ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


各駅停車


ヨミ: カクエキテイシャ
掲示板をミル!
12カキコ!

各駅停車とは、読んで字のごとく終点まで各に停する列車種別である。「各停」と略すケースも多い。
普通列車の一部ではあるが、「各駅停車=普通」ではいことに注意。


概要


上記の通り、終点までの各に停する列車を「各駅停車」と称する事がある。
上位互換と言える「普通」と称する事も多く、「各駅停車」という表記は関東に多いイメージがある。中には案内上は「各駅停車」なものの、正式名称や社内呼称上は「普通」である、というケースも存在する。

種別色は系統(東急の一部や小田急など)か系統(西武など)であるケースが多い。中にはというケースもある。

上記の通り、各駅停車は「普通列車」の中に含む事ができるが、「各駅停車=普通」と言う事はできない。
なぜなら、日本普通列車は各に停まらないケースもあるためである。
JRの複々線区間や南海電鉄の複々線区間など、一部にホームが設けられていない場合、「各駅停車」と「普通」を使い分けているケースがその典例と言える。

その路線において各駅停車しか設定がい場合、種別案内が省略され、「○○行」と案内されるケースが多い。
東急田園都市線など、優等種別が運転される路線でも行先表示に「各停」が省略される事もある(例えば各駅停車中央林間行は〈中央林間〉と表記)。
反対に、自社線内は各駅停車でも、直通先で優等列車として運行する場合はその種別で案内する事がある(相互直通運転が盛んな地下鉄に多い)。
また、優等列車であっても、通過区間を通りすぎ、後は終点まで各に停まる、という場合に「各駅停車」に表記を変更するケースも見受けられる。

英語表記は一般に「LOCAL」とする事が多い。

英語によるアナウンスでは、途中全てのに停まることを「(~stop atevery station」と「all stations」の2種類の英訳があり、一般的には「every~」の方が流である。every~は「途中にある全てのに停まりますよ」(=全てのの存在を意識している)、という言い方であるのに対し、all~(新幹線の各駅停車タイプ列車で使用される英訳)は「全部停まりますよ」のようなざっくりした言い方(=個々のの存在を意識していない言い方)になる。


路線名としての「各駅停車」


JR(特に東日本)の複々線区間などにおいて、各駅停車を運転する方の路線に「各駅停車」を冠する事がある。
具体的には「中央・総武線各駅停車」「常磐線各駅停車」などがある。
これらの路線においては、「緩行線」という表記も多くなされる。


各駅停車なのに各駅に停まらない?


列車種別は各駅停車なのに見掛け上「各」に停まらないケースも存在する。

具体的に言うと、埼京線山手線と路線を共用する区間、目白高田馬場・新大久保・代々木・原宿目黒五反田の7を通過)・京王電鉄京王線系統、初台・の2を通過)・東急大井町線大井町線系統、下記参照)が当てはまる。

東急大井町線の場合は、緑色(正確には文字)表示の通称「G各停」と青色(正確には文字)表記の通称「B各停」が存在する。
前者の方が本数が圧倒的に多いのだが、前者は途中の高津駅二子新地駅には停しない。
アナウンスでも「各駅停車」と言ったそばから、「高津・二子新地には停まりません」とアナウンスされる(上りの場合。下りは「二子新地・高津には停まりません」となる)矛盾のような状態が生じている。

何故かと言うと、この両が存在する二子玉川駅溝の口駅間は田園都市線との複々線区間であり、両は外側2線にしかホームは存在しない。
この区間においては、外側2線が田園都市線、内側2線は大井町線という扱いになっているため、大井町線にはホームい。そのため、各駅停車であっても堂々と通過しているのである。
反対にB各停はこの区間において田園都市線の線路に転線して運転される。このため、B各停では車内放送で「田園都市線経由」と案内されている。

ちなみに、当初、東急の社内でも、「分かりづらい」といった理由で2種類の各駅停車を運行する方法には反対意見があったそうである。
東急ファンの間でも「準急」「区間急行」といったようにしたらどうかなどという話が持ち上がったりもしたが、結局現行通りで落ち着いた。


関連動画



■sm12796983[ニコ動]


関連商品


各駅停車に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


■co16


関連項目



最終更新日: 18/01/03 07:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ