ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


名人


ヨミ: メイジン
掲示板をミル!
4カキコ!

名人とは、

  1. そのを極めた人。
  2. 囲碁将棋におけるタイトルの1つ。 名人戦(囲碁)名人戦(将棋)

2.の概要


囲碁将棋における七大タイトルの1つである。ちなみに、囲碁における「名人」と将棋における「名人」は意味合いが違う。

囲碁の名人

歴史の中で「名人」というが初めてできたのは織田信長の時代である。初代本因坊算砂のをみて、信長が「あなたこそが名人だ」と発言したのが名人というの起こりとされる。江戸時代には将棋と同様に名人所を争って元同士がおを打った。争ったのは本因坊安井井上

後に本因坊秀哉の引退を元に、観戦記者の一人だった川端康成小説「名人」を執筆した。

棋戦としての名人タイトルは「将棋界で名人戦が盛り上がってるから囲碁でもやろうぜ」という事で読売新聞協賛の下、当時の名人本因坊秀哉が引退し、(旧)名人戦が始まる。それ以前にも日本最強決定戦が「実名人を決める」為と謳っていたが、そもそも囲碁の名人は「自然に生まれてくるもの(木谷実)」というのが旧来からの考え方であり、保守棋士から反対もあった。名人とは自らるものではなく、自然に世の中から呼ばれるものであったのである。なお、後に本因坊秀哉の引退を元に、観戦記者の一人だった川端康成小説「名人」を執筆している。

結局名人タイトル藤沢秀行革などもあり、「リーグを制覇し勝ち取るもの」へと変化した。その後、賞に対していざこざがあり、スポンサー朝日新聞に変わる。これが現在囲碁名人戦である。

将棋の名人 

将棋における「名人」は元々大橋伊藤大橋のいづれかが世襲してきた称号であった。然し、江戸幕府の終焉で護を失った元制度は崩壊し、明治から昭和初期までは推挙により名人となる制度が誕生した。名人は終身制で、前の名人が死去してから次の名人を選ぶとされた。名人を名乗るのは年功者つまり高齢で老い先短いものがなるのでこれで十分と思われたが、最初の推挙による名人である小野91歳まで長生きし、そのため井上義雄、阪田三吉など名人の実がありながら順番が回ってこなかった棋士が発生した。

小野の後を継いだ関根次郎(彼も順番待ちでなかなか名人になれなかった)は1937年、名人の「引退」を表明し、その後は実によって名人を決める制度とした。将棋でも名人は皆から呼ばれてなるものという意識があり、また当時、将棋界は棋士たちが有者を代表とする様々な団体に分裂と集合を繰り返していた。このため、囲碁同様一着あったものの、関根なんとかまとめあげた。

戦前は数年に一度、戦後は年に1回名人を決めるための「名人戦」が行われる。これは現在の名人と予選を勝ち抜いた棋士が対局し、勝者が名人の座を得るというものである。この予選は当初は選抜された棋士が参加するリーグ戦であったものの、のちに戦後順位戦(5階層に分かれたリーグ戦)の制度が導入され、その最高位であるA級順位戦優勝者が名人に挑戦するようになっている。

おこちらも囲碁と同様、催の新聞社が何度か変わっており、毎日新聞朝日新聞毎日新聞と変わったのち、2007年より毎日新聞朝日新聞の共催となっている。


各界の名人



囲碁


終身制時代
旧名人戦
新名人戦

太字は名誉名人資格者。

現在の名人

将棋


世襲制
推挙制
実力制
贈名人
名誉名人
現在の名人

テレビゲーム



ヨーヨー



菓子



関連動画



■sm13368406[ニコ動]

■sm917286[ニコ動]


関連商品


■azB0049EZGVQ
■azB00321EJUQ
■azB00005G6TY
■azB003ULP6JG


関連項目



最終更新日: 20/08/16 08:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ