ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


同性愛


ヨミ: ドウセイアイ
掲示板をミル!
5669カキコ!

同性愛(どうせいあい)とは、男性同士または女性同士の間での親や性など、広義のライフスタイルす。 


呼称


同性愛者は英語では「ホモセクシュアル」(homosexual)と呼ばれる。ホモ(homo-)とは、「同じ」を意味する接頭語である。

また、男女含めた全ての同性愛者をし示す単としてゲイ(Gay)という単もあるが、日本では区別するために男性同性愛者をゲイ(Gay)、女性同性愛者をレズビアン(Lesbian)と呼ぶことが多い。なお、略語の「ホモ」は差別的な意味で使われることが多かったため、的な場所で使われることは少なくなってきている。

一方、両性は「バイセクシュアル」(bisexual)、異性は「テロセクシュアル」(heterosexual)という。また、異性者は「同性愛の気(け)がない」ことから「ノンケ」などの呼び方をされることもある。

この他に、恋愛感情はあるが他者への性的欲求を伴わない非性ノンセクシャル」、異性・同性を問わず恋愛感情そのものを抱かないアセクシャル」が存在する(英語では区別がなく双方ともasexualityという)。

近年は、LGBTと呼ばれる用社会的に広まりつつある。これは、1980年代後半よりアメリカの同性愛者により使われ始めたもので、レズビアンゲイバイセクシュアルトランスジェンダー頭文字をとったものである。トランスジェンダー日本では性同一性障害(体と心の性別が一致しない状態)をすことが多い。性的少数者としてひとまとめにされるが、本来は同性愛(性的向)と性同一性障害(性自認)は別の概念である。


同性愛に関する誤解されやすい点について


同性愛ならびに同性愛者については誤解されている点がある。以下にいくつかの例を説明する。

同性愛はしい存在ではない
における調では、概ね人口の数の割合で同性愛者がいるという結果が多く報告されており、少数ではあるがそれほどしい存在ではない。日本でも同程度の割合でいると考えられている。
(尚、当然だが調した「場所」・「地域」・「手法」・「調における『同性愛者』の定義」によって異なった値が出ている。しかし、ほとんどの報告で概ね1%以上10%未満である.尚、「男性の方が同性愛者の割合が高い」という点ではほとんどの報告で一致している。これは様々な理由付けが考えられるがここでは省略する。稀ながら男性で10%えている値を出している報告も見つけることが出来るが、近年の調では見当たらないようだ。)
わかりやすく感覚的な喩えで言うと、「多く見積もっても均的な学校の一クラスに数人程度しか居ない、しかし少なく見積もっても数クラスに一人は居る」と考えれば大体合っているだろう。
ただし、「異性を好きになるのが正常」という考え(異性至上義)は程度の差こそあれほとんどの時代・国家で存在するため、社会的な影を考慮して、同性が好きであることを隠す人は多い。
なお、同性愛に限定しない「LGBT等」という組みでは、日本でも近年別々の団体により複数回アンケート調がなされており、その結果の数値が似通っていたことから、どの程度の割合で存在するのかの推計が可となっている。こちらは「LGBT」の記事を参照されたい。
同性愛は疾患ではない
医学会やWHO(世界保健機関)日本神経学会などは「同性愛は異常・倒錯・性的疾患の類ではない」としている。つまり同性愛は、異性と同じく健康な性的向のひとつである。
同性愛は環境ホルモンが原因ではない
環境ホルモンが同性愛者を増やすという説もあるが、信頼できるデータは今のところ存在していない。
同性愛は必ずしものみに限定されるわけではない
フィクション世界で滑稽な描かれ方をされる同性愛者を見て、誤解する人も多い。男女においては性体をおいたものもあれば精的つながりにきをおくものもあるが、これについては同性愛も同様である。
また、男性の同性愛者全てが、性交渉において肛門を使うわけではない(成人向けのボーイズラブゲームではそのような描写があるため、誤解している人も多い)。
同性愛者、性同一性障害者、異性装者はそれぞれ別物である
性同一性障害者とは「心の性別と体の性別が一致しない人」、異性装者とは「異性の装をする人(男装者・女装者)」、であり、それぞれ同性愛者とは別物である。
女装をする全ての人は男性が好き」などという考えは大きな誤解である。

社会的苦境


上記のように、同性愛者は多く見積もっても人口の1割未満であり、少数である。そのために、様々な問題を抱えることがある。制度的な事で例を挙げると、多くのでは結婚制度において同性同士の結婚は受け入れていない。

また、単に少数であることに起因した不利益ではなく、異性者からの嫌悪やそれに基づく差別・攻撃を受ける場合もある。

嫌悪・差別・攻撃に宗教的な理由が関わる場合もある。例を挙げると、旧約聖書では男性同性愛が盛んであったソドムという町がに滅ぼされる。その旧約聖書ユダヤ教流とした他の宗教(キリスト教イスラム教など)においても、典や預言者の言行録において男色行為が非難されている(もちろん宗教典はさまざまな解釈が可であるため、「同性愛を攻撃する理由にはならない」という解釈の仕方もできる)。

上記のような宗教的理由付けがなされていると、その宗教の教義を善悪・正邪の価値基準としている立場から見ると同性愛は「罪悪」ということになりうる。実際に歴史上、宗教的理由から同性愛が「犯罪」とされていた々は多い。現在でも犯罪として逮捕されるも複数あり、中には同性愛に対する最高刑が死刑というもある。

アメリカ合衆国のように州によって同性婚の合法・非合法が分かれるもある。ただし、アメリカ合衆国に関しては連邦最高裁判所日本で言う最高裁判所)が2015年6月に全ての州で同性婚を合法にすると判断を下している。

しかしながら、同性婚が必ず認められるべきものかといえばそうでもなく、同性婚等を認めるべきというも正しいとは限らないので、同性婚を認めない=差別という発想もするべきではないだろう。


日本


薔薇族の編集長であった伊藤文學によると、薔薇全盛期読者の中にはやはり同性愛に対する当たりの強さによる社会的苦痛とみられる要因で自ら命を絶った者が多かったそうである。

また、歌手であり同性愛への偏見と長年闘ってきた美輪明宏スマ出演の際に、若き日の彼が実際に同性愛者の知人が理解のない封権的な環境を苦に自殺を図るという、その悲劇的な出来事をの当たりにした過去っていた。

日本では同性愛を禁止する法律は存在しないが、日本国憲法によって同性愛者同士による結婚は認められていない。このため、同性愛者同士で一緒にアパートを借りることが家族として認められないことから困難だったり、相手が入院した際に身内として扱われずに面会拒否されたりと言った問題点が存在する。

そんな中、2015年3月渋谷区自治体として初めて同性カップル結婚相当と認める条例を成立、4月1日に施行した。条例の内容は同性カップルに対して明書を発行し、不動産会社や病院などに対して結婚した者とみなすこととするものである。同じく世田谷区も同性のパートナーシップを認める要綱を策定し、両自治体2015年11月より明書の交付を開始した。このほかにも同性カップルに対する条例を検討している自治体はいくつか存在しており、同性愛者に対してようやくが当たったと言えよう。

2018年電通ダイバーティ・ラボが行った調では、全2059歳に対するインターネットアンケートにおいて、同性婚について78.4の人が「賛成」もしくは「どちらかというと賛成」と回答している。この時に回答者の属性と回答との関連についても分析されており、男性(69.2%)より女性87.9%)の方が、そして中高年(5072.5)より若年層(20代87.3)の方が「賛成」もしくは「どちらかというと賛成」と回答する傾向にあった電通ダイバーシティ・ラボが「LGBT調査2018」を実施 - ニュースリリース一覧 - ニュース - 電通[外部]より。


「アンチ・ホモセクシズム」について


この「同性愛」のニコニコ大百科記事の過去の版において、「ホモセクシズムとそれに対する批判的検討」という見出しとともに

一方で、「同性愛義:ホモセクシズム」(同性愛:ホモセクシュアルではない)はある性的少数者が他の性的少数者を差別するのを助長しているとして、批判的な検討が加えられることもあり、そのような立場のことを「アンチ・ホモセクシズム」という。

という文章が2016年追記された。

しかし「アンチ・ホモセクシズム」のニコニコ大百科記事を参照すればわかるが、この「アンチ・ホモセクシズム」という言葉はニコニコ大百科ピクシブ百科事典2016年におそらく同一の人物によって記事が作られたのみの言葉であり、他の場所での用例がほとんどい。つまり、その記事作成者が創作した言葉であったと思われる。

そしてこの「同性愛」のニコニコ大百科記事に上記の「アンチ・ホモセクシズム」に関する文章を書き込んだ編集者もまた、「アンチ・ホモセクシズム」の記事の作成者でもある。

要するに、上記の文章に「そのような立場のことを「アンチ・ホモセクシズム」という。」と記されたような用例が実際にあったわけではなく、せいぜい「そのような立場のことを「アンチ・ホモセクシズム」ということに私が決めた。この言葉をニコニコ大百科ピクシブ百科事典を使って広めてやるぜ」と言ったところが実態だったようだ。


ニコニコ動画における同性愛


 ニコニコ動画にも、同性愛に関する動画投稿されている。
(既存のアニメ・ゲームキャラクター二次創作MAD、「ボーイズラブ(BL)ゲーム」や「ゲイ向けゲーム」のプレイ動画など)

ただし、これらの動画作品を嫌悪する人も多いため、投稿の際は注意書きを添えることをオススメする。


関連項目



最終更新日: 19/01/14 04:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ