ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


合唱シリーズ


ヨミ: ガッショウシリーズ
掲示板をミル!
241カキコ!

合唱シリーズとは、歌ってみた動画を元に第三者もしくは歌ってみた投稿者自らが、複数人分の同じ曲を合わせて制作した動画につけられるタグである。


概要


登録するタグは「合唱」よりも「合唱シリーズ」を推奨。
動画の歌同時再生することにより擬似的な合唱(斉唱)をこしらえるもので、本来の合唱ではない。 
動画投稿者歌い手ではない場合も多いが、カテゴリタグには「歌ってみた」を選ぶのが通例。 

作品によっては、演奏動画本家(原曲歌手VOCALOID)も混ざることがある。 
演奏動画だけを合わせた動画については「合奏シリーズタグがつけられる。


合唱と合唱シリーズ


合唱と合唱シリーズは、言葉の表現では同じに見えるが、ニコニコ動画においては、定義が異なっている。

本来の「合唱」とは、各々のパートを複数人で同時に同じ場所で歌う行為や、そうした的で作詞作曲編曲された楽曲を示す。これが「合唱」の本義である。

一方、「合唱シリーズ」タグは、既にニコニコ動画アップロードされた動画の音データを元に第三者が作成している動画である。このとき、作成に当たって使用された動画アップロード者が作成した第三者に対して動画の使用許諾をしているかどうかは関係である。

ニコニコ動画における「合唱タグと「合唱シリーズ」タグの大きな違いは、使用している音データを歌唱者がはじめからアップロードされた動画を作る的で作成しているか、既に存在している音データを使用して作成されたのか、という点にある。

合唱タグは、前述の本義のみならず、別の場所で収録された音データを楽曲データとともに別の場所で合成し、あたかも同じ場所で合唱したかのように一本化して作成された動画にも使用される。このとき、それらのデータは作成者の同意を元に一本化する人物へ提供されて、「コラボレーション」「合唱企画」などと動画に記される。そのため、複数の人でコラボレーションした「合唱動画については、「歌い手コラボのリンクタグをつけることもある。

また、「合唱」といえば通常は多合唱をさすが、「合唱シリーズ」において合唱と呼ばれる形は事実上の斉唱に近い。ちなみに「合唱シリーズ」の中で斉唱といえばパートを分けない動画のことになる。パートという用も、「合唱」では部(ソプラノやアルト)のことだが、「合唱シリーズ」ではリレーの編集における当番をさす。

いずれにせよ、タブや動画タイトルにおいて単に「合唱」と表記をすると、本来の意味での合唱曲を探す際に、意図せず「合唱シリーズ」に該当する曲が大量に検索結果などに紛れ込んでしまうこととなる。タグタイトル名を付ける際に、どのような表記をすべきか、配慮が必要であるとも考えられる。


合唱シリーズの形式


ただ純に合わせただけの、所謂「合唱・斉唱」タイプのもの(合わせてみた)や、歌い手全に一人(組)ずつ回す純リレー形式のもの(リレーシリーズ)などがあるが、基本的にはフレーズ等歌う場所ごとに歌い手が交代するというリレーの編集をしたものがどである。「合わせてみた」も「リレーシリーズ」も、「合唱シリーズ」の範疇に含まれる事が多い。

合唱シリーズは作成者が音を元に自由な着想で動画を作成していることから様々な特徴的な形式を持っている。以下は、その代表的な形式である。


アバターシステム


どの箇所でが歌っているかをわかりやすく表示するための手法。おおまかな特徴は二つに大別される。

  1. 合唱シリーズ明期から続く手法
    何らかのキャラクターが当てられる。使用されるアバター画像は、その歌い手のHNや歌・動画の特徴を基に合唱制作者の好み・イメージで決定されることが多い。有名な歌い手になると、過去の合唱シリーズの影などを受けて固定化されるものもある。
    ニコニコメドレーシリーズ(特に組曲『ニコニコ動画』ニコニコ動画流星群)はどがこの手法を用いている。
  2. 2008年ごろから増えてきた手法(裏ンティス方式とでも称するべきか)
    アバター画像はその楽曲に直接関係するキャラクター(特にVOCALOID)で統一される。このとき同じキャラクターが並んでしまうことになるが、そこをキャラクターの別ではなく絵師の別で特徴づける。
    1.に小数精鋭な歌い手チョイスとなることが多く、1フレーズではなく1音ごとに歌い手を切り替えるという演出も見られることがある。また、元曲の歌い手(VOCALOIDなど、いわゆる『本家』)が最後のサビ辺りから合唱に参加するという演出(主役は遅れてやってくる)も、この手法における大きな特徴である。
    裏ンティスの人による合唱シリーズ動画がこの手法で人気を博していった事を機に注が集まり、ボカロオリジナルを歌ってみたをはじめとする単一楽曲の合唱ではこちらの手法をとったものが増えてきている。

覚醒システム

歌の中で歌い手の見せ場、あるいは個性がるところを強調するためにアバター画像を変える手法。閲覧者に歌い手の個性を伝えやすい、動画を盛り上がるといった効果がある。画像の変化はアバターキャラ文字通り覚醒する(顔が々しくなる等)が基本であるが、一部、まったくの別キャラに変化する場合(1.のみ?)もある。

1.に於けるアバターの例

注:ここでは歌い手とそのアバターが"おおよそ"固定化されているものを挙げております。動画によっては例外があったり、ここに挙げられていない歌い手ココで挙がっているアバターが付けられていることも多々あったりするのでご注意ください追記歓迎。


次へ»
最終更新日: 15/09/05 20:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ