ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


吉川英治文学新人賞


ヨミ: ヨシカワエイジブンガクシンジンショウ

吉川英治文学新人賞とは、財団法人吉川英治民文化振会が催し、講談社が後援する文学賞


概要


1967年に設立された吉川英治文学賞(こちらは功成り名を遂げたベテラン作家作に与える賞)から生する形で1980年に設立。現在(第36回時点)の選考委員は伊集院静、大沢在昌恩田陸京極夏彦高橋

選考は年1回、3月に行われる。対は前年の1月1日から12月31日までに刊行された小説。選評は『小説現代』誌上に掲載される。

「新人賞」とついているが、一般募の文学賞ではなく、大衆文学の若手作家の商業出版作品が対。具体的に言うと、まだ直木賞山本周五郎賞を獲ってないエンターテインメント作家のための賞。事実直木賞山本賞を獲ったあとに吉川英治文学新人賞を獲った例は一例もい。エンタメ作家にとっては直木賞の前に獲っておきたい賞だが、2000年以降では吉川新人賞のあとに直木賞を獲ったのは池井戸潤辻村深月恩田陸の3人しかいない。

デビュー28今野敏が受賞したりもしているが、基本的には新進作家出世作に与えられる賞という側面が強く、大沢在昌(『新宿』)、真保裕一(『ホワイトアウト』)、馳周(『不』)、(『ジョーカー・ゲーム』)など、この賞の受賞作をきっかけにブレイクした作家は数多い。が、賞自体の知名度は直木賞べて圧倒的に低い。

ジャンルはわりとなんでもありであり、ミステリー冒険小説青春小説恋愛小説時代小説歴史小説、さらには直木賞ではまずスルーされるホラーSFも対になり、受賞作も出ている(高橋『総門』、鈴木『らせん』、月村了衛機龍警察市場』など)。直木賞べると、若者に支持されるタイプの作品が獲りやすい。たまに受賞作が直木賞補にも挙がるがダブル受賞を果たした作品はい。一方、本屋大賞とは近しく、4作のダブル受賞作が出ている(恩田陸ピクニック』、佐藤多佳子『一になれ』、冲方丁天地明察』、和田村上海賊』)。


大百科に記事のある受賞作家


詳しい受賞作・補作リストWikipedia[外部]「直木賞のすべて」の当該ページ[外部]あたりを参照。


関連項目



最終更新日: 19/03/04 19:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ