE. *márkos

OE. m. þēow <PGmc. *þewaz <EPGmc*þegwaz < PIE. *tekʷ-

OE. m. fugol "bird"< PGmc. *fuγlaz < PIE. *pleu-

一音 音変異 -e語尾 -h語尾 -ēow語尾 二音節
単数 stān dæġ here mearh þēo(w) fugol
対格 stān dæġ here mearh þēo(w) fugol
属格 stānes dæġes her(i)ġes mēares þēowes fugles
与格 stāne dæġes her(i)ġe mēare þēowe fugle
複数 stānas dagas her(i)ġas mēaras þēowas fuglas
対格 stānas dagas her(i)ġas mēaras þēowas fuglas
属格 stāna daga her(i)ġa mēara þēowa fugla
与格 stānum dagum her(i)ġum mēarum þēowum fuglum

大部分の男性名詞はstānの曲用に属する。これに属する名詞に以下のがある。

etc.

dæġの曲用で最初のものと異なるのは、複数形でOE. æがOE. aに変化していることである。これは複数格・対格の語尾OE. -asに見受けられる後舌音のOE. aによって前の音節にあるOE. æが後舌化したためである。これに属する名詞に以下のがある。

etc.

子音ではなく、-eで終わる男性名詞がある。上表のhereがそうである。OE. ende "end"もこれに属し、それぞれende-endes-ende-endas-enda-endumと曲用する。here活用に表れる -i- は口蓋化を表わす物で表記されない場合もある。これの曲用に属するは以下である。

etc.

mearhのように-hの語尾を持つものは格語尾が付くと、hが脱落を起こす。短音は長音化する。

-ēo(w)の語尾を持つ物は、単数格対格において-wが伴う場合と伴わない場合がある。これは、ゲルマン祖から古英語に到る間に、語尾がなくなり、語尾の-wが格・対格のみ音化した後に、新たに他の曲用から類推したために起こった現である。-uの語尾を持つ物も同様であるが、この場合格・対格は音化して-uとなり、それ以外の格では-w-となる。

OE. m. fugol "bird"等の2音節の男性名詞は変化形において2音節音が通例脱落する(-dom, -els, -hād, -ing, -oþ等接尾辞によって多音節となったものは、stānの変化に従う)。但し、脱落しない場合もある。

これに終わる単は以下のである。

etc.

中性名詞

中性名詞はほとんど男性名詞と変わらないが、所々で男性名詞と異なる曲用をする

音が短音の場合

OE. n. scip "ship" < PGmc. *skipan < PIE. *skei-(?)

OE. n. hūs "house" < PGmc. *xūsam

OE. n. word "word" < PGmc. *worðan < PIE. *wer-

OE. n. wǣpen "weapon" < PGmc. *wǣpnan (?)

OE. n. feorh "life, life being" < PGmc. *ferhuz < PIE. *perkʷ-

OE. n. cnēo(w) "knee" < PGmc. *knewą < PIE. *ǵónu

OE. n. rīċe "kingdom" < PGmc. *rīkjan < PIE. *reg-

重子音語尾 -e語尾 -h語尾 -ēow語尾 二音節
単数 scip hūs word rīċe feorh cnēo(w) pen
対格 scip hūs word rīċe feorh cnēo(w) pen
属格 scipes hūses wordes rīċes fēores cnēowes wǣpnes
与格 scipe hūse worde rīċe fēore cnēowe wǣpne
複数 scipu hūs word rīċu feorh cnēo(w) pen
対格 scipu hūs word rīċu feorh cnēo(w) pen
属格 scipa hūsa worda rīċa fēora cnēowa wǣpna
与格 scipum hūsum wordum rīċum fēorum cnēowum wǣpnum

男性名詞とほぼ変わらぬ曲用をするが、複数格・対格のところでOE. -uが出てくるところが男性名詞と異なるところである。これに属する名詞は以下である。

etc.

ただし最後の2単には注意しなければならない。なぜならOE. fætは複数形でfatas-fata-fatum、OE. ġeatgatas-gata-gatumと曲用するからである(これはOE. dæġのところで記述した現と同じ現である)

音がhūsのように長音、もしくはwordのように音節が2つ以上に子音で終わる場合、最初の曲用と異なるところは複数格・対格のところでOE. -uが見受けられない。これに属する単は以下のである。

etc.

中性名詞にも男性名詞と同じく、rīċeのように-eでおわるが存在する。

中性名詞にも男性名詞と同じく、feorhのように-hで終わるが存在する。短音は長音化する。

-ēo(w)の語尾を持つ物は、格・対格において-wが伴う場合と伴わない場合がある。原因は男性名詞と同様。-uの語尾を持つ物も同様であるが、この場合格・対格は音化して-uとなり、それ以外の格では-w-となる。

2音節の名詞で、第一音節が長く、第二音節が短い場合第二音節音が脱落することがある。一方で第一音節第二音節が共に短い場合、格語尾が付いても第二音節音は維持される。これに属するは以下のである。

etc.

女性名詞

女性名詞は単数・格がOE. -uで終わるものが多いが、幹音が長音、もしくは音節が2つ以上の子音で終わる時は末尾のOE. -uは脱落してしまうので注意

OE. f. ġiefu "gift" < PGmc. *γeβō < PIE. *gʰabʰ-

OE. f. lār "teaching" < PGmc. *lai

単数 ġiefu lār
対格 ġiefe lāre
属格 ġiefe lāre
与格 ġiefe lāre
複数 ġiefa /-e lāra
対格 ġiefa /-e lāra
属格 ġiefa /-ena  lāra
与格 ġiefum lārum

音が短音の場合、女性名詞は単数格以外の格がすべて-eとなっているが、これは対格の語尾が類推(analogy)によって広がった結果である。複数形の語尾はOE. -aではなくOE. -e、属格でOE. -enaとなるときがある。これに属するは以下のである。

etc.

音が長音、もしくは音節が2つ以上の子音で終わる場合では、複数形は最初のものとは異なり、OE. -aで終わるのがふつうである。これに属するは以下のである。

etc.

ただし、複数格がOE. -eで終わる単も存在する。


弱変化


男性 中性 女性
単数 -a -e -e
対格 -an -an -an
属格 -an -an -an
与格 -an -an -an
複数 -an -an -an
対格 -an -an -an
属格 -ena -ena -ena
与格 -um -um -um

曲用表を見てわかるとおり、-nの語尾がかなり優勢である。このような変化をする名詞を弱変化名詞と呼ぶ。弱変化名詞の特徴は多くの語尾が-nで、属格が-enaで終わることである。これも男性・中性・女性名詞の三つに分けられる。


次へ»
最終更新日: 19/02/17 05:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ