ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


吃音


ヨミ: キツオン
掲示板をミル!
151カキコ!
医学記事 ニコニコ大百科 : 医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

吃音とは、”発の際に連続して音が発せられる”や”間あるいは一時的に無音状態が続く”など症状があり、
言葉が円滑に話せない疾病である。


概要


「どもり」ともいわれる。言の一種である。

といった症状がな分類として紹介されている。

吃音の厄介なところは、どうしても慌てて喋ってしまい、口が追いつかなくなったり噛みやすくなってしまうことである。
慌ててしまうな原因は、吃音を意識することで、吃音が出ないうちに話を終わらせようという本が働いてしまうこと。

く会話を終わらせるためには、口にならなくてはならない。当然慌てているから言葉を噛みやすくなる。
こうなると、さらに思いつめて、さらないく会話を終わらせようと頭が焦ってしまう。
この悪循環こそが吃音者の悲しくも辛い地獄である。

逆に、吃音が出にくそうな内容を喋ろうとして、内容が支離滅裂になるパターンもある。
とにかくそういった理由で会話そのものすらもしなくなってしまう。これもまた悪循環の一つだ。

かつては全く保険がきかなかったり、その認知度や意識の低さから誤った治療法・吃音善を謳った詐欺行為が多発していた。
現在では多く解明が進んだものの、未だ状況が善されているとは言い難い。
医療と手を切った状態が続いたことから、研究があまり進んでおらず、今でも保険のきくところは特定された場のみとなっている。
知名度の方も、現代になって尚も低く、よって吃音者のとりまく現状は依然と厳しいままである。

また、吃音は再発しやすいものでもあり、一度治ってもある拍子にまた吃音が発生してしまうこともしばしばである。


吃音との向き合い


そもそも吃音は症状もまちまちであれば、当事者の吃音症に対する認識や考え方すらもそれぞれで異なるもの。

ポジティブに捉え、気楽に生活したり、むしろ吃音と共存して暮らしたり、「いつか治る」と思って深く考えない人もいる。
逆に、ネガティブに捉え、吃音を絶望的な病と捉え、悩み苦しんだあげくになるような人もいる。

よって、「○○も吃音だったけど今は~~だから」という励ましの言葉は必ずしも適切な対応とは限らない
大丈夫」などといった言葉が逆に吃音者を追い詰めるパターンがあることも頭の隅に入れておいたほうが良いだろう。
そもそも吃音は人によって症状の軽重が異なるものである。
よって、闇に自分や他人の症例や環境を重ねあわせてしまうのは、危険だと言わざるを得ない。
これは偉人をあげて励ます場合も同様である。

つまりは
治るor大丈夫だから、あまり気にするな!」などと楽観・前向き志向を押し付けることも
吃音を理解できてないだけだ!」などと悲観・後ろ向き志向を押し付けることも
言うまでもなく、お互いの心を傷つけあうだけで、恐らく何の解決にもならず不毛である。

これは非吃音者であればなおのことで
友達○○が軽く捉えてたから、彼にもそう言い聞かせるorネタにしてあげよう」と気安く問題に立ち入ったり
○○はすごく悩んでいたから彼のことも頑って励まそ」と必要以上に気を遣ったり……
こういった軽率な行動もまた、吃音者をあらゆる意味で傷つけてしまう可性をはらんでいるのである。

何はともあれ、傷つけたくないのであれば、吃音とは千差万別で、人により対処をある程度変えていく必要がある疾病、ということを念頭に置いておくべきであろう。
強いていうなら、一番いいのは「気にするな」を言葉ではなく自然な態度や付き合い方で示していくことである。

言うまでもないが、吃音者をからかうことは十中八九イジメと何ら変わらない行為にしかならないご法度である。
が、残念なことに吃音をからかう者は多くおり、吃音イジメを苦に登校拒否、引き篭もり、果ては自殺する者もいる。
少なくとも、イジメニュースを見て義憤にかられるような人であれば、そういった行為は厳に慎むべきだろう。


治療法


不幸なことだが、確立されているとは言い難い。
昨今は研究が進んだことで吃音がどういったものか、原因は何かなど、その性質はかなり解明されて来ている。
つまり、認知度の向上によって、意識の低かった時代とべれば、吃音を治したいという人のために動いてる人が以前より増えたことは間違いないことなのである。

だが、ここで誤認してはいけないのが、現代医学において、吃音に確実な治療法は存在しないということである。
さらに先にも述べたように何かの要因で再発することも少なくない、厄介な疾病なのだ。

しかし、これを知らず「吃音なんて訓練・練習すれば治るのだろう」と考えている人もいる。
そのため、「吃音のは自分で治そうとする努をしていない」として批判する無知な者が存在するのも現実である。
あと、「ゆっくりでいいから」と吃音者に冷静さを促す人もいるが、それが出来ないのが吃音なのである。

イジメとは違うとはいえ、これが吃音者を追い詰めることもあることは理解しておくべきであろう。
そのつもりがないなら尚更、そのつもりがあるのだとしたら己の道徳観を少し見直すべきやもしれない。 

また、前述のように、「絶対的に善する吃音解消術」といったような詐欺まがいのことをやっている輩が未だ存在するという、悲しい事実もあることもまた確か。
基本的に健康保険が利きづらいというのも、吃音の解消を望む当事者にとっては不幸現実である。。そのため病院で治療しようとすると10万20万と決して安くはない治療費を請されてしまうこともしばしば。
あげくにそれでまったく効果がなかったら駄である。

治療に際しては十分なリサーチを行い、自分に合った治療法を探すのが望ましい。
太鼓判を押されているからといって、理に自分の「認識」と合わない手段を取ると逆効果となることもある。


解決・対抗策


吃音とは、精的なものが原因と言われている。
自信のないことではどもるが、自信のある事柄に関してはすらすら話せる人もいる。
また、歌・変モノマネなどではどもらなかったりする人もいる。
的に抱えている問題をすることで、吃音が治ってしまう場合もある。

よって、前述のように押し付けは良くないことだとはいえ、合理的に言えば善への一番の近は「吃音そのものを気にしない」ことに尽きるのである。
言葉を噛んだりすることはにでもあることであり、それで深く思いつめる必要はない。そして相手も、自分達が思っているほどにそれを気にしてはいないのだ。

また、一度や二度噛んだくらいで、負のスパイラルに陥ってはいけない。これが最も吃音者に多い点である。
喋るのを仕事にしているアナウンサーとて、ニュース原稿の速読みで、毎日のようにどこかの局のアナウンサーキャスターが噛みまくっている。

だが、人間調子が良い時はあるもの。
もし吃音が出る日が少なかった時は、の糸口を掴んだ自分を認めてあげることも大事なことの一つ。
それを契機に「喋ること」に自信を付け、自分の喋るペースを身に着けて吃音とおさらばする人もいる。 

………とはいえ、頭ではわかっていても実践出来ないのが人間であり、吃音者の性である。
しかし、そういった思考が出来ないからといって悩んでしまうのは、むしろ悪化の一途を辿るばかりなのだ。
自分に合わないと思ったら、その時点でそういった考えを捨てることは、吃音の悪化を未然に防ぐことになる。

吃音とはしつこいようだが再発しやすい。
一度治った→またちょっと言葉を噛みやすくなった→はやっぱり吃音なんだ!→逆戻り
は決してしい事例ではない。
人間たまには調子が悪いこともある。そう割り切って噛んだことを忘れることも大事なことだ。

また、基本的に吃音の症状が発生する場合、会話時の呼吸が上手くいっていないことが多い。

例えば「厚生労働省医療過誤死関連中立的第三者機関設置推進準備室室長小説田口白鳥シリーズの登場人物役職より引用)」を口に出そうとしているとする。
この時、吃音者は呼吸なしで一発で言ってしまおうとしている人が多く、それでどもりやすくなってしまう。
すると、次の言葉を出そうにも空気があまり残っておらず、困惑して言葉が詰まるのである。
これを回避するためには、まずゆっくり話すことが第一だが、ちゃんと会話の中で呼吸をすること、そして息を吸うためのポイントを頭の中で浮かべる、つまり句読点を打てばいいのである。
どこで句読点を打つかは、意味が通じればそれぞれの裁量で決めてしまって問題ない。
例としてあげるなら、「厚生労働省、医療過誤死関連、中立的第三者機関、設置推進準備室、室長」など、自分の頭の中で句読点を打った部分で息を吸うことが大事である。もちろん話し始めもちゃんと息を吸い込んでからにしよう。

短い会話や挨拶においても、最初にちゃんと息を吸わず、慌てて話すために吃音が発生し、言葉に詰まってしまう。
○○さんおはようございます 今日も良い気ですね」と、あまり余裕のない話し方だと高い確率で症状が出るので、まず頭の中に文章を浮かべたら、句読点を打ちながらゆっくり話してみよう。

日本人だけ見ても、較的口の人は多い。しかし吃音者はまず他人のペース理矢理合わせないことからスタートしなくてはいけない。大衆に流されず、自分のペースでちゃんと話すことが一番大事である。 


現在の問題点


再三記すようだが、吃音はなかなか世間に認知されない病である。
ニュースマスコミでもあまり特集されることがないのは、世間が吃音に関心であるからに他ならない。
捉え方に差があることもあり、深刻な病気と見られにくいのも、世間が吃音を大変な病であると認識されない理由の一つである。
吃音のことを知っていても、その実を安く見る人が今でもいるのは事実

しかし、下記のスキャットマンすら、吃音に酷く苦しんでいた時代はアルコールドラッグに溺れていたことがあるなど、人によっては死にたくなるくらい苦しいのが、この吃音である。
伝えたいことを思うように伝えられない苦しみは、筆舌に尽くし難い苛立ちと悲壮感を覚える。
これはまさしく当事者にしか気持ちが理解できず、インターネットなどかった時代は、それを共有する環境すら存在しなかったのだから、過去の吃音者は地獄の責め苦に等しい苦難を背負ってきたのである。

もちろん今とて全てをインターネットで都合を済ますことが出来るわけではないので、吃音者が自分の口から物を言わないといけない時は、常日頃必ずやってくる。
こうして吃音者の中には、上手く喋れない苦しみに揉まれた結果、自分を責め続け、やがて人との関わりを避け、あげく引き篭もりになってしまう人も多い。最悪の場合自ら命を絶ってしまうこともある。
こうした現状が知られないのは、世間が「個人の精の弱さ」と安易に切り捨てがちなことが一つの原因だと言わざるを得ないだろう。

こうした悲しい流れを少しでも解決するためにも、本記事で少なくとも「吃音という酷い病に苦しんでいる人がいる」ということを知ってもらえたのなら、そこから少しでも理解へと足を向けてくれることを願うばかりである。


スキャットマン


ポジティブに捉えたい人に薦める一つの方法論は、先人に勇気をもらうことである。

そこで、様々な人々を勇気づけるために曲を書いた”スキャットマン・ジョン”についても記す。
スキャットマンは自らが抱える吃音症の問題をスキャットにしてダンスミュージックとの融合を果たし、
テクノキャット」という一の音楽ジャンルを開拓した。
歌詞の中にも皆を元気づける歌詞が大量に含まれている。
曲には彼の世界観や器の大きさ、やさしさ、摯な姿勢などが見て取れる。
スキャットマンPVは十数年前のPVとは思えないほどのクオリティである。
それとともに歌詞日本語訳を見て一緒に歌ってみるのはどうだろうか。
この、POPでかっこいいけれど、どこかかわいいおじさん”は
キャットを駆使しつつ自分の持っている”良さ”を存分に出している曲やPVなどは至高のものである。
As a matter of fact don't let nothin' hold you back
If the Scatman can do it so can you
悩みがある人はぜひ元気を出してほしい。自分に自信をもって生きてほしい。
同時にこの様な症状があることを広い意味で知ってほしい。
これを見ている人の心の支えや、知識の助けになれば幸いです。
ようこそスキャットマンワールドへ……。

一部wikiから。参照[外部] 一部ニコニコ大百科から。参照


声に携わる仕事をしている(元)吃音者



関連動画



■sm129785[ニコ動]

■sm1650349[ニコ動]
■sm10148129[ニコ動]


関連商品


■az4835530950
■az4180136104

■az4776517965
■az4888489475
■az4761490020


吃音を題材とした作品


■azB007VYVIH2
■az4778321804


関連項目



吃音だった著名人など



最終更新日: 14/04/26 09:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ