ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


吉光


ヨミ: ヨシミツ
掲示板をミル!
35カキコ!

 吉光(ヨシミツ/YOSHIMITSU)とは、鉄拳シリーズソウルキャリバーシリーズに出てくるキャラクターの一人である。


概要


 鉄拳シリーズソウルキャリバーシリーズ共に、義族集団党(万字党)党首として、貧しい者のために日々闘っている。異名は「宇宙忍者」、「からくり忍者」。
 常に仮面を被って素顔を隠し、妖吉光を武器に戦う。仮面般若または骸モチーフとなっており、コスチュームと相まって一「イロモノ」だと分かるものとなっている。

 両シリーズともにシリーズを代表するイロモノキャラ
 最大の特徴は手での格闘を基本とした鉄拳シリーズにおいてを持っている事であった。このを用いた攻撃は出は遅いもののガード不能技であり、そのためシリーズを通してガード不能技の多さでは群を抜いている。
 コスチュームや挙動など回を重ねるごとにイロモノ性が強調され、もはや本当に人間かどうか疑わしい高次元まで到達している。
 日本刀であったの妖吉光も鉄拳3以降作品や選択カラーによってはライトセーバーのようなとなっている。銘は同じだがこれらが同一のなのかは不明。

 初出は鉄拳一作だが、時系列的に吉光はキャリバーシリーズのほうが初代とされている。

 鉄拳シリーズとキャリバーシリーズのおおまかな違いは、
鉄拳では左腕が義手、を持っている。
キャリバーでは右腕が義手、旗を背中につけている。

 ちなみに同シリーズともに前者は鉄拳6後者からは二刀流となっている。

 戦闘中に体を回復したり、を吐いたり、座ったままで移動したり、相手の体を吸収したり、むしろ自分の体を相手に注入したり、いきなり自分のを突き立てるなど、行動は若干どころか多分にネタを含んでいる。が、それを上手く使いこなして魅せるプレイを披露するプレイヤーこそが本当に吉光を使いこなせているプレイヤー、と言われる。


鉄拳シリーズでの吉光のプロフィール


鉄拳での吉光の経歴

 三島財閥が不正に貯蓄した富を貧しい人々へ分け与えるために党首自ら囮となり大会へ参加(鉄拳

 ↓

 Dr,ボスコノビッチが開発した永久機関を狙い研究所を襲撃するも失敗、左腕を失うが、意外なことにDr自身が永久機関で動く義手を作ってくれる。これによりDrと和解し、その後も度々世話になっている模様。
 その後三島一八に誘拐され、救出のため大会へ参加(鉄拳2)

 ↓

 恩義あるDr,ボスコノビッチの病原体に侵され、助けるために必要だと知った「闘」の血が入手できると突き止め、大会に参加(鉄拳3

 ↓

 大会に優勝し三島財閥を手に入れればもっと多くの人々を助けることができると考え大会に参加(鉄拳4)

 ↓

 Dr,ボスコノビッチ示によりブライアンを助けたが、ブライアン党党員を殺して脱走。恩をで返すブライアンを成敗するべく、大会に参加(鉄拳5)

 ↓

 今まで邪悪な精を持つ者をって妖暴走を抑えていたが、急速に禍々しさを増していることに気づく。
 封魔を手にすることによって一時的に抑え込むことに成功したものの、いつ暴走しだすかわからない妖を鎮めるため、邪悪な精を持つ者が集う大会へ参加する(鉄拳6

 ↓

 三島平八復帰後の三島財閥の動向に不穏な気配を感じ、相を確かめるべく大会に潜入。
 対戦場所に選ばれたのは潜入任務にうってつけな三島場であった(鉄拳7

州光(クニミツ/KUNIMITSU)

 吉光と因縁あるくノ一で、元党員。党で御法度とされる私利私欲のための盗みを働いたとして党を追放された。
 鉄拳ではネイティブアメリカンの秘宝を狙ってミシェールを狙う。鉄拳2では女性だと判明。鍛冶である祖のため吉光の妖吉光を狙う。 

 お面を被っており、これは党でも相当な実者のみに許されるものらしい。
 使用する武器はクナイで、基本的には吉光とほぼ同様の格闘スタイルながら技数はやや少なめで、リーチの短さや隙の多さ、威の低さなどで性的には低い。

 初期の鉄拳シリーズにおける吉光の対になるキャラクターで、当初は吉光同様の般若お面ボイスも使い回しであった。鉄拳3以降は消息不明となっている。
 その後の出演はお祭りゲーであるTTTT2のみでナンバリングタイトルには復帰していないが、意外と豊満なスタイルと素顔の見えないチラリズム、そしてTT2でのリデザインから人気もあり、復活を望むは多い。 


ソウルキャリバーシリーズでの吉光のプロフィール


 一族を時の権者によって皆殺しにされたびの一族の生き残りである。一時は復讐心にまみれたこともあったが今では弱き者のために闘う義賊団「党」の首領としてその手腕を揮っている。

 右腕は昔、復讐に燃えていた頃返り討ちに遭い失ったため、カラクリ仕掛けの義手をつけている。

 所持しているは彼の一族の秘伝の技法で打たれたであるが、一族が皆殺しにされてしまったため、最後の一振りとなってしまった。
 このは吉光がかつて復讐のためソウルエッジを追ってをしているうちに妖気にあてられ、妖と化してしまった。彼は自らの名をこのに冠することでこれを御することを誓う。たなお、この鉄拳シリーズの吉光のものと同一かは不明。 

ソウルキャリバーでの吉光の経歴

 基本的には義賊として貧しい人々のため各地を転々としながら闘っている。
 それとは別に個人的にソウルエッジを追ってもしている。
 Ⅴでは二代の吉光が登場。初代は党の掟により二代の手でられている。


関連動画


■mylist/14080684


関連商品


■azB001IDYGDK
■azB002SW3N0M
■azB00280N3UY
■azB002BSGT4A
■azB002C4KRC8
■azB00280N3V8


関連コミュニティ


 ■co2729


関連項目



最終更新日: 18/09/14 19:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ