ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


司馬攸


ヨミ: シバユウ
掲示板をミル!
4カキコ!

司馬攸(シバユウ 248-283)とは、西武帝司馬炎である。字は大猷。

聡明であったが故に、政争に巻き込まれていった悲劇の皇族。


司馬家の血を継ぐ者


時代の司馬昭王元姫夫妻の3男として生まれる。長司馬炎とは12歳離れている。他にがいるが、折している者も多い。

幼くして才覚があり、穏やかでな性格をしていた。賢者と仲が良く、施しを好み、文章も巧かった為、当時の人々の模範とされた。このように非の打ち所がないほど優れていたので司馬昭からも溺され、祖司馬懿からも将来を渇望されていた。司馬懿長男である司馬師は男児に恵まれなかった為、司馬攸が司馬師の養子となり、司馬督を継ぐ準備がされる。司馬攸は司馬師の後妻である(羊祜)にも孝行を尽くし、互いに仲も良かった。この状態に司馬懿司馬昭も喜んでおり、司馬攸を積極的に戦に従軍させ、功績によって司馬懿・師が代々継いだ爵位を与えるなど箔を付けさせていた。そして司馬昭の寵臣である賈充(賈荃)を娶る。

しかし、ただ一人喜んでいなかった男がいる。司馬攸のである司馬炎である。司馬師に後継ぎがいないので司馬懿→師→昭→炎とリレーされる予定が、頭の良い司馬攸が突如現れたことによって計画が狂ったのである。この当時の司馬一族はまだ全に権握している訳ではないが、司馬一族がの権を独占し譲もではなくなっていくにつれ、司馬炎に対する態度は露になっていく。


果たして正統は誰か


司馬懿が没した後、督は司馬師が継いでいたが、255年に起きた毌丘倹(カン丘倹)・文欽の乱のときに持病が悪化する。死を悟った司馬師は、後継者としてまだ若かった養子の司馬攸ではなく、自身のである司馬昭を選択する。司馬昭は戸惑ったが督を継ぎ、その後も政略結婚などによって外を埋めていき、の中の司馬一族の権を確固たるものにしていく。263年には定し、その後司馬昭の位は王。もはや司馬昭には逆らえず、からの譲は前に迫っていた。しかし、司馬昭には前々から迷っていたことがある。自分は次男であるから、長男司馬師の系統が正統である。しかも司馬炎よりも司馬攸のほうが聡明で自分にとっても可げがある。実際、司馬昭は自分が座っているを「ここは符(司馬攸の幼名)の座るところだよ~」と言ってしまうくらい司馬攸が可くて可くて仕方がない。よって、自分の後は司馬攸が継がせたい。

そんな司馬昭の思いとは裏に、賈充筆頭の部下たちが司馬昭が継いだのだから、自分の長男である司馬炎に継がせることが理であると猛反対する。何より、当事者の司馬炎が気が気でなかった。どうしても継いであわよくば皇帝になりたい司馬炎は、琇など周囲の者たちに色々と工作を頼む有様で、やがて司馬昭も反対に屈して後継者にしぶしぶ司馬炎を選ぶ。

そして265年、司馬昭がこの世を去る。司馬昭没後の司馬攸はあまりの悲しさに、をついてやっと立ち上がることが出来るほどヤセした。こりゃやばいぞと心配した周囲が必死に食事を勧め、それでも食べないので王元姫の説得で理矢理食べさせないといけなくてはならなかった。


魏晋禅譲革命


督を継いだ司馬炎からの譲を受け、265年に晴れ皇帝に。司馬攸は皇族として斉王に封じられたが、はじめはそのまま中央に留まっていた。しかし任地の経営はしっかりしており、民への施しもきちんと考えていた為、兵士からも民からも人気は絶好調。中央に留まっていたこともあり、朝廷内外で発言を持っていた。官位は衛将軍、驃騎将軍、鎮軍大将軍、司空々しい経歴を飾る。ここまでは順調である。

275年、陽で疫病が流行り、司馬炎も病に伏せる。司馬炎は後に回復したが、この出来事を皮切りに臣の間で司馬攸擁立の動きが活発化する。原因は太子である司馬衷はが見てもわかる暗愚であったからである。司馬炎がもし亡くなったら、後継者としては暗愚である太子よりも、実績もあり聡明な司馬攸が適切であろうと思う者が多かった。しかし、司馬炎はやはり太子に継がせたい意志があり、の司馬攸は邪魔者でしかなくなった(司馬炎も太子のあまりの暗愚っぷりを心配したが、太子の妻の賈南風らの工作により結局気にも留めなくなった)。

276年、王元姫が亡くなる。臨終間際、王元姫司馬炎に「と仲良くして」と泣きながら伝えたが、この言葉が司馬炎の心にいたのかはわからない。


斉王攸帰藩事件


282年、義である賈充が病没した。すると、それまで朝廷で過ごしてきた司馬攸だが状況が一変する。司馬炎突然の帰を命じられたのである。大司馬・都督州諸軍事に任命され、斉王の食も増やされるなど優遇されたが、司馬攸はこの待遇が司馬炎とその権に媚びる荀勗・紞らが自分を中央から遠ざける為と気づく。司馬攸は自分はいらない存在なのだと塞ぎ込んでしまい、周王で斉に封じられた太公望に例えられても「黙って」と機嫌を損ねるばかりであった。

これに反対した臣たちもいる。王渾琇・司馬駿・甄徳・王済・向雄・憙など次々と上奏するが、司馬炎は「のプライベートのことだから」と全く聞くを持たない。むしろ琇・甄徳・王済などは左遷されている。その後も臣から曹丕曹植のことになぞらえて「やっぱり斉王は帰させるべきではない」などと上奏すると、司馬炎はめちゃくちゃ怒って臣を粛清しまくった。

司馬攸はこの事件から病にった。司馬炎は一応医者派遣して病状を検させたが、医者司馬炎にへつらい「病ではない」との報告をした。その為、司馬炎は斉にGOサインを出すが、司馬攸の体は着々と病に冒されていた。また司馬攸がの陵墓を守りたいといっても聞き入れてくれない。帰出発時、司馬攸は故に威儀を正し、何事もなかったように振る舞った。これを見た司馬炎は仮病だったのかと誤認した。2日後、司馬攸は斉にて吐血して亡くなった。享年36。葬式の際、司馬攸の息子司馬冏が「をついた医者を殺して」と嘆願した為、司馬炎医者を誅殺した。なお、この時の司馬冏が後に起きる八王の乱の当事者の一人である。同を亡くした為か司馬炎もさすがに泣き崩したが、紞が「斉王が死んだのはむしろラッキー」と話し、司馬炎もそっかとすぐ泣き止んだ。

この事件が起きたのは先ほども述べたように、賈充が亡くなって間もなくである。賈充司馬炎を後継者に押した内の一人であるが、同時に女婿である司馬攸の護者でもあった。の代からの寵臣である賈充がいる間は司馬攸に何もしなかった司馬炎であったが、賈充没後はストッパーが外れ、これまでの恨みを司馬攸に全でぶつけ出す。


逸話


民族である劉淵人の文化に通じ、文武両司馬炎王渾に気に入られていた。しかし、司馬攸はその才覚を恐れ、「劉淵は取り除くべき(殺すべき)」と忠告したが、司馬炎は取り合わず、王渾はむしろ劉淵をフォローした。果たして劉淵は西に反旗を翻し、の建者となって西を滅亡へ追い込んでいく…。 


家系 



関連商品


■az4762928828


関連項目



最終更新日: 14/08/28 07:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ